サライ.jp

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

風に聞けいずれか先に散る木の葉(『俳句』より)

東京・田畑の大龍寺に正岡子規の墓を詣でたときのことを綴った、漱石の未定稿『無題』。《水の泡に消えぬものありて逝ける汝と留まる我とを繋ぐ》と書き出される。神奈川近代文学館蔵

東京・田畑の大龍寺に正岡子規の墓を詣でたときのことを綴った、漱石の未定稿『無題』。《水の泡に消えぬものありて逝ける汝と留まる我とを繋ぐ》と書き出される。写真/神奈川近代文学館蔵

 

【1903年1月27日の漱石】

今から113年前の今日、すなわち明治36年(1903)1月27日、数え37歳の漱石は東京・田端にある大龍寺へ足を運んだ。目指す墓前にたどり着くと、線香を手向け手を合わせていく。

墓は一本の白木の角柱。「正岡常規墓」と書かれている。常規(つねのり)は正岡子規の本名である(通称は升/のぼる)。土葬のため、あたりは土が幾分か盛り上がっている。

「この下に子規が眠っている」

漱石はそこに子規の影を見る思いで、ぐるぐると周囲をめぐってみる。

子規と漱石は、一高在学中の数え21歳の頃から親密な交際をはじめた。ともに学び、ともに遊び、切磋琢磨し合ってきた。その親友が、漱石のロンドン留学中、明治35年(1902)9月19日に亡くなっていた。出立前からお互いに「もはや生きて会うことはできないだろう」と覚悟はしていた。その思いを抱きつつ、海を超えて手紙や絵葉書をやりとりしていた。漱石が子規の訃報を知るのは、帰国の船に乗るわずか10日ほど前だった。

「間に合わなかったか」

覚悟はしていても、2度と会えぬ親友の笑顔を思い浮かべれば、漱石の中に痛切の思いがよぎった。漱石はこの日の墓参のことを、こんなふうに綴っている。

《霜白く空重き日なりき 我西土より帰りて始めて汝が墓門に入る爾時(そのとき)汝が水の泡は既に化して一本の棒杭たり われこの棒杭を周る事三度 花をも捧げず水も手向けず只この棒杭を周る事三度にして去れり 我は只汝の土臭き影をかぎて汝の定かならぬ影と較べんと思ひしのみ》(未定稿『無題』)

漢文調の書き付けには、友の冥福を祈る経文のような響きさえ感じられるのであった。 

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

 

文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』『漱石「こころ」の言葉』『文士の逸品』『石橋を叩いて豹変せよ』など。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
12月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア