新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

備えあれば憂い無し!「リタイア後の落とし穴」にはまらないための4つの心構え

シニア男性

これから退職するという皆さんは、その後の変化についてどう考えていますか? 社会的地位がなくなり、仕事が目的となっていた方には、味気ない日々に感じられるかもしれません。反対に過小評価されてきたという人には救いになる場合もあるでしょう。

今回はカリフォルニア州立大学・心理学部教授のケネス・S・シュルツ氏監修の『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』(日経ナショナル ジオグラフィック社)を参考に、退職後に困らないための心構えをご紹介しましょう。

■1:仕事で得た知識を経験の活かし方を考えておく

自尊心のよりどころが仕事だけという人は、引退に直面して不安を感じ、自尊心を大きく傷つけられるおそれがあります。

仕事人としてのアイデンティティとのつながりを保ちながら、引退後の計画を練りましょう。段階的に準備をすすめれば、第2の人生への移行もより円滑になります。

例えば、これまでの仕事で得た知識と経験を活かしてコンサルタントとして再出発できれば、新たな自己意識を創造することもできます。

引退によって定収入を失っても、これまで受けた教育と目的があれば、仕事とその地位から離れる喪失感を減らせるのです。

■2:仕事中毒な人ほど要注意!

仕事を愛してやまない人、さらに仕事なしでは生きていけない人もいますが、そういういわゆる「仕事中毒」は“状況的過重労働”と“気質的過重労働”に大別できます。そして後者に該当する人は、引退にあたって、より注意が必要です。

気質的に仕事中毒な人は、引退をきっかけに薬物やギャンブルや仕事と結びつき、さらに孤立していく可能性があります。中毒になる対象は簡単に入れ替わるためです。

仕事中毒の傾向がある人は、引退に際してよく気をつけましょう。引退後の人生を仕事以外の中毒に悩まされて過ごさないようにしてください。そのためには、身近な人たちと結びつくことによって、心理的な見返りを得ることが大切です。

■3:自分が心から面白そうと思える活動を計画する

現役時代は仕事をとおして評価と報酬を受け取ってきましたが、引退後にはそういうことがなくなってしまいます。でも自分の価値を認めてもらえる場所は他にもあります。引退という転換期をうまく乗り切るには、これが自分の目的だと確信できるものが必要です。

その目的は、自分の世界をより広げてくれるものであることが理想的です。自分自身や家族に貢献でき、心から面白そうと思える活動を計画してみましょう。

■4:引退後によくある落とし穴について知っておく

現役を引退した人には「現実が願ったとおりにならない」という落とし穴が待ち構えています。未来予想は外れますし、いざ新生活と思っても克服できない実際的な問題が生じるからです。

よくある落とし穴は、生活上のものと、心理的なものに大別されます。それは以下のようなものです。

【生活上の落とし穴】
・興味のあることが多すぎて出費が増えてしまう。
・引退後に必要な支出を正確に見積もれない。
・医療費にどれくらいかかるか見通せず、備えが不十分。
・時問はあとでいくらでも取り戻せると思っている。

【心理的な落とし穴】
・引退と同時に、自由で幸福な日々が始まるだろう。
・何もしないでのんびりするだけで満たされるはず。
・職場の元同僚たちとはいつでも連絡がとれるだろう。
・新しいことを始めたら最初からうまくいくはずだ。

しかし生活上の落とし穴については、事前に準備しておけば防げるものも少なくありません。心理的な落とし穴についても、意識しておくだけでその影響を少なくできます。

*  *  *

以上、『リアイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』から、引退後の生活の心構えついてお伝えしました。

未来が思い通りになるとは限らない、それは引退後も同じこと。ご褒美の時間ではなく、新しい人生のスタートと考えて。前向きな夢を描いてみましょう。

【参考文献】
『リタイアの心理学 定年の後をしあわせに生きる』
(S・シュルツ監修、藤井留美 訳、定価 2,800円+税、日経ナショナル ジオグラフィック社)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/product/16/010500050/

51pWKAn29qL._SX415_BO1,204,203,200_

文/庄司真紀

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』 「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き…
  2. “終活”に関するアンケート調査 “終活”で1番心配なことは「物の整理、片付け」
  3. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』 「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って…
  4. 定年後を独立独歩で生きるための指針|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』 定年後は独立独歩の仕事で生きる|『60歳の壁 定年制を打ち破れ』…
  5. 84歳の現役社長が教える、定年後の再就職に必要な習慣とは?|『定年前後「これだけ」やればいい』 84歳の現役社長が教える、定年後の再就職を成功させる習慣|『定年…
PAGE TOP