サライ.jp

関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎が交差する関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、肉親を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

***

泥酔し、娘を殴ってしまった

今回の依頼者は、菅原源一郎さん(仮名・63歳)。現在はIT関連会社の社長をしています。この連載を読んで私のところに調査を依頼してくださいました。

「山村さんは浮気調査だけでないと思いまして、そのお願いと言うか、ご相談と言うか……」と電話をかけてきてくださいました。電話では大変歯切れが悪く、お会いして相談することに。

当日、私たちの事務所にいらっしゃったのは、若者ブランドの服を着た、イケイケの男性でした。55歳の頃から会社を経営し、今は従業員4人とアルバイトを20人を抱えるIT関連企業になっているとか。名刺も人気イラストレーターが似顔絵を描いたおしゃれなデザインで、「いかにもIT企業」という印象でした。

「私は今でこそ、おしゃれな仕事と言われていますが、43歳から3年間、ホームレスをしていたんです。その後も施設に入ったり、女性の家を転々として、ホントにろくでもない生活だった」

現在は独身で、交際する女性もおらず、仕事一筋に生活をしているとのこと。

「億単位の借金も返し終わったら、生きる目的がなくなってしまって。もちろん社員は大切ですし、会社も大切です。そこは無我夢中で守るのですが、自分の芯がないんです。昨日、お電話したのは、真っ暗なマンションに帰って、我に返ったからです。借金を返しても一緒に喜んでくれる家族がいない。ほめてくれる人がいないって、こんなに虚しいことだったのか」

大学卒業後、源一郎さんは有名な商社に勤務します。しかし、38歳の時に、当時の取引先に起業を持ちかけられて退職。その後は坂を転げ落ちるように、人生が転落していったとのことです。

「仕事がない、やる気もなくて、昼間から酒を飲んで、ギャンブルに依存して、浮気相手の女性の家に入り浸りました。そんな私のことを、妻は5年も支えてくれたのですが、酒に酔った私が、当時10歳の娘を殴りつけて離婚。殴ったことは覚えていないのですが、娘が血を流しているシーンは脳裏に焼き付いています」

男泣きに泣いたあと、今の切実な願いを語る。次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
5月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品