新着記事

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの和菓子「中村軒」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」 (2/24~3/1)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/24~3/1)牡羊座~蟹座編

車でおでかけ途中に子どものテンションを下げないコツ

ドイツ製折りたためるエルゴクラッチ【非課税品】|軽くて丈夫。持ち運びも楽な肘当て付きステッキ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

喪中のときは初詣を控えるべきか?知っておきたい「初詣」の作法

8c3d94637558e9a4195aacdc92130bed_s

正月三が日は初詣の人出が最も多く、社寺によっては数百万人にものぼる。初詣はその年の最初の参拝を意味し、正月三が日に参るという決まりはないので、これから初詣に出かけても問題ない。また参るのは神社、寺院のどちらでもよい。

現在のように神社と寺院が明確に分けられたのは、明治時代以降からだ。江戸時代以前は、神と仏が融合した神仏習合(しんぶつしゅうごう)が一般的で、境内に神社と寺院が共存するなど、神と仏は密接な関係にあった。

大切なのは、神仏を敬う気持ちだ。松の内は参拝者に、樽酒や甘酒をふるまう社寺もある。これは厄除けの意味合いがあるので、嫌いでなければ有難くいただこう。

喪中を理由に初詣を控える人もいるが、その必要はない、あるいは寺院はよいが神社は参るべきではないなど、さまざまな意見がある。

喪中は初詣を控えるのが習慣となっている土地柄なら、しないほうが無難だが、そのような習慣がなければ、自分の気持ちで決めてよいのではないだろうか。

文/諸井里見

※本記事は「まいにちサライ」2014年1月5日掲載分を転載したものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP