新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

備えあれば憂い無し!「リタイア後の落とし穴」にはまらないための4つの心構え

シニア男性

これから退職するという皆さんは、その後の変化についてどう考えていますか? 社会的地位がなくなり、仕事が目的となっていた方には、味気ない日々に感じられるかもしれません。反対に過小評価されてきたという人には救いになる場合もあるでしょう。

今回はカリフォルニア州立大学・心理学部教授のケネス・S・シュルツ氏監修の『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』(日経ナショナル ジオグラフィック社)を参考に、退職後に困らないための心構えをご紹介しましょう。

■1:仕事で得た知識を経験の活かし方を考えておく

自尊心のよりどころが仕事だけという人は、引退に直面して不安を感じ、自尊心を大きく傷つけられるおそれがあります。

仕事人としてのアイデンティティとのつながりを保ちながら、引退後の計画を練りましょう。段階的に準備をすすめれば、第2の人生への移行もより円滑になります。

例えば、これまでの仕事で得た知識と経験を活かしてコンサルタントとして再出発できれば、新たな自己意識を創造することもできます。

引退によって定収入を失っても、これまで受けた教育と目的があれば、仕事とその地位から離れる喪失感を減らせるのです。

■2:仕事中毒な人ほど要注意!

仕事を愛してやまない人、さらに仕事なしでは生きていけない人もいますが、そういういわゆる「仕事中毒」は“状況的過重労働”と“気質的過重労働”に大別できます。そして後者に該当する人は、引退にあたって、より注意が必要です。

気質的に仕事中毒な人は、引退をきっかけに薬物やギャンブルや仕事と結びつき、さらに孤立していく可能性があります。中毒になる対象は簡単に入れ替わるためです。

仕事中毒の傾向がある人は、引退に際してよく気をつけましょう。引退後の人生を仕事以外の中毒に悩まされて過ごさないようにしてください。そのためには、身近な人たちと結びつくことによって、心理的な見返りを得ることが大切です。

■3:自分が心から面白そうと思える活動を計画する

現役時代は仕事をとおして評価と報酬を受け取ってきましたが、引退後にはそういうことがなくなってしまいます。でも自分の価値を認めてもらえる場所は他にもあります。引退という転換期をうまく乗り切るには、これが自分の目的だと確信できるものが必要です。

その目的は、自分の世界をより広げてくれるものであることが理想的です。自分自身や家族に貢献でき、心から面白そうと思える活動を計画してみましょう。

■4:引退後によくある落とし穴について知っておく

現役を引退した人には「現実が願ったとおりにならない」という落とし穴が待ち構えています。未来予想は外れますし、いざ新生活と思っても克服できない実際的な問題が生じるからです。

よくある落とし穴は、生活上のものと、心理的なものに大別されます。それは以下のようなものです。

【生活上の落とし穴】
・興味のあることが多すぎて出費が増えてしまう。
・引退後に必要な支出を正確に見積もれない。
・医療費にどれくらいかかるか見通せず、備えが不十分。
・時問はあとでいくらでも取り戻せると思っている。

【心理的な落とし穴】
・引退と同時に、自由で幸福な日々が始まるだろう。
・何もしないでのんびりするだけで満たされるはず。
・職場の元同僚たちとはいつでも連絡がとれるだろう。
・新しいことを始めたら最初からうまくいくはずだ。

しかし生活上の落とし穴については、事前に準備しておけば防げるものも少なくありません。心理的な落とし穴についても、意識しておくだけでその影響を少なくできます。

*  *  *

以上、『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』から、引退後の生活の心構えついてお伝えしました。

未来が思い通りになるとは限らない、それは引退後も同じこと。ご褒美の時間ではなく、新しい人生のスタートと考えて。前向きな夢を描いてみましょう。

【参考文献】
『リタイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』
(S・シュルツ監修、藤井留美 訳、定価 2,800円+税、日経ナショナル ジオグラフィック社)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/16/010500050/

51pWKAn29qL._SX415_BO1,204,203,200_

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「終活ってなんだ?」カメラマンが見続けた片品村のカヲルさん|『人生はいーからかん』 【人生100年時代の生き方】「終活ってなんだ?」カメラマンが見続…
  2. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる? 働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる…
  3. 終活に関する調査|「終活」をする意向が最も高いのは30代。実際に始めたい年齢は「60代」 「財産整理」「エンディングノート」「墓じまい」|「終活」をする理…
  4. 人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策 今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000…
  5. 人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』 「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き…
PAGE TOP