サライ.jp

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

東京より日本は広い。日本より頭の中の方が広いでしょう(『三四郎』より)

漱石に対する、東京帝国大学文科大学講師嘱託辞令。明治36年4月15日付。宛て名は本名の「夏目金之助」となっている。写真/神奈川近代文学館蔵

漱石に対する、東京帝国大学文科大学講師嘱託辞令。明治36年4月15日付。宛て名は本名の「夏目金之助」となっている。写真/県立神奈川近代文学館所蔵


【1904年2月23日の漱石】

今から112年前の今日、すなわち明治37年(1904)2月23日の火曜日、東京帝国大学文科大学(現・東京大学文学部)の二十番教室は、講義開始時間の午前10時を前にして学生たちがひしめき合っていた。教室に入りきれず、聴講生を制限する事態にまでなった。

そこに書物の入った弁慶縞(べんけいじま)の木綿の風呂敷包を手にして現れ、教壇に立つのは、講師をつとめる夏目金之助、つまり夏目漱石、数え38歳であった。前の週の火曜、2月16日で漱石の『マクベス』の講義を終了した漱石は、次週から同じシェークスピアの『リア王』の講義を始めることを伝えていた。

漱石の新しい講義がスタートするということで、『マクベス』を題材にした講義の高い評判を耳にしていた他学部の学生までが、教室へつめかけていた。漱石の講義は、それほどオリジナルな魅力にあふれていた。漱石は学生たちにも、つねづねオリジナリティの大切さを説いていた。この翌年、東大英文科を卒業し、東大講師や中央大教授などを歴任した英文学者の松浦一(まつうら・はじめ)は、こう綴(つづ)っている。

《(夏目)先生は学生に向って、オリジナルなものを盛(さかん)に奨励せられた。ある問題をとらえて研究して行って、その結果がつまらないものという事が分つても、そのつまらないということを知るのも有益な結果を得た事になると、かつて教室で言われたのは、独創を尊ぶ先生の豪(えら)いところだと敬服して居る》(『「文学論」の頃』)

この当時、大学の教壇に立つ一流の学者でも、西欧の雑誌で紹介された論文を、そのまま講義の材料に使う人も少なくなかった。そういう時代でもあった。

こんなエピソードがある。のちに文藝春秋を興(おこ)す作家の菊池寛が京都帝大英文科に在学中、上田敏(うえだ・びん、文学者・評論家)の『文学概論』の講義を聴いた。上田敏はその時、「文学というのは作者と読者の共同作業である」と説き、菊池寛はいたく感銘を受けた。数日後、所用があって教授室に行った菊池寛は、上田敏の机の上にイギリスの文学雑誌があるのを見つけ、なにげなく手に取った。英語が得意だった菊池寛は、その文学雑誌をすらすらと読み進めていくと、そこにはなんと、先日の菊池を感動させた講義と同じ内容が書かれていた。

上田敏ほどの文学者で、しかり。漱石先生は、次代を担う日本の若者には、西洋の模倣から脱した独自性の発想や構築を強く期待していたのである。

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

 文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』『漱石「こころ」の言葉』『文士の逸品』『石橋を叩いて豹変せよ』など。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2021年
2月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品