サライ.jp

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

私は天寿の許す限り、奮励する心組みでいる(『点頭録』より)

リサイズ/3月7日配信/小宮豊隆(神奈川近代文学館)

前列左が漱石の古参の門弟のひとりである小宮豊隆。漱石亡きあと、その蔵書を自身が勤務する東北大学附属図書館へと収蔵し、漱石文庫をつくった。写真提供/日本近代文学館


【1909年3月7日の漱石】

今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)3月7日、漱石は門弟の小宮豊隆を漱石山房に迎え入れた。漱石山房とは、漱石が教職を辞して東京朝日新聞社に専属作家として入社した明治40年の9月から没するまでの10年間を過ごした家である。この日は、豊隆の誕生日だった。漱石の妻・鏡子は豊隆のために、赤飯と鯛の尾頭付きを用意して、お祝いの準備をしていた。

一方、豊隆のほうも、漱石の依頼で1冊の本を抱えてきていた。ロシアの作家レオニード・アンドレーエフの作品をドイツ語に翻訳したものだった。

このころ、漱石はドイツ語を勉強したいと思い立っていた。大学予備門(のちの一高)から大学時代にかけて、第2外国語としてある程度学んでいたものを、もっと向上させたいと考えたのである。そこで、ドイツ文学者でもある豊隆に相談したところ、購読の教材にふさわしいものとしてアンドレーエフ作品のドイツ語版を選び、持参してくれたのであった。

ふたりの間で相談がまとまり、漱石はこのあと、豊隆を先生にしたドイツ語の個人授業を受けていくこととなった。

この5日後の3月12日には、漱石は豊隆宛てにこんな葉書を書いている。

《アンドレーフをならいてより、急に独逸(ドイツ)語趣味が出た様なれば、この機に乗じて次の仕事に取りかかるまで大いに勉強仕度(つかまつりたく)、どうぞ日数を御ふやし下さい》

漱石このとき数え43歳。当時としては、十二分に熟年の域に入っている。漱石の、尽きることのない向学心を感じさせる逸話だ。漱石は没年となる大正5年に発表した評論『点頭録』の中でも、《力の続く間、努力すればまだ少しは何か出来る様に思う。それで私は天寿の許す限り(略)奮励する心組(こころくみ)でいる》と述べている。

ふと、同時代の陸軍軍人・秋山好古(あきやまよしふる)のことを想起する。好古は人間は死ぬまで働くべきものと思い定め、退官後、郷里・松山の無名の中学の校長をつとめた。それも6年余りつとめ、1日も休むことがなかったという。陸軍大将まで上りつめた人物としては、極めて異例のことだった。ちなみに、好古の弟・真之(さねゆき)は、正岡子規の少年時代からの友人で、一時、大学予備門(一高の前身)で漱石とも机を並べて学んだことがあった。

超高齢化社会を迎えている現代の日本。年をとってもむやみに老け込まず、漱石や好古の心意気を大いに見ならうべきなのかもしれない。

夏目漱石肖指定画像(神奈川近代文学館)720_141-02a

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

 文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』『漱石「こころ」の言葉』『文士の逸品』『石橋を叩いて豹変せよ』など。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア