サライ.jp

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

今日の四角は明日の三角にならないとも限らないし、明日の三角がまたいつ丸く崩れ出さないともいえない(『現代日本の開化』より)

漱石愛用の鐘型文鎮。書斎机の上で手紙を書く際にも、こうした文鎮が活躍したことだろう。写真/神奈川近代文学館所蔵

漱石愛用の鐘型文鎮。書斎机の上で手紙を書く際にも、こうした文鎮が活躍したことだろう。写真/県立神奈川近代文学館所蔵


【1913年3月8日の漱石】

今から103 年前の今日、すなわち大正2年(1913)3月8日、漱石は自宅で新聞を読んでいて、気になる記事を発見した。前日、強い風が吹き荒れ、各地で大きな火災が起こり、横浜でも200 戸余りが焼失したというのだった。

漱石は、被災地の近辺に住んでいる友人のことを思い出した。安否を気遣い、さっそくに一筆したためた。横浜・元浜町に住む渡辺和太郎への手紙だった。

《横浜大火の新聞で吃驚(びっくり)致し候。やけた処(ところ)をしらべて見るに元浜町と申す所見当たらず、やはり御無事と存(そんじ)候(そうら)えども地理不案内につき何所(どこ)まで焼けて来たか分らず、即ちこの見舞状を書(かき)たる訳に候》

もちろん、万一何かの被害があったりすれば、できる手助けはしようという気持ちも、漱石の胸の奥にはある。だからこそ書いている手紙である。

和太郎は横浜の渡辺銀行の御曹司。漱石より11歳年下で、漱石と同じ時期に、見聞を広めるためロンドンに滞在していた。

ロンドンにおける漱石の5番目の住まいとなったクラパム・コモン、ザ・チェイス81番地の下宿の先客であり、空室ができたときに漱石を同宿に招き入れたのもこの人であった。ふたりは、一緒に芝居見物に出かけたり、他の友人とともにその下宿で句会を開いたりもした。その後、渡辺和太郎は下宿を替え、明治35年(1902)1月1日には、その新しい下宿に漱石らを招き句会を開いている。その日、生まれた句。

《山賊の顔のみ明(あ)かき榾火(ほだび)かな》

《元日や遠き国より友来たり》

前者が漱石、後者が「太良」と号した渡辺和太郎の作。漱石の句は、ストーブを囲むようにして顔を火照らせている遠国からの旅人である自分たちを、野蛮な「山賊」にたとえるユーモアに包まれている。いずれにしろ、遥かな異境の地で、屠蘇の香りと雑煮の味に身悶えするような恋しさを感じながらの句作だったらしい。

帰国後も交流は続いていた。

互いの家を行き来し、漱石からは著作を進呈し、和太郎からは毎年暮れになると新巻鮭を送り届けるといった仲であった。

結局、和太郎の家は、この大火の被害を受けることはなく無事だった。手紙を受け取った和太郎は、漱石先生の心配りに、感謝したことだろう。

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

 文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』『漱石「こころ」の言葉』『文士の逸品』『石橋を叩いて豹変せよ』など。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア