サライ.jp

子供が中学生になった、40代前半に起こった変化

光昭さんは神奈川県横浜市で生まれ育ち、県立高校から都内の名門大学に進学する。

光昭さんは、妻とは「しなかった」。

「子供もいるし、家族になると“母”という感じがして、する気が起きない。それにブクブク太った妻とするというのは無理な話。妻が40代前半に、妙に色気づいて、変な下着をつけて私のベッドに入ってきたことがあり、気持ち悪かった。それを言ったら『女としてどうなの?』と聞かれたけれど、女としてどうこうではなく、すでに母であり夫婦なんだから、そういうこととは距離を置きたい。そんなことが何度か会ったかな」

最後に夫婦関係を持ったのは、35歳のとき。以降、28年間はしていない。

「こんなことを言うのは、自分でもどうかと思うけれど、やはり女性を求める欲望が強い人は、知性と情が弱いと感じる。今、多くのタレントが女性問題で身を滅ぼしているけれど、あれも人望があったらあそこまで叩かれないと思うんだよね。男は男に甘いから」

夫としての営みは放棄した。妻は、おそらく浮気を繰り返してきた。

「いちばん、ショックだったのはこのコロナ禍中に、本八幡にある実家に帰るといって外出していたこと。あまりの頻度におかしいと思って、恥ずかしい話、妻の後をつけたら、東京駅から茨城方面行きの高速バスに乗った。その日は夜遅くに帰ってきた」

おかしいと思った光昭さんは、探偵に依頼する。

「報告書を見たら、びっくりしたよ。妻が豪華な一戸建てに入っていき、風采が上がらない男と夫婦然として、スーパーで買い物をしている。マスクをしていたけれど、笑顔だということがわかる。牛肉やワインなどを買って、手をつないで帰っていった。帰りは男がクルマでウチの近所まで妻を送ってきて、マンションの前に停めた車の中で、いつまでもキスしているんだよ」

報告書を見せていただいたが、車内のあられもない様子まで、撮影されていた。

「息が止まって、全身の血が抜けた。衝撃的だった。相手は高校の同級生で、不動産会社を経営している大金持ち。この男は妻と死別し、子供はいないという。報告書をもらった夜、妻の体に触れようとすると、『やめてよ、いまさら』と笑って避けられた。こんなもののために100万円を支払って、俺は何がしたかったのかと思う」

離婚も考えたけれど、浮気していることを除けば、妻は完璧だ。また、妻がいなければ、光昭さんの生活は回らない。

「家事のみならず、金の管理も全部妻がしている。そのほうがラクだったから。これは、見なかったことにした方がいいんだろうと思うけれど、そういうことでもない。これを相談できる奴もいない。人生の最後の近くになって、こんなことが待っていると思わなかった」

報告書を隠そうと思い、クローゼットの奥を見たら、数枚の派手な下着が隠してあったという。

「劣化の状況を見ると、10年以上前のものだと思う。おそらく、妻も隠したことを忘れているだろうから、一緒に入れておいた。いつ、妻がそれを見つけるか。その日に備えて、私も恋人でも作ろうかと思っているんだ」

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア