新着記事

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

夏目漱石、病魔と闘う親友・正岡子規に大きな金柑を送る。【日めくり漱石/2月6日】

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

生まれぬ先を思え。死んだ後を考えよ(『愚見数則』より)

漱石一家が暮らした熊本・内坪井町の旧居。第一子となる長女の筆子はここで生まれ、庭の井戸で産湯をつかった。写真/神奈川近代文学館蔵

漱石一家が暮らした熊本・内坪井町の旧居。第一子となる長女の筆子はここで生まれ、庭の井戸で産湯をつかった。写真/県立神奈川近代文学館所蔵


【1900年2月6日の漱石】

今から116年前の今日、すなわち明治33年(1900)2月6日、漱石は熊本にいた。英語教師として熊本へ赴任してきて、まもなく丸4年を迎えようとしていた。内坪井町の自宅には、生後8か月の長女・筆子がいる。新婚当初は不慣れな田舎の生活に戸惑うばかりだった漱石の妻・鏡子も、ようやく落ち着いてきていた。漱石は、なかなかの子煩悩。よく赤ん坊の筆子を膝の上にのせて可愛がり、「もう17年たつと、これが18になって、俺が50になるんだ」と、ひとりごとのように呟いていたという。

この日、東京・根岸の正岡子規のもとに、漱石から大きな金柑(きんかん)が届いた。子規はもともとが果物好き。その大きさだけでも、見たら喜ぶはず。そう思って漱石が熊本から送ったものであった。漱石の脳裏には、友の驚き喜ぶ顔がありありと浮かんでいた。金柑は、喉や咳に薬効があるともいわれる。病を抱えた子規の体のために、多少なりとよい働きがあればいいな、との思いもあっただろう。子規の病勢は、時とともに進んでいた。

漱石からの金柑が届き、子規は12日の夜、病臥しながら礼状をしたためた。

《金柑御送被下(おおくりくだされ)候由(よし)ノ御手紙に接シ何事カト少シ怪ミ候処、大金柑ニ接シ皆々驚キ申候。鳴雪翁ヒネリマハシテ見テ曰ク、ドウシテモ金柑ヂヤ外ノ者ヂヤナイ。(略)小生曰ク、コノ金柑ヲ寒イ処ヘ植ルト小サクナルノデアロウ。皆々曰ク、マサカ》

病床の子規を慕って子規庵に集う仲間たちが、漱石から届いた大きな金柑を囲んで、楽しく会話を交わしている様子が目に浮かんでくる。書きながら、子規の胸にはこみ上げるものがあって、礼状はいつか長い手紙になっていった。

《今年ノ夏、君ガ上京シテ、僕ノ内ヘ来テ顔ヲ合セタラ、ナドヽ考ヘタトキニ泪ガ出ル。ケレド僕ガ最早(モハヤ)再ビ君ニ逢ハレヌナドヽ思フテ居ルノデハナイ。シカシナガラ君心配ナドスルニ及バンヨ。君ト実際顔ヲ合セタカラトテ僕ハ無論泣ク気遣ヒハナイ。空想デ考ヘタ時ニ却ツテ泣クノダ》

漱石が受け取った手紙は、子規の涙でところどころが滲んでいた。それを読む漱石の目にも、思わず涙が浮かぶ。
子規から筆子の初節句のために、三人官女の雛人形が送られてきたのは、この少し後のことであった。

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

 文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』『漱石「こころ」の言葉』『文士の逸品』『石橋を叩いて豹変せよ』など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP