サライ.jp

関係が近いからこそ、実態が見えなくなる家族の問題。親は高齢化し、子や孫は成長して何らかの闇を抱えていく。愛憎渦巻く関係だからこそ、核心が見えない。探偵・山村佳子は「ここ数年、肉親を対象とした調査が激増しています」と語る。この連載では、探偵調査でわかった「家族の真実」について、紹介していく。

***

実家で見つけた大量のネットワークビジネスのサプリメント

今回の依頼者は、佐藤哲也さん(仮名・60歳・団体職員)。84歳になるお母様の様子がおかしいと私たちに調査を依頼してくださいました。

「まさか、母のことを依頼することになるとは思っていませんでしたが、事態は急を要するのです」と切羽詰まった顔で語ります。

「先日、私の娘(30歳)が僕の実家に行ったんです。すると某ネットワークビジネスのサプリメントがたくさんあったとのことで、娘は直感的に、これはまずいと、私のところにすぐにLINEをしてきたのです」

哲也さんの実家は、埼玉県内の通勤圏にあります。実母は土地持ちの資産家で、リフォーム済みの持ち家で一人暮らし中。複数の不動産物件を持っているとのこと。しかし、財産は紛争の種。哲也さんの父親が亡くなったときの不動産相続をめぐって、家族の関係は疎遠になっているとのこと。

親族の中で唯一心を許しているのが、哲也さんの娘。娘は月に1~2回ほど、祖母宅に行き、様子を見ているのだといいます。

「ウチの娘には心を許しており、娘にはいろいろ話すみたいです。娘は半年くらい前から、“ばあちゃん、認知症が始まっているかも”などと指摘し、訪問介護サービスを申し込みました。その後もよく見守っていたのですが、最近“もう来ないでいいよ”と言われたのだそうです」

【84歳の実母にできた、「友達」の正体。次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア