サライ.jp

3 夏目漱石 2

今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)10月17日、東京・内幸町の長与胃腸病院に入院中の43歳の漱石は、午前4時に目を覚ました。まだ夜明け前で、窓の外も暗い。それでも、昨日などは午前2時半に目覚めてしまっていたから、さほど早いとは感じないのだった。

伊豆・修善寺の菊屋旅館で大量の吐血をして危うく一命をとりとめ、小康を得てこの病院に運びこまれ、ちょうど1週間目の朝であった。

ここ数日、漱石は俳句や漢詩をつくったり推敲することに夢中になっていた。この日も朝食前に、昨日書いた詩を推敲して書き改めた。長く創作の筆を持たず病臥しているから、健康の回復とともに表現意欲がわきはじめていたのだろう。

《縹緲玄黄外 死生交謝時(ひょうびょうたる玄黄の外、死生こもごも謝する時)…》。九死に一生を得た漱石の死生観を綴った漢詩。明治43年10月16日から18日にかけて推敲し作り上げたものを、翌年初夏にこの書として仕上げた。神奈川近代文学館所蔵

《縹緲玄黄外 死生交謝時(ひょうびょうたる玄黄の外、死生こもごも謝する時)…》。九死に一生を得た漱石の死生観を綴った漢詩。明治43年10月16日から18日にかけて推敲し作り上げたものを、翌年初夏にこの書として仕上げた。神奈川近代文学館所蔵

漱石の主治医は、修善寺療養中にも付き添ってくれていた森成麟造であった。とても世話になったので、漱石は感謝の気持ちとして、何か記念の品を贈りたいと考えていた。

そこで、時計や宝飾品を取り扱っている銀座の服部時計店から、銀製の煙草入れの見本をいくつか取り寄せてみた。実際に見本を手にとり、これなら悪くない、そう思えた。

漱石は当の森成医師とも相談し、艶消しの小ぶりのものを選んだ。そして、文字を彫り込んででもらうことにした。《修善寺にて篤き看護をうけたる森成国手に謝す 漱石》と前置きし、こんな自作の句を刻むよう依頼したのである。

《朝寒も夜寒も人の情哉》

まもなく妻の鏡子が病室に姿を見せた。

「おっしゃった通り、池辺さんのところに寄ってきました」

鏡子はそんなふうに言った。修善寺で倒れていた折、東京朝日新聞主筆の池辺三山の計らいで、さまざまな費用の一部を朝日新聞社で負担し、支払ってくれていた。世話になった感謝の意とともに、その金を返済するつもりでいることを三山に伝えてくるよう、漱石は鏡子に頼んでいたのだった。

ところへ、菊屋旅館から連絡があり、注文を受けた寄木細工の箱は、数が不足しているので作らせるから、もう少し待ってほしいと伝えてきた。

「一体、いくつ注文しだんだ?」

漱石の問いに、鏡子が答えた。

「16個です」

これもすべて、修善寺病臥中に世話になった人たちにお礼として渡す品物だった。随分と大勢の人に心配をしてもらったものだと、漱石先生、改めて深く感じ入る次第であった。

■今日の漱石「心の言葉」
修善寺にて病気の節は御懇篤なる御見舞を辱(かたじけの)うし鳴謝の至りに堪えず候(『病気見舞御礼』より)

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

Web版「夏目漱石デジタル文学館
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館。同館のサイトに特設されている「Web版 夏目漱石デジタル文学館」では、漱石自筆の原稿や手紙、遺愛品、写真など漱石にまつわる貴重な資料画像を解説付きで公開しています。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。最新刊に、『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)がある。

夏目漱石ありし日々の面白エピソードを毎日連載!「日めくり漱石」記事一覧へ

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア