サライ.jp

文/砂原浩太朗(小説家)

武田信玄や上杉謙信にはおよばぬだろうが、越前(福井県)の戦国大名・朝倉義景(1533~73)の名も、意外に知られているのではないか。織田信長をあつかった小説やドラマには、かなりの頻度で登場している。ただし、彼自身が大きく取りあげられた例はすくなく、たいていは信長に敗れ去った武将のひとりという扱い。だが、朝倉氏は戦国大名のはしりとして、ほぼ100年にわたって越前を統治した大族である。ただのやられ役であるわけもない。本稿では、信長の影に埋もれがちだった朝倉義景とその一族に、いまいちど光を当てたい。

戦国大名・朝倉氏の誕生

朝倉氏はもと但馬(兵庫県)を本拠とする一族だったが、南北朝の動乱に際し足利方へつく。斯波(しば)氏の配下として新田義貞を破るなどの軍功を挙げ、越前に所領をあたえられた。斯波家は尾張(愛知県)・遠江(静岡県)・越前3か国の守護として室町幕府で重きをなしたが、15世紀のなかば、家督相続をめぐって内紛をおこす。これが応仁の乱(1467~77)の一因となった。このいくさで武名をあげた朝倉孝景(1428~81)が主家を押しのけ、越前の実質的な国主となる。ここに戦国大名としての朝倉氏が誕生した。
彼の家訓とされる「朝倉孝景条々」(異称あり)が残っているが、「家柄でなく、その者の能力によって人材を登用せよ」「名刀に心を寄せてはならぬ。実戦では槍にかなわない」「家臣は城下に住まわせ、領地に城を築かせてはならない」など、きわめて合理的な精神に貫かれたもの。じつは後代の作という説も有力だが、下剋上の実践者として、孝景の風貌を髣髴とさせるのはたしかである。なお、朝倉氏の城下として有名な一乗谷(福井市)は彼が築いたものとされていたが、近年の研究では、すくなくとも数十年さかのぼることが明らかとなっている。

猛将・朝倉宗滴

義景以前の朝倉一族で知られているのは、孝景とその末子にあたる猛将・宗滴(そうてき。1474~1555)だろう。若いころ家督の継承をもくろみ、謀反に加担したこともあるが、土壇場で寝返ったのちは、終生宗家をささえる立場をくずさなかった。自国や隣国・加賀(石川県)の一向一揆と死闘を繰り広げるなど、生涯をいくさ場で過ごしたつわもので、名将として同時代の評価もたかい。彼もまた「朝倉宗滴話記」と称する談話をのこしており、城の攻め方、軍馬の飼い方、諜報戦の重要さなど、戦国武士の心得が具体的かつ詳細に述べられている。なかでも名高いのは、「武者というものは、犬と呼ばれようが畜生と呼ばれようが、勝つことが本分である」という一条。すさまじい覚悟というべきだが、これほどの人物が幕下にいたことは朝倉氏の幸運であったろう。むろん、宗滴ひとりの功績であるはずもないが、越前は戦国の世にあって、比較的安定した治世をたもったまま、孝景から5代目となる義景へ継承されたのである。

朝倉義景と信長の共通点

朝倉義景は父の死により、16歳で家督を継ぐ。当初は延景と名のっていたが、4年後、13代将軍・足利義輝(当時は義藤)から一字をたまわり、義景と改名した。目上の者から一字をいただく場合、諱(いみな。正式な名)のうち下の文字であることがふつう。たとえば、独眼竜・伊達政宗の父も義輝から一字をたまわっているが、名は「輝宗」である。この場合、「義」の字をさずけられたことからして、いかに朝倉氏が幕府から重んじられていたかが分かる。じっさい、義景の治世初期には名将・宗滴も健在で、越前は安定した政情と財力にめぐまれた大国だった。義景は文化人としての資質に富んでいたらしく、いくつもの秀歌をのこしている。また、京から招いた公家たちと、奈良・平安の世に盛んだった「曲水の宴」という催しをおこなうなど、古式に心をよせていた。

ちなみに、義景は織田信長よりひとつ年上にすぎず、完全に同世代といってよい。父の死によって、10代で家督を継いだところも似かよっている。付けくわえれば、斯波氏の家臣筋であるという点まで共通。それでいて、ふたりの生涯は結局おおきな隔たりを見せることとなった。
明暗が分かれたのは、15代将軍となった足利義昭への対応をめぐってということになるだろう。1565年、将軍義輝が家臣である三好・松永一党に襲撃され、落命する。出家していた弟の義昭はかろうじて逃れ、越前へ身を寄せた。将軍位をのぞむ義昭は、さかんに上洛をうながしたものの、義景は動こうとしない。一向一揆に悩まされていたこともあるが、おそらく彼に天下への野心はなく、領国が安泰ならそれでよいと考えていたのだろう。しびれを切らした義昭は越前をはなれ、織田家へ迎えられた。この仲立ちをしたのが、当時朝倉家へ身を寄せていた明智光秀だったとされる。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア