関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎が交差する関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、肉親を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

***

今回の依頼者は、亀田幸子さん(仮名・65歳)。最近、庭にゴミを撒かれたり、庭木が傷つけられたりすることが続いたために、私たちに調査を依頼されました。

【これまでの経緯は前編で】

広大な自宅を探偵3人体制で監視

ゴミが撒かれるのは水曜日と日曜日が多かったために、日曜日に調査を開始。東京郊外にある幸子さんの自宅は広大な邸宅で、急遽探偵を追加。3人体制で監視することにしました。

最初の日曜日は何もありませんでした。そして水曜日も同様に何もない。

2回目の日曜日に動きがありました。朝6時から夜まで何も起こらなかったのですが、23時30分ごろに、駅の方向から黒い服を着た小柄な人物がやってきて、監視カメラの死角になるような場所に立ちました。

そして、斜めがけした黒いショルダーバッグの中からビニール袋を出し、その中身をパッと庭に撒いて、駅の方に歩いていったのです。

あたりは暗く、帽子をかぶってマスクをしているので、相手のことは性別さえもわかりません。十分な距離を取って駅まで尾行をします。

その後、その人物は駅の多目的トイレに入っていきます。入るときは黒のジャージの上下だったのですが、出てきたときはスキニーパンツにレモンイエローのサマーニットを着た40歳くらいの女性になっていました。

女性への尾行を続けると、そこから2駅離れたところにある、おしゃれなファミリータイプの大規模マンションに入っていきました。もしかすると、この女性は既婚者かもしれません。

3回目に証拠をおさえることができ、幸子さんに報告すると「誰なのかな? この人のこと、全然わからない。会ったこともないし……主人関係の人かしらね?」と首をひねりながら帰って行かれました。

実は、女性の行動の背景には長年の恨みがあったのです。

【過去の恨みが嫌がらせの発端だった。次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品