新着記事

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

年末年始でお疲れ気味の胃腸に!今こそ「大根おろし」を食べるべき理由

2e99eb8f6cd09bcd2692b6b6271fd6be_s

冬は大根が美味しい季節だ。みずみずしく甘味が増し、風呂吹き大根、鰤大根(ぶりだいこん)、おでんなど、冬の味覚に欠かせない素材となっている。

寒い季節は熱々の大根を食べたくなるが、生の大根も食するようにしたい。大根に豊富に含まれているアミラーゼなど消化を助ける酵素は、加熱すると失われてしまうからだ。

スティックやスライスしてサラダで食する方法もあるが、大根おろしにすれば、焼き魚や玉子焼き、天つゆの薬味など用途が広がるので、食べる機会を増やすことができる。

特に年末年始に飲み過ぎたり食べ過ぎたりして胃腸が疲れ気味の人は、大根おろしを積極的に摂(と)るようにしたい。

大根には辛味の元になる成分も含まれていて、おろすことで細胞が壊れて辛味に変わる。この辛味の元は大根の先端部分に多く含まれているため、辛いのが苦手な人は葉に近い部分を使うようにする。

また、すりおろしてから30分程で辛味成分は半分以下になるので、時間をおいてから食すると辛味が薄らぐ。

文/諸井里見

※本記事は「まいにちサライ」2014年1月12日掲載分を転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP