新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

暮らし

備えあれば憂い無し!「リタイア後の落とし穴」にはまらないための4つの心構え

シニア男性

これから退職するという皆さんは、その後の変化についてどう考えていますか? 社会的地位がなくなり、仕事が目的となっていた方には、味気ない日々に感じられるかもしれません。反対に過小評価されてきたという人には救いになる場合もあるでしょう。

今回はカリフォルニア州立大学・心理学部教授のケネス・S・シュルツ氏監修の『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』(日経ナショナル ジオグラフィック社)を参考に、退職後に困らないための心構えをご紹介しましょう。

■1:仕事で得た知識を経験の活かし方を考えておく

自尊心のよりどころが仕事だけという人は、引退に直面して不安を感じ、自尊心を大きく傷つけられるおそれがあります。

仕事人としてのアイデンティティとのつながりを保ちながら、引退後の計画を練りましょう。段階的に準備をすすめれば、第2の人生への移行もより円滑になります。

例えば、これまでの仕事で得た知識と経験を活かしてコンサルタントとして再出発できれば、新たな自己意識を創造することもできます。

引退によって定収入を失っても、これまで受けた教育と目的があれば、仕事とその地位から離れる喪失感を減らせるのです。

■2:仕事中毒な人ほど要注意!

仕事を愛してやまない人、さらに仕事なしでは生きていけない人もいますが、そういういわゆる「仕事中毒」は“状況的過重労働”と“気質的過重労働”に大別できます。そして後者に該当する人は、引退にあたって、より注意が必要です。

気質的に仕事中毒な人は、引退をきっかけに薬物やギャンブルや仕事と結びつき、さらに孤立していく可能性があります。中毒になる対象は簡単に入れ替わるためです。

仕事中毒の傾向がある人は、引退に際してよく気をつけましょう。引退後の人生を仕事以外の中毒に悩まされて過ごさないようにしてください。そのためには、身近な人たちと結びつくことによって、心理的な見返りを得ることが大切です。

■3:自分が心から面白そうと思える活動を計画する

現役時代は仕事をとおして評価と報酬を受け取ってきましたが、引退後にはそういうことがなくなってしまいます。でも自分の価値を認めてもらえる場所は他にもあります。引退という転換期をうまく乗り切るには、これが自分の目的だと確信できるものが必要です。

その目的は、自分の世界をより広げてくれるものであることが理想的です。自分自身や家族に貢献でき、心から面白そうと思える活動を計画してみましょう。

■4:引退後によくある落とし穴について知っておく

現役を引退した人には「現実が願ったとおりにならない」という落とし穴が待ち構えています。未来予想は外れますし、いざ新生活と思っても克服できない実際的な問題が生じるからです。

よくある落とし穴は、生活上のものと、心理的なものに大別されます。それは以下のようなものです。

【生活上の落とし穴】
・興味のあることが多すぎて出費が増えてしまう。
・引退後に必要な支出を正確に見積もれない。
・医療費にどれくらいかかるか見通せず、備えが不十分。
・時問はあとでいくらでも取り戻せると思っている。

【心理的な落とし穴】
・引退と同時に、自由で幸福な日々が始まるだろう。
・何もしないでのんびりするだけで満たされるはず。
・職場の元同僚たちとはいつでも連絡がとれるだろう。
・新しいことを始めたら最初からうまくいくはずだ。

しかし生活上の落とし穴については、事前に準備しておけば防げるものも少なくありません。心理的な落とし穴についても、意識しておくだけでその影響を少なくできます。

*  *  *

以上、『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』から、引退後の生活の心構えついてお伝えしました。

未来が思い通りになるとは限らない、それは引退後も同じこと。ご褒美の時間ではなく、新しい人生のスタートと考えて。前向きな夢を描いてみましょう。

【参考文献】
『リタイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』
(S・シュルツ監修、藤井留美 訳、定価 2,800円+税、日経ナショナル ジオグラフィック社)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/16/010500050/

51pWKAn29qL._SX415_BO1,204,203,200_

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」…
  2. 会社員経験は起業成功への道しるべ!|「定年起業」の始め方
  3. 「定年は男の終わりじゃない」萩本欽一に学ぶ、人生の面白がり方
  4. めざせ「地域デビュー」! じつはいくらでもある定年後の居場所
  5. 人生の楽園はまだ先!40~50代の6割は定年後も働きたい
PAGE TOP