新着記事

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その2~

【独身女性50代の岐路】仕事一途の30年。挫折をしても最後に誇れるのは「仕事をする自分」だった~その1~

光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

海外移住の不安を解消してくれる便利な一冊!『定年後を海外で暮らす本』【印南敦史の定年本イッキ読み1】

Fotolia_102473050_Subscription_Monthly_M

文/印南敦史

定年後は海外で暮らしたい、そんな思いを漠然と抱いている人は決して少なくないだろう。とはいえ現実問題として考えると、経済的事情のみならず、精神的な意味でもハードルは高くなっていくものだ。率直な話、大小含め、さまざまな不安がついてまわるということ。移住するとなればガラッと生活環境が変わるのだから、無理もない話である。

そこで「海外移住に興味はあるけど、不安が解消できない」という方にぜひ読んでいただきたいのが『定年後を海外で暮らす本』(中村聡樹著、日経ビジネス人文庫)だ。

195983

著者は、専門紙記者を経て、介護のコンサルティング会社を設立したという経歴の持ち主。介護施設コンサルティングの一環として、海外施設の見学ツアーを主催しているのだという。日本人の海外暮らし事情に詳しいのは、そんなバックグラウンドがあるからだ。

■頭で考えるだけでなく、まずは一歩を踏み出してみる

さて、そんな著者は、海外移住についてまわる不安をどう解消すべきだと考えているのだろうか? 端的にいえばその答えは、“難しく考えずに一歩を踏み出すこと”にあるようだ。

とはいえ実際、いざ海外暮らしをしようということになれば、事前の情報収集は必須である。現実的には海外暮らしの体験者は限られているのだから、経験談を聞く機会は少ない。また、ひとことで海外といっても、生活の条件は国ごとに違って当然。つまり、海外暮らしをマニュアル化することは難しいということだ。

しかし、そうした現実を踏まえた上で著者はこう主張している。

「なんだか難しそうに聞こえるが、だからと言って、このままあきらめることはない。目的地を決めて、試行錯誤しながら情報収集をしてみると、おぼろげながらではあるが、こんな具合に準備を進めればよいのでは、という方向性が見えてくるものだ。」(同書より)

ちなみに情報収集の方法については、第3章に詳しく解説されているので、ぜひ活用したいところだ。

■海外暮らしになにを求めたいのか?

いずれにしても、海外移住が気になるのであれば、まずは動いてみるべきだということ。その際、つい技術的なことに目が向いてしまいがちだが、本当の意味で決め手となるのは、海外暮らしを希望する本人の考え方なのだという。

つまり「自分はどうして海外暮らしをしたいと思っているのか」について改めて考えてみるべきだということで、それは当たり前のようにも思える。が、たしかにそこをないがしろにしてしまっては、失敗する可能性も高まりそうだ。だから、そのことについて真剣に考えてみるべきだというのである。

思い切りのよさを武器に、海外に移住する意思を早々に固めてしまう人もいる。そういう人を目の当たりにすると、「自分も早く動かなきゃ」と気持ちが焦るかもしれないが、多くの体験者から話を聞いた結果として、著者はそれをお勧めできないという。やはり、そうした行動にはリスクが伴うのだ。

海外移住を最終的な選択肢にするとしても、最初は日本をベースにしつつ、徐々に海外での体験を積み重ねて行動範囲を広げていくべきだということだ。

そのような考え方に基づき、本書では「段階的な移住スタイル」を勧めている。いきなり完全に他国へ移住してしまうのではなく、日本の家を残したまま、1年のうち3ヵ月、あるいは半年を海外で暮らすスタイルである。なるほどそれなら、移住を渋るパートナーの理解を得ることも楽になりそうだ。

■海外移住のスタイルは多種多様である

さて、こうしたスタンスを主軸としたうえで、以後はより具体的な話題が展開されていくことになる。金銭面の不安解消法から、海外でも問われる「人間力」の高め方まで、話題の幅も広い。

特に第2章「海外暮らしの失敗談から学ぶ」は、具体性が高いだけに納得しやすいだろう。避けて通れない「言葉の問題」についての考え方などは、不安を解消するために役立つのではないかと思う。

また、移住と関連して留学やボランティアも選択肢に入れているところも本書のおもしろさ。海外移住というと、バカンス的なイメージだけで捉えてしまいがちだが、いわれてみればそういう方法もたしかにある。

別な表現を用いるなら、移住の方法は、思っているほど限られていないのだ。そんなことを再確認させてくれるという意味でも、本書の価値は大きい。定年後の暮らしをイメージするたび海外の生活が頭にちらつくとしたら、ぜひ読んでみるべきだ。

【今回の定年本】
『定年後を海外で暮らす本』
(中村聡樹著、日経ビジネス人文庫、本体762円 +税)
http://www.nikkeibook.com/book_detail/19598/

195983

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「七人のブックウォッチャー」にも参加。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)などがある。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 一日ずつ生きる、積み重ねにこそ「生きる意味」|『続 定年バカ』 一日一日を普通に生きる|定年後は自分の好きにすればよい
  2. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=381371&action=edit 脱サラをしてバーを開業した男性の成功例|さらば! サラリーマン …
  3. 人生の大きな節目「定年」の支えに|『100年後まで残したい 日本人のすごい名言』 「初心忘るべからず」の本当の意味、知っていますか?|人生の大きな…
  4. 生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』 唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない
  5. 定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』 定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方
PAGE TOP