サライ.jp

3 夏目漱石 2

今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)7月13日、愛媛県尋常中学校(松山中学)の英語教師をつとめる28歳の漱石は、日清戦争に出征していた松山連隊の凱旋を迎えるために、他の教師とともに生徒たちを引率し、松山市郊外の八丁畷(なわて)へと出向いた。

漱石の出で立ちは、フロックコートに山高帽というハイカラな正装。生徒たちはからかい半分におだてた。

隊の到着を待つ間、漱石は生徒たちが退屈せぬよう、自身が学生時代の賄(まかない)征伐の話を面白おかしく聞かせた。賄征伐とは、寄宿舎の寄宿生が食事の献立への不満から一致団結して炊事室の器物などを壊してひと暴れすること。そんな話を生徒に聞かせるのだから、漱石先生、ちょっと型破りな教師だった。

式から帰る途中、師範学校の生徒と松山中学の生徒との間で乱闘騒ぎが起こった。夕闇の中、両校の生徒が大勢入り乱れて喧嘩し揉み合う。しまいには、漱石を含む教師たちもその渦の中に巻き込まれてしまった。教師のひとりは、田圃の中に押し込まれて転倒したところを、蹴られたり踏んづけられたりして、翌日の学校を欠勤したくらいだった。

フロックコートに山高帽で、もみくちゃになりながら騒動を鎮めようと奮闘する青年教師・漱石の姿が目に浮かぶ。

漱石はのちに、この体験を、背景を日露戦争に置き替えながら、小説『坊っちゃん』の中に活かした。坊っちゃんと山嵐が、両校生徒の乱闘を止めに入って巻き込まれていく。以下に、『坊っちゃん』からの一節を引用する。

《喧嘩は今が真最中である。師範の方は五六十人もあろうか、中学はたしかに三割方多い。(略)入り乱れて組んず、ほぐれつ戦っているから、どこから、どう手をつけて引き分けていいか分らない。山嵐は困ったなという風で、しばらくこの乱雑なありさまを眺めていたが、こうなっちゃ仕方がない。巡査がくると面倒だ。飛び込んで分けようと、おれの方を見ていうから、おれは返事もしないで、いきなり、一番喧嘩の烈しそうなところへ躍り込んだ》

このあと一層混乱するところへ巡査が駆けつけて生徒たちは退散し、坊っちゃんと山嵐だけが警察に引っ張られ、事情を説明して帰る。ところが、翌日の新聞に、生徒たちを煽動し騒ぎを起こさせた教育界にあるまじき無頼漢として書き立てられるという次第。そこから、物語はいよいよクライマックスの赤シャツとの対決場面へと進展していく。

体験を小説化する物語作者としての漱石先生の筆力を、ここでも再確認できる。

愛媛県尋常中学校(松山中学)卒業生との記念写真(明治29年4月)。3列目の左から2人目が漱石。ここにいる生徒たちの多くが、師範学校の生徒との乱闘騒ぎの中にもいたのだろう。写真・神奈川近代文学館所蔵

愛媛県尋常中学校(松山中学)卒業生との記念写真(明治29年4月)。3列目の左から2人目が漱石。ここにいる生徒たちの多くが、師範学校の生徒との乱闘騒ぎの中にもいたのだろう。写真・神奈川近代文学館所蔵

■今日の漱石「心の言葉」
よせよせ。そんな乱暴をすると学校の体面に関わる(『坊っちゃん』より)

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

Web版「夏目漱石デジタル文学館
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館。同館のサイトに特設されている「Web版 夏目漱石デジタル文学館」では、漱石自筆の原稿や手紙、遺愛品、写真など漱石にまつわる貴重な資料画像を解説付きで公開しています。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。最新刊に、『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)がある。

「日めくり漱石」の記事一覧へ

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア