サライ.jp

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

恋は一方からいえば煩悶に相違ないが、しかしこの煩悶を経過しないと自分の存在を生涯悟ることができない(『野分』より)

DSCF9227

向島百花園。仙台出身の骨董商の佐藤鞠塢(きくう)が文化元年(1804)に開園。酒井抱一や大田南畝といった文人墨客が集い、町人文化を花開かせるサロンのような役割も果たした。

【1893年3月12日の漱石】

今から123 年前の今日、すなわち明治26年(1893)3月12日は日曜日で、学校は休みだった。まだ大学生の漱石は、隅田川のほとりをひとりで散歩していた。

明治の人たちは散歩好きである。現代社会のように娯楽が満ちあふれていないことも関係しているのだろうが、何かというと逍遥(しょうよう)する。とくに文人志向の人士には、この傾向が強いように思える。そして、健脚である。2~3時間歩くことは、まったく苦にしない。『小説神髄』の作者の坪内雄蔵のように、自身の雅号を「逍遥」とした人もいる。

この日の散歩の途中、漱石は、ばったりと正岡子規と出会った。

ふたりは当時、ともに帝国大学文科大学(現・東京大学)に籍を置く身。順調に行けば、この7月に卒業する運びになっていた。ところが子規は、すでに退学を決意し、前年6月の学年末試験も放棄して、12月からは日本新聞社で働きはじめていた。漱石は「追試を受けて卒業だけはしておいたらどうか」と忠告したこともあったが、子規の思いは先へ先へと急いでいた。子規は、結核という病を抱え、それほど長く生きられない自分を意識していたのである。

ふたりは連れ立って向島の百花園に行き、梅を眺めた。向島百花園は、江戸期に360 本もの梅の木を植えて開園された花の公園で、早春の梅が一番の見所だ。一説には、梅が他の百花に先駆けて咲くことから「百花園」と名づけられたともいわれる。

そぞろ歩きに梅を愛でながら、ふたりはどんな会話を交わしたのか。

その後もすぐには別れがたく、上野へと向かった。上野の山下、不忍池のほとりにある西洋料理店「青陽楼」で夕食をとり、ようやく帰路についた。

文学のこと、病のこと、将来の夢と不安、恋愛のこと…ふたりの青年は青春の熱をもって、尽きることのない思いで語り合ったことだろう。後日、漱石が、《君を苦しむるは詩魔か病魔かはた情魔か 寄子規》という添書きを付して、

《花に酔ふ事を許さぬ物思ひ》

という一句を詠んだとき、その脳裏に浮かんでいたのは、この日の百花園でのひとときだったようにも思えるのである。

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『こぼれ落ちた一球 桑田真澄、明日へのダイビング』(日本テレビ)『石橋を叩いて豹変せよ 川上哲治V9巨人軍は生きている』(NHK出版)など多数。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア