新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

夏目漱石、小泉八雲との思わぬ不思議な縁に驚く。【日めくり漱石/1月11日】

『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら文豪の素顔が見える逸話を取り上げ、小説、随筆、日記、書簡などに綴った「心の言葉」とともに毎日お届けします。


■今日の漱石「心の言葉」
 人間は自分だけを考えるべきではない。少しは人のために何かしなくっては心持のわるいものだ(『それから』より)

小泉八雲(1850~1904)。『知られぬ日本の面影』『怪談』などの著作を通して日本の文化を海外へ紹介した。松江市/小泉八雲記念館蔵

小泉八雲(1850~1904)。『知られぬ日本の面影』『怪談』などの著作を通して日本の文化を海外へ紹介した。写真/小泉八雲記念館蔵


【1913年1月11日の漱石】

今から103年前の今日、すなわち大正2年(1913)1月11日の午後、数え47歳の漱石は、前夜にしたためた1通の手紙を投函した。

宛先は、俳人で金沢第四高等学校教授の大谷正信。正信から漱石のもとに数日前、正信の著書『滞英二年 案山子(かかし)日記』が送られてきていた。その巻頭に《此書を恩師故小泉八雲先生の霊に捧ぐ》という献辞があった。正信は生まれ故郷の松江で、わずかながら八雲の薫陶にふれていた。

正信が著書に記したこの献辞を見つけ、漱石の胸には響くものがあった。

漱石と小泉八雲の間には、ちょっと不思議な縁がある。漱石は30歳の頃から4年間、熊本の第五高等学校で教鞭をとったが、八雲も漱石が赴任する2年前まで同じ五高に在籍していた。また、ロンドン留学から帰国した漱石は、ほどなく東京帝国大学・英文科の教壇に立つが、その前任者も八雲だった。

八雲は漱石より17歳年長。日本文化の研究者としても国際的に認められた存在だった。一度口を開けばたちまち教室全体を詩的空気に包み込み酔わせてしまうような八雲の講義は、学生たちを魅了していた。そのため、後任の漱石に対し、はじめはいわれのない反発心を見せるような学生もいたらしい。漱石にとっては、とんだとばっちりだった。

だが、そんなことに巻き込まれ、ものごとの本質を見失う漱石先生ではない。漱石が投函した正信宛の手紙には、こう綴られていた。

《巻頭の小泉先生へのデヂケーシヨンは甚だ結構に候。いまだ日本の著書にて八雲先生に捧げたものは一つも無之(これなく)大いに嬉しく存候》

ギリシア生まれの英国人でありながら、日本文化の研究と紹介に高い業績を遺した八雲を、漱石はきちんと評価し、尊敬の念をも抱いていたのである。 

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

夏目漱石(1867~1916)江戸生まれ。帝国大学文科大学(現・東京大学)英文科卒。英国留学、東京帝大講師を経て、朝日新聞の専属作家に。数々の名作を紡ぐ傍ら、多くの門弟を育てた。代表作『吾輩は猫である』『坊っちやん』『三四郎』『門』『こころ』など。家庭では鏡子夫人との間に7人の子を儲けた。写真/県立神奈川近代文学館所蔵

夏目漱石に関する資料を数多く所蔵する県立神奈川近代文学館は、漱石没後100年を記念して文豪の作品世界と生涯を展覧する特別展「100年目に出会う 夏目漱石」を開催する。会期は2016年3月26日(土)~5月22日(日)、開館時間は9時30分~17時(入館は16時30分まで)、観覧料は700円。

県立神奈川近代文学館
住所/横浜市中区山手町110
TEL/ 045-622-6666
休館/月曜(5月2日は開館)
神奈川近代文学館の公式サイトはこちら 

神奈川近代文学館外観_2

横浜港を一望できる緑豊かな「港の見える丘公園」の一画、横浜ベイブリッジを見下ろす高台に立つ神奈川近代文学館。夏目漱石に関する資料を多数所蔵する。

 文/矢島裕紀彦 
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』『漱石「こころ」の言葉』『文士の逸品』『石橋を叩いて豹変せよ』など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

PAGE TOP