サライ.jp

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」

山嵐や坊っちゃんの如きものがおらぬのは、人間として存在しないのでなく、おれば免職になるからおらぬ訳に候(『書簡』明治39年4月4日より)

漱石が暮らした松山の愚陀仏庵の2階。後年、正岡子規が転がりこんできて、同居生活が繰り広げられることになる。神奈川近代文学館蔵

漱石が暮らした松山の愚陀仏庵の2階。後年、正岡子規が転がりこんできて、同居生活が繰り広げられることになる。写真/神奈川近代文学館蔵

 
【1896年1月16日の漱石】

今から120年前の今日、すなわち明治29年(1896)1月16日、数え30歳の漱石は愛媛の松山にいた。住まいは市内二番町八番戸、上野家の離れを借り「愚陀仏庵」(ぐだぶつあん)と名づけている。

中学教師として松山にきてから9か月が経っていた。東京を離れて暮らしてみて、自分は江戸っ子なんだということを漱石は改めてしみじみと感じ直していた。同じ日本でも、ところが変われば風習も違うし、言葉も違う。気候も人も異なる。ともすると、小さな摩擦や違和感が胸の隅に刺さるのである。

漱石は、東京・根岸にいる親友の正岡子規へ手紙を書いた。

《其後(そのご)御病勢如何(いかが) 可成(なるべく)書状を見合せられたし》

正岡子規はこの頃、ひどい腰痛に悩まされ、床に伏せることが多くなっていた。それが単なる腰痛でなく、結核菌によって脊髄を蝕まれたカリエスによるものであることは、まだ本人にも周囲にもわかっていない。

子規も漱石と同じく手紙好きだが、長い手紙を書くのはそれなりに体力を消耗する。だから、手紙を書くのも控えめにするようにと進言してみた漱石なのだった。そのあとにこぼれ出る漱石の本音は、《小生依例如例(れいによって、れいのごとく)日々東京に帰りたくなるのみ》。

松山は正岡子規の生まれ育った故郷。その子規が今、東京にいて、自分は松山にいる。漱石先生、一層の寂しさのようなものがこみ上げてくるのだった。

漱石は、中国・六朝時代の東晋の詩人である陶淵明(とう・えんめい)の全集を開いた。冬休みに帰京した際に、学生時代の友人・米山保三郎からもらったものだった。淵明の漢詩を声に出して読むのが、この頃の漱石の大いなる慰(なぐさ)めだった。この日、室内に響いたのは、きっと、『帰去来の辞』のこんな一節だったかもしれない。

《雲は無心に以て岫(くき、山の洞穴のこと)を出で、鳥は飛ぶに倦(あ)きて還るを知る…》

できることなら、雲や鳥のように、自由に空を飛んで東京に帰りたいと思う漱石先生なのだった。

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

 
夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』『漱石「こころ」の言葉』『文士の逸品』『石橋を叩いて豹変せよ』など。

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
8月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア