新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

夏目漱石が叱った教え子、2日後にとんでもない事件をおこす。【日めくり漱石/5月20日】

3 夏目漱石 2

今から113 年前の今日、すなわち明治36年(1903)5月20日、36歳の漱石は英語教師として第一高等学校の教壇に立っていた。

藤村操(ふじむら・みさお)という生徒に訳読をするよう指名すると、予習をしてきていないという。その言い方が、いかにも反抗的である。

漱石は怒りを抑えつつも、強い調子で叱りつけた。

「勉強する気がないなら、もうこの教室にこなくてよい」

漱石が叱るのも無理はなかった。つい1週間前の5月13日にも、教室でまったく同じような光景が展開されていたのである。

その日は漱石の一高における初めての授業で、たまたま藤村操を指名した。

すると「やってきてません」と昂然と答える。

「なぜやってこないんだ」

漱石が静かに問いつめると、生徒は、

「やりたくないからやってこないんです」

と、反抗的な態度を露にした。

こうなると、まともな対話にもなりようがないので、漱石は、

「この次やってこい」

とだけ言ってその場をおさめた。

そして、1週間後の今日の再指名。にもかかわらず、なのである。

怠けて予習をさぼるだけなら、まあ、人間だからそういうこともあるだろう。しかし、それに加えて、教師に対して無闇に反抗的な態度をぶつけてくるのでは、学校の授業など成り立たない。それでは、生徒自身が、親に学費を出してもらいながら、なんのために高等学校にきているのかわからないではないか。

漱石が口にした、「勉強する気がないなら、もうこの教室にこなくてよい」とは、そうした思いからごく自然に出た言葉であった。

ところが、2日後、とんでもない事件が起きた。この藤村操が、日光の華厳の滝で投身自殺を遂げてしまったのである。

死の直前、藤村操は巖頭(がんとう)の楢(なら)の大樹を削って、こんな遺文を彫りつけていた。

《万有の真相は唯た一言にして悉(つく)す、曰(いわ)く「不可解」、我この恨(こん)を懐(いだ)いて煩悶終(つい)に死を決するに至る》

天地万物のすべて、この人生も不可解の一語につきる。解くことのできぬわだかまりを心に抱いて悩み苦しみ、自ら命を絶つことを決心したというのだ。

この18歳の若い死は、日本における哲学的な煩悶による自殺の初めではないかという指摘もあり、世間に大きな衝撃を与えた。追随者も出た。

漱石も、自分が叱った直後だけに大変なショックを受けた。漱石の叱責と自殺とは直接の因果関係はなかったが、わずかな期間とはいえ教え子だった若者が自ら命を絶ったのだ。

ひとりで抱え込まずに、ちょっとでも打ち明けてくれていたら、何か言ってやれることがあったかもしれない。そんなふうにも思っただろう。実際、悩みや不遇を訴える若い教え子や門弟たちにさまざまな助言や慰謝を与え、進むべき道筋を照らし出している漱石なのだから。

漱石は後年までこの事件のことを深く記憶に留め、小説『草枕』の中にも、その若い死を惜しみこんな一文を書き込んだ。

《昔し巖頭の吟を遺して、五十丈の飛瀑を直下して急湍(きゅうたん)に赴いた青年がある。余の視(み)るところにては、かの青年は美の一字のために、捨つべからざる命を捨てたるものと思う》

漱石先生、書きながら、心の内で合掌していただろう。

■今日の漱石「心の言葉」
生存は人生の第一義なり(『ノート』より)

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

特別展「100年目に出会う 夏目漱石」
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催中。会期は2016年5月22日(日)まで、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。

「日めくり漱石」の記事一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP