世界のオーディオメーカーも注目する「秋のヘッドフォン祭2015」は新製品ラッシュ!

H001

10月24日と25日に東京の中野サンプラザにて「秋のヘッドフォン祭2015」が開催され、2日間で約9000人の来場者がありました。最初は小規模だったこのイベントも開催ごとに規模が拡大して、現在は海外有名ブランドから国産オーディオメーカーが100社以上、軒を連ねる大イベントに成長。ここで新製品発表会が行なわれるのも定番になりました。

ヘッドフォンはどこでも手軽に音楽を楽しむことができ、また周囲に迷惑をかけず、場所もとらないため年齢層を問わず多くの音楽ファンに愛されるアイテムとして注目されています。また、近年はCDを超える高音質のハイレゾ方式による音楽配信も始まり、手軽なだけでなく、リーズナブルに高音質を追求できるようになりました。

ヘッドフォンは音漏れが少なく屋外でも使える密閉型と、音の広がりにすぐれた開放型の2種類があります。さらに耳穴にスッポリ収まるイヤフォンは遮音性が高く、モバイル用途からミュージシャンがライブで使うイヤーモニターまで、幅広い用途の製品が発売され人気上昇中です。

また、ヘッドフォンを使ってハイレゾなどのデジタル音源を再生するためのポータブルハイレゾプレーヤーや、ハイレゾ音源に対応して、スマートフォンなどと接続して使うDAC内蔵ポータブルアンプも多く出展されています。今回は会場で話題になった新製品を例にヘッドフォンの魅力に触れていきたいと思います。

イヤフォンの中には、自分の耳にピッタリ合うようシリコンで耳型を採ってから作成するカスタムイヤーモニター、通称イヤモニというタイプがあります。『FitEar Air』は日本のメーカー・須山補聴器、初のハイブリッドタイプということで話題になりました。ハイブリッドとは低音用と高音用で異なる方式のユニットを使う方式で、従来では出せなかったつながりのいい音を狙って開発されました。
H002

世界的に知られたヘッドフォンメーカー、シュアが開発した静電型のイヤフォンも注目の的でした。静電型は駆動のために高電圧が必要で、モバイル化は困難でしたが、シュアは8年の歳月をかけて専用ポータブルアンプと共に製品化に成功しました。その音は透明感とスピード感があり、シュアの新境地を切り拓く音と言えます。
H003

同じ平面型の振動板を使い、左が開放型の『ETHER』、右が密閉型のヘッドフォン『ETHER-C』。作ったのは日本初上陸のMrSpeakersというアメリカのメーカーです。均一に動く平面振動板の動きを研究して、ヒダを付けることでさらに均一な動きを追求したヘッドフォンです。密閉型は軽量化のためカーボンを採用しました。
H004

こちらも開放型のヘッドフォンで、ドイツのbeyerdynamicとハイレゾプレーヤーメーカーのAstell&Kernがコラボした『AK T1p』と呼ばれるモデル。ポータブル機器では鳴らすのが困難だったハイエンドヘッドフォンをモバイル向けにカスタマイズしたもので、屋外でも屋内でも極上の音楽が楽しめます。
H005

CHORD『Mojo』は、ハイレゾ対応のDACを搭載したポータブルアンプです。ユニークなネーミングと独自デザインが目を惹きますが、回路設計も独創的でオリジナルのプログラムを使ってD/A変換をします。ボールのようなものは電源ボタンとボリュームで、色の変化によってデジタル音源の種類を知らせる役目も果たします。
H006

 CHORDの製品の中では最も小型で低価格であることから、多くのヘッドフォンファンが試聴に訪れた製品で、ハイレゾ音源からも独特のやわらかさとなめらかがある音を聴かせてくれます。
H007

ポータブルアンプの中にはDACを持たないものもあり、スマートフォンやポータブルプレーヤーとアナログ接続して使います。香港の新生AROMA『A10』は純粋なアナログアンプで、鳴らしにくいヘッドフォンをモバイル環境で易々とドライブします。
H008

高音質のポータブルアンプは、他の機器と組み合わせて自宅で使うこともできます。イギリスの名門、iFI『iCAN』は自宅でもPCなどと接続してハイレゾ音源をヘッドフォンで楽しめます。
H009

「ヘッドフォン祭」には個人のヘッドフォン愛好家のグループも参加しています。これは「Music With 規格外」のメンバーが自作したヘッドフォンアンプ。メーカー製より小型で中身は本格派、お菓子の缶をケースに使っています。
H010

 

ヘッドフォン祭URL:http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php