サライ.jp

3 夏目漱石 2

今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月11日、43歳の漱石は、ふと思い立って上野で催されている2つの絵画展へ出かけた。白馬会と太平洋画会の2つである。

江戸川橋から上野広小路へと向かう市電に乗り込むと、途中、富坂付近の右手の空き地に、軟らかい緑色の若芽を吹いている木々が眺められた。舐(な)めてみたいと思うほどの、みずみずしい生命力に満ちた美しい色だった。そのうちの1本の木の下に、藁(わら)でくくった薪(まき)の束が高く積み上げてあり、その後方では砲兵工廠(こうしょう)の高い煙突からもうもうと煙が立ちのぼっていた。

この日は天気もよく、少しばかり暑さを感じた。つい1週間前に外出したときには、ちょっと肌寒いので、漱石は袷(あわせ)の着物に袷の羽織をつけていた。今日は、漱石自身も周囲の人々も、皆、単衣(ひとえ)の着物に絽(ろ)の羽織といったいでたちをしていた。

白馬会は、パリ帰りの黒田清輝(くろだ・せいき)らが中心となって明治29年(1896)に発足したグループ。かたや太平洋画会は、黒田らが抜けて弱体化した明治美術会が明治34年(1901)に解散したのを受けて、満谷国四郎(みつたに・くにしろう)、吉田博らが結成したグループ。『吾輩は猫である』の挿絵を描いた中村不折(なかむら・ふせつ)も、この太平洋画会に参加し、指導的役割を担っていた。

漱石は美術(絵画)から多くのインスピレーションをもらって、自身の作品世界に生かしたことで知られる。たとえば、小説『三四郎』の中に登場する「丹青会の展覧会」は、太平洋画会第6回展(明治41年)を意識したもので、遺作水彩画を展示する「深見さん」は漱石の友人だった浅井忠がモデルとされる。一方で、《仏蘭西(フランス)式の髭を生やして、頭を五分刈りにした、脂肪の多い男》である「原口さん」は、白馬会の中心画家・黒田清輝そのものだ。それは、《影の所でも黒くはない。むしろ薄い紫が射している》と描写される作風が、「紫派」とも呼ばれた黒田清輝のそれと一致することでも明らかだと、美術史家の古田亮(ふるた・りょう)さんも指摘している。

漱石自筆の「書斎図」(1913年夏)。東京・早稲田南町の自宅書斎を描いたもの。漱石はこの書斎で幾つもの季節の流れを味わった。神奈川近代文学館所蔵

漱石自筆の「書斎図」(1913年夏)。東京・早稲田南町の自宅書斎を描いたもの。漱石はこの書斎で幾つもの季節の流れを味わった。神奈川近代文学館所蔵

いずれにしろ、この日、白馬会と太平洋画会という、明治の洋画壇を背負うふたつの勢力の絵画展を同時に鑑賞できたのは、観る側にとっては嬉しいことだった。漱石は満ち足りた気持ちで帰宅したことだろう。

その夜、窓を開け放った書斎に座っていると、暗い庭から、初夏の香りが心地よく漱石の鼻に伝わってきた。季節がまたひとつ、めぐろうとしていた。

■今日の漱石「心の言葉」
世の中に何が尊いといって、愛と美ほど尊いものはないと思います(『吾輩は猫である』より)

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

Web版「夏目漱石デジタル文学館
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館。同館のサイトに特設されている「Web版 夏目漱石デジタル文学館」では、漱石自筆の原稿や手紙、遺愛品、写真など漱石にまつわる貴重な資料画像を解説付きで公開しています。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。

「日めくり漱石」の記事一覧へ

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア