サライ.jp

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

ただわかったばかりで実地に応用しなければ、すべての学問は徒労である(『愚見数則』より)

DSCF9414

新橋は、日本で最初の鉄道の発着地点でもあった。新橋駅前の「SL広場」に展示されているC11型蒸気機関車は、鉄道開業100 周年の昭和47年に設置されたという。


【1909年3月20日の漱石】

明治42年(1909)3月20日、すなわち今から107 年前の今日、数え43歳の漱石は、朝一番で見送りのため新橋停車場へと向かった。午前9時発の列車で、渋川玄耳(しぶかわ・げんじ)が長い旅へ出発する日であった。玄耳は東京朝日新聞社の社会部長。熊本時代の漱石とも、俳句を通じて交流があった。

玄耳は、横浜港から外国航路の船に乗る予定だった。英国の旅行代理店の草分けトーマス・クック社が主催する第2回世界一周会の特派員として、アメリカ、イギリス、フランス、スイス、イタリア、オーストリア、ドイツ、ロシアの各国を、100 日ほどかけて回る手筈(てはず)になっていた。

新橋には他に、鳥居素川(とりい・そせん)、弓削田精一(ゆげた・せいいち)、土屋大夢(つちや・たいむ)ら新聞記者の顔もあった。いずれも、朝日新聞の同僚だった。大夢は塔の沢(箱根)まで行く用事があるということで、玄耳と同じ列車で新橋を後にした。

見送りをすませたあと、漱石は久方ぶりに会った鳥居素川とともに、ぶらぶらと銀座まで歩いた。素川は大阪朝日新聞の主筆で、2日前に上京していた。ぶらぶら歩きの途中、どちらからともなく、「あさって一緒に昼飯を食おう」という話がまとまった。歩きながらでは大した会話もできない。昼食を共にしながらゆっくり語り合おうじゃないか、というわけだった。

当日は漱石が神田連雀町の素川の宿泊先を訪ね、その足で、神田明神下の鰻料理店『神田川』に出かけることになった。漱石先生、脂っこいもの、こってりとしたものを好む傾向があったから、鰻の蒲焼なども好物のひとつだった。

神田川は、文化2年(1805)に、幕府の賄い方で働く初代が屋台で鰻の蒲焼を始めたのが起源。明治維新後に神田明神下に店を構え、現在も伝統の味と暖簾を継承している。

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

 文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア