サライ.jp

3 夏目漱石 2

今から138 年前の今日、すなわち明治11年(1878)10月24日、11歳の漱石(金之助)は、東京・神田猿楽町の錦華学校小学尋常科第二級後期を優等で修了(卒業)した。

学業優秀のため、第一級の前期と後期を飛び級した。この錦華学校へ転入する前、市ヶ谷学校上等小学第八級でも、漱石は学業優秀を認められ、東京府から賞与(ご褒美みたいなもの)を授与されている。

いわゆる「勉強のできる子」だったのだろう。だが、その後の漱石の学歴は、けっして直線的に階段を上っていくようなものではない。

当時、日本の教育制度は過渡期にあった。仕組みが変わったり、学校名も変じたりする。江戸の名残りとして寺子屋のような塾なども残っていて、漱石もそうした塾に通った時期もある。情報も十分に行き渡っていないところもあったろうし、学校選びはなかなか難しかったのかもしれない。

錦華小学校を修了して数か月を経た明治12年(1879)3月、漱石は東京府第一中学校正則科に入学した。この選択も、あとから省みればひとつの回り道だった。

第一中学には変則科もあった。変則科での講義は英語に重きを置いている。上級の学校を志す者は、こちらを選ぶのが普通だった。漱石もすぐに変則科への転籍を希望したが、家の方で許しが出なかったらしい。次第に学習意欲をなくした漱石は、学校へ行くふりをして家を出ながら、よそで時間を潰して帰宅するような日々を送ったという。

漱石は2年後には第一中学を中退した。が、次に選んだのが二松学舎で漢文学を学ぶことだったというのが、漱石らしい。当時の学舎は実に不完全なもので、講堂などはすこぶる汚く、真っ黒になって破れた畳が敷いてあり、机もなかった。そこへ順序もなく座り込んで講義を聞くのだった。

もちろん、漢詩文に惹かれるところがあり、それを楽しんで学んだのも確かだが、すんなり英語学習には行きたくない意地のようなものもあったように感じられる。少々へそ曲りなのである。

漱石の、錦華学校小学尋常科第二級後期修了証書。神奈川近代文学館所蔵

漱石の、錦華学校小学尋常科第二級後期修了証書。神奈川近代文学館所蔵

また、英語を学ぶ必要性は感じながらも、どうも英語が心底からは好きになれないといった側面もあったようだ。兄から英語を習おうとしたこともあったが、長続きしなかったという。後年、英文学者となった漱石は、こう語っている。

《元来僕は漢学が好で随分興味を有って漢籍は沢山読んだものである。今は英文学などをやっているが、その頃は英語と来たら大嫌いで手に取るのも厭なような気がした。兄が英語をやっていたから家では少し宛教えられたけれど、教える兄は癇癪持、教わる僕は大嫌いと来ているから到底長く続くはずもなく…》(談話『落第』)

明治16年(1883)の夏、漱石はようやく、大学予備門(のちの一高)受験準備のため成立学舎に入学した。漱石が英語をきちんと学校で本格的に学ぶのは、16歳のこのときからである。

■今日の漱石「心の言葉」
私などは非常に迂路(まわりみち)をしたことになる(談話『一貫したる不勉強』より)

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

Web版「夏目漱石デジタル文学館
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館。同館のサイトに特設されている「Web版 夏目漱石デジタル文学館」では、漱石自筆の原稿や手紙、遺愛品、写真など漱石にまつわる貴重な資料画像を解説付きで公開しています。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。最新刊に、『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)がある。

夏目漱石ありし日々の面白エピソードを毎日連載!「日めくり漱石」記事一覧へ

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア