サライ.jp

3 夏目漱石 2
今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)9月3日の朝7時頃、43歳の漱石は大阪・富島町にある大阪商船待合所に入った。前日の午後3時40分に汽車で東京・新橋を発ち、大阪・梅田の停車場を経由し、ここに至っていたのだった。

近辺を少し散策して、鉄嶺丸に乗り込んだのは午前9時頃。この船は門司、釜山を経て大連を目指す。これからひと月半余り続く漱石の旅が、のちに『満韓ところどころ』の材料となる。

当初この旅は、漱石の学生時代からの親友で満鉄(南満洲鉄道株式会社)総裁をつとめる中村是公と、出発から行動を同じくするはずのものだった。ところが、出発間際になって漱石が胃に変調をきたし、やむなく出発を遅らせた。医者には「旅行は無理」ともいわれ、一時は漱石も諦めかけていたが、そこそこ回復してきたので、思い切って旅の人となっていた。

大阪商船の関係者の間では、中村是公は有名人である。是公と一緒に漱石が満洲方面へ旅行するという話も、いつのまにか広く知れ渡っていた。鉄嶺丸に乗船した漱石は、事務長や船長らに次々と同じ言葉を投げかけられた。

「総裁と同じ船とお聞きしていましたが」

漱石はそのたび、簡略にことの経緯を説明せねばならなかった。

海は穏やかだった。漱石が船のサルーンから左舷の方角を眺めていると、漱石の乗る鉄嶺丸の先を一隻の船が航行していた。日本郵船の営口丸という船だった。鉄嶺丸は前を行く営口丸にだんだんと追いつき、追い越していくかに見えた。ところが、営口丸は抜かれまいと思ったのか、速度を上げながら進路を妨げようとする。そうしてしばらく並びかけるように航行しているうち、2隻の船が接触する事態となった。積載してある非常用のボートがひっくり返った程度で、それほど大きな事故とならなかったのが不幸中の幸いだった。

それから1時間ほどすると、事務長が漱石のもとにやってきて、こう尋ねた。

「身をかわすの『かわす』というのは、漢字でどう書きましたっけ?」

おそらくは、さきほどの接触について、何か記録するためだったのだろう。唐突な質問に、漱石の頭の中にもすぐに「躱」の一字が明確に浮かばない。思わず、「さあ」と首を傾げた。さすがの漱石先生も、「歩く漢和辞典」のような訳にはいかないのだった。

漱石は船室でひと寝入りして、深夜12時頃に甲板に出てみた。暗闇の中を、船だけが音を立てて進んでいた。ときどき北の方に稲妻がひかる。その光で、瞬間的に向こうの山がはっきりと姿をあらわす。左舷にまわると、十八日の月が空高くにかかっていて、波が少し光って見えた。マストの上のランタンが淋しげに揺れていた。

翌日、漱石は船長と会って、接触事故の話を聞いた。船長はこんなふうに言った。

「営口丸は先へ立って、こちらの航路を妨げていた。こっちが追い越そうとするとき、少し舳先を開いてくれればなんでもなかったんです。こっちは右にも左にも避けられない状況でした。これから海事局へ届けますが、故意のしわざとすれば重大なことになるかもしれません」

■今日の漱石「心の言葉」
相当の理由なくして妨害してはならないのであります(『私の個人主義』より)

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

Web版「夏目漱石デジタル文学館
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館。同館のサイトに特設されている「Web版 夏目漱石デジタル文学館」では、漱石自筆の原稿や手紙、遺愛品、写真など漱石にまつわる貴重な資料画像を解説付きで公開しています。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。最新刊に、『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)がある。

「日めくり漱石」の記事一覧へ

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
2月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品