新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

夏目漱石、30歳にしてなお進むべき道がみつからなかった。【日めくり漱石/4月23日】

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともにお届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

前途に大なる希望を抱くものは、過去を顧みて恋々たる必要がないのである(『野分』より)

熊本時代の漱石が東京の正岡子規に送った句稿。両人の間では頻繁に手紙のやりとりがなされていた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

熊本時代の漱石が東京の正岡子規に送った句稿。両人の間では頻繁に手紙のやりとりがなされていた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 

【1897年4月23日の漱石】

今から119 年前の今日、すなわち明治30年(1897)4月23日、熊本で英語教師をしていた30歳の漱石は、東京・根岸の正岡子規に手紙を書いていた。

子規は、東京から遠く離れた熊本で暮らす漱石のことを慮(おもんぱか)り、叔父の加藤拓川(かとう・たくせん/外交官)に頼んでみるから翻訳官でもやったらどうか、そんなふうな手紙をよこしてくれていた。

漱石は子規の配慮に深謝しつつ、こう返事をした。

外務関係の翻訳官となると法律上の専門用語なども多いだろうし、間違いなくやっていけるという自信が持てない。もちろん1~2年見習いをすれば相当程度のことはこなせるだろうが、高等官並みの働きもできないのではないか。そんな状況で、紹介を受けたら、君や加藤氏の面目を損じてしまう恐れがある。せっかくだが、いまは差し控えるべきだと愚考する--。

そして、漱石は、

《小生の目的御尋ね故(ゆえ)御明答申上たけれど、実は当人自らが所謂(いわゆる)わが身でわが身がわからない位》

と迷いの中にある自分をさらけ出す。

翻訳官として自信が持てないというのは、いささか謙遜の度合いが過ぎる気がしないでもない。むしろ、漱石はそうした仕事をやりたいと思わなかったのだろう。それでも、子規の親切心をありがたく思うから、こうした遠回しの言い方で断ったと推測できる。

漱石は、手紙の最後で胸の奥をこう吐露した。

《単に希望を臚列(ろれつ/並べること)するならば、教師をやめて単に文学的の生活を送りたきなり。換言すれば文学三昧にて消光(しょうこう/暮らすこと)したきなり》

英語教師でも翻訳官でもなく、ひとりの文学者として文学的な仕事にだけ没頭して暮らしていきたい。それが正直な思いだが、簡単に文筆一本の生活になど入れない現実もわかっている。のちの文豪・漱石。3o歳の春は、まだはっきりと踏み進むべき道筋をつかみきれずにいたのである。

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
特別展「100年目に出会う 夏目漱石」
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館では、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催中。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

  

文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP