サライ.jp

3 夏目漱石 2
今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)8月28日、漱石は、熊本の第五高等学校時代の教え子である橋口貢からの手紙を読んでいた。昨日、漱石が橋口貢に宛てて出した手紙の返事であった。

漱石の手紙の用件は、雑誌『ホトトギス』に掲載する挿絵のことだった。

数日前、漱石が同誌の編集発行人たる高浜虚子と会って話をしていると、今度『ホトトギス』の誌面を刷新して、ある部分に、廻り灯籠のような影法師の行列の挿絵を入れたいので、漱石に描いてくれないかと言い出した。

漱石も絵は嫌いではないし、自筆の絵葉書などはよく遊びで描いていたが、いきなり雑誌に掲載するとなると自信がない。そこで思い浮かんだのが、絵心のある橋口貢の顔。

漱石はこの頃、橋口貢としきりに自筆絵葉書のやりとりをしていた。門下生の野間真綱宛ての手紙の中にも《橋口はしばしば絵葉書をくれる。中々うまいもので、僕の御手際では到底競争が出来ん》と綴るほどで、その技量を高く評価していたのである。

気心も知れていた。それは、橋口貢あての葉書に書いた漱石のこんな文面からも伝わってくる。

《昨日君のところへ絵葉書を出したところ、小童誤って切手を貼せず定めし御迷惑の事と存じ候。しかし御覧の通りの名画故切手くらいの事は御勘弁ありたし。十銭で名画を得たり時鳥(ほととぎす)》(明治37年7月25日付)

この前日、漱石は子供か誰かに頼んで自筆絵葉書を送った。その際、うっかり切手を貼らずに投函してしまった。それをユーモアをまじえて謝罪しながら、《十銭で名画を得たり時鳥》の一句をも添えた。その意は、通常なら切手代金は1銭5厘、料金未納でたとえ10銭ほどとられたとしても、それで僕の描いた名画を入手できたのだからよいではありませんか、といったところ。この葉書には、橋口貢も思わずにやりとさせられただろう。

挿絵の描き手を求める虚子に、漱石は手元にあった橋口貢の描いた駱駝の絵を見せた。すると、虚子は、

「これはいい。ひとつこの人に頼んでもらえませんか」

と言う。そこで漱石は、橋口貢へ一筆したため、

《君の駱駝に感服したものと見える、一つかいてやりませんか》

と依頼してみたのだった。

貢は、返信の手紙で、「東京美術学校の画学生である末弟の清の方が相応しいと思う」と推薦してきた。言われてみればその通りかもしれない。漱石は清の絵も何度か見せてもらったことがあった。

漱石は早速、返書への返書を書いた。

《御返事ありがたく候。御舎弟でも無論よろしく候。書いてやって下されば高浜は大に喜ぶべく候》

このあと、橋口清は五葉と号し、『ホトトギス』の挿絵で活躍。続いて漱石の『吾輩は猫である』の装幀も手がけた。そこから、多くの作家の本の装幀をし、さらには美人画や木版画でも注目されていくことになる。

人の縁や運命とは不思議なものであるが、それだけ漱石の周囲に及ぼす影響力の大なることを示すエピソードでもあろう。

■今日の漱石「心の言葉」
人の長所を傷つけないだけの公平眼は養成しなければならん(『書簡』明治39年1月19日より)

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

Web版「夏目漱石デジタル文学館
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館。同館のサイトに特設されている「Web版 夏目漱石デジタル文学館」では、漱石自筆の原稿や手紙、遺愛品、写真など漱石にまつわる貴重な資料画像を解説付きで公開しています。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。最新刊に、『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)がある。

「日めくり漱石」の記事一覧へ

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア