新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

夏目漱石、帝大で講演するも、親友・正岡子規の姿がないことに気づく。【日めくり漱石/1月29日】

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

学問をする人、教育を受ける人が、何かに打ち当るまで行くということは、生涯の仕事としても、必要じゃないでしょうか(『私の個人主義』より) 

英文科学会記念撮影。明治27年6月、上野不忍池畔にて。後列左から二人目が漱石。この時期の漱石は、大学から大学院へと進む一方で高等師範学校の教壇に立つなど、過渡期にあった。神奈川近代文学館蔵

英文科学会記念撮影。明治27年6月、上野不忍池畔にて。後列左から二人目が漱石。この時期の漱石は、大学から大学院へと進む一方で高等師範学校の教壇に立つなど、過渡期にあった。写真/神奈川近代文学館蔵

 

【1893年1月29日の漱石】

今から123年前の今日、すなわち明治26年(1893)1月29日、数え27歳の漱石は積雪をおかして、外神田の青柳亭へと向かった。そこで、夕刻4時30分から帝国大学英文学談話会の例会が催されるのだった。

大学3年の漱石はこの日、会の席上、『英国詩人の天地山川に対する観念』というテーマで講演を行なった。18世紀末から19世紀初頭のイギリスの詩人を俎上(そじょう)にのせ、

《「クーパー」の自然主義は濁世(じょくせ)に身を処し難きが為に起り、「ゴールドスミス」の自然主義は賦性(ふせい)の恬淡(てんたん)なるに基づき、「バーンス」の自然主義は天稟(てんぴん)の至情に根し、「ウォーヅウォース」の自然主義は一隻の哲理的眼孔を具したるに因る》などと述べ、個々の詩作品と自然観を読み解いていくという優れた内容だった。

講演は皆の注目を集め、この後、3月から6月にかけて『哲学雑誌』に分載されることになる。

しかし、この日、漱石がもっとも講演を聞いてほしい相手はその場にいなかった。その相手は親友の正岡子規。子規はこの頃、日本新聞社で働きはじめていて、大学にはほとんど顔を見せていなかった。それでも、漱石の講演だけは聞きにきてくれるものと期待していたのだが、体調がすぐれず欠席したようだった。

漱石はその後、子規の体を心配して手紙を書いた。

《過日文学談話会へ出席仕候処(つかまつりそうろうところ)大兄御病気の趣にて御来駕無之(これなく)御風邪にても有之(これあり)候や 又は例の御持病にや 心元(こころもと)なく存候間(ぞんじそろあいだ)御容体一寸(ちょっと)相伺ひ申上候 随分御養生専一と奉存(ぞんじたてまつり)候》

 じつは、漱石の談話会当日、子規は大雪の中を一度は会場に向かった。ところが、会費の10銭を持っていないことに気づき、途中で引き返した。昨秋、郷里の松山から母と妹を呼び寄せ3人で構えた新世帯、新年からの物入りもあって、子規の懐中はひどく逼迫(ひっぱく)していた。寒さの中で無駄足を踏んだ影響か、その後、子規は風邪気味となり体調を崩してしまった。漱石に余計な心配をかけたくないので、子規はそんな経緯は報知していない。

金銭的にはけっして裕福でなくとも、友への情愛だけはたっぷりと胸にあふれる漱石と子規だった。

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

 
文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』『漱石「こころ」の言葉』『文士の逸品』『石橋を叩いて豹変せよ』など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP