サライ.jp

文/安田清人(歴史書籍編集プロダクション・三猿舎代表) 

これまで、NHK大河ドラマでは15の作品で明智光秀が登場した。
なかでも一般的な光秀のイメージ——実直で神経質でインテリで——ともっとも近かったのは『国盗り物語』(1973年)の近藤正臣演じる光秀だろう。
この「近藤光秀」が打ち出した「悩める光秀像」は、一つのフォーマットとなるほど印象的だった。

しかし、その29年後、「近藤光秀」のフォーマットを塗り替えるような新しい光秀が登場した。『利家とまつ』(2002年)で、ショーケンこと萩原健一が演じた光秀だ。

『利家とまつ』は、前田利家とその妻「まつ」の二人が主人公という異色の作品で、その主人公に唐沢寿明と松嶋菜々子という、人気絶頂の若手俳優・女優を起用したことや、松嶋と結婚したばかりの、これも学園ドラマなどで人気を確かなものとしていた反町隆史を主人公夫婦の上司である織田信長役に起用するなど、世間の話題を集める要素が「これでもか」とばかりに盛り込まれていた作品だった。

光秀に触れる前に、信長に触れておこう。反町演じる信長は、いかにも信長然とした威厳と狂気、才気と非情がないまぜとなったイメージをしっかり押さえながら、どこか人間臭い、「やさしさ」を随所に漂わせる人物造形だった。

反町隆史が演じた洋装の信長。

脚本を担当した大ベテランの竹山洋は、反町の信長を「やさしさが加わった今までにない信長像」と語っている。ドラマのタイトルが夫婦セットとなっていることで明らかなように、竹山は『利家とまつ』を単なる英雄譚として描くのではなく、その背後にある夫婦、家庭の実像にしっかりと目を向けることで、書割りの英雄に新たな血を通わせようとしたのだと思う。

信長の「やさしさ」は、作り手の思いつきではない。豊臣秀吉は、その妻である「おね」とセットで、『利家とまつ』でも重要なパーツの一つだった。
その秀吉の女癖の悪さに閉口した「おね」が夫の不満を漏らしたところ、それを聞きつけた信長が、「おね」をなぐさめかつ諫めるという、実に気配りのきいた心憎い手紙を書いて送っている。「お前ほどの女に、あの秀吉が二度と巡り合うことはないのだから、短気を起こしてはいけないよ」。これは、ドラマの演出ではない。史実なのだ。

軍事カリスマ、専制君主、恐怖の大魔王……と、信長を形容する毒々しい言葉はいくらも目にするが、その一方で、家臣の奥さんに直にやさしい手紙を書いてやる。おいおい信長、まるで「理想の上司」じゃないか。反町信長の「やさしさ」は、おそらくこうした実話を下敷きにしたものだろう。

ドラマでも小説でも、歴史上の人物を描くとき、「まったく新しい〇〇像」を標榜する例がしばしば見られる。しかし、既存の人物像(イメージ)の逆を行くだけの薄っぺらな「逆張り」では、説得力を持つことはできない。

制作陣の「新たな人物像を俺が造った」という功名心が透けて見えて、辟易する場合さえある。しかし、『利家とまつ』の信長像は、従来のイメージをしっかり消化しつつ、史実に立脚した新たな解釈を付与することで「やさしさをはらんだ信長」「血の通った信長」を魅力的に描くことができたのだ。フィクションはフィクション。しかし実在の人物を題材とするフィクションの場合、やはり「事実」から抽出した要素は、フィクションのなかで独特の「強さ」を発揮するものだ。

●信長に もの申す光秀の新しさ

『利家とまつ』(2002年)は、反町隆史演じる信長を通して、「やさしさをはらんだ」「血の通った」信長像を打ち出すことに成功した。問題は明智光秀だ。信長が、そのような新しさをまとった信長である以上、近藤正臣演じる「悩める光秀像」以来の伝統(?)をなぞるような光秀では満足できない。説得力がない。

おそらく脚本の竹山洋も、光秀演じるショーケンこと萩原健一も、そう思ったのではないだろうか。もちろん、理知的・内向的・冷静沈着という光秀像は押さえておかなければ、歴史好きの視聴者は説得できない。そこで彼らが作り上げた光秀像は、信長に対し「引かず」「おびえず」「もの申す」光秀だった。

天正10年(1582)、強敵の武田氏を滅ぼした織田軍が、軍議を開く。その席上、武田の家臣だった優秀な武将たちをスカウトして召し抱えようとしている徳川家康を光秀が批判する。武田の軍勢は一兵残らず、根絶やしにしなければならない。武田を滅ぼすまでの、われらの苦労は並大抵ではなかった。われわれが、武田にどれだけ苦しめられたか!

これを聞いていた信長、顔色が変わる。
「光秀! そちがどのような苦労をしたというのだ。申してみよ」
「はっ、私は、その……」
「天下布武のため、そちがしたことは何か、申せ!」
席を立って扇子を床にたたきつける信長。光秀を蹴り倒す!
まさに「ガクブル」な状況だ。光秀、恐れおののき詫びを入れるか……。
いや、「ショーケン光秀」、体勢を立て直し、信長の目をじっと見据えて返答します。

我慢ならずに光秀をぶん殴る信長。

「足利義昭様をお迎えし、御屋形様のご上洛をお手伝いし、また畿内を安定させ、丹波も御屋形様にお収めしましたっ」
「そちがしたこと」を聞かれて、ちゃんと答えてしまっている。しかも理路線然と。
感情的になっている上司に、理屈で返しても逆効果。まずは辞を低くして上司の怒りのスイッチがどこにあるのかを見極めるべし、という「サラリーマン処世術」を知らんのか、光秀。

当然、信長の怒りに油を注ぐ。
「恩着せがましい!」
光秀の首根っこをつかんで床に押し付ける信長、秀吉の中国地方での活躍ぶりを例に挙げて、光秀を難詰。「たとえ一言でも、自分が苦労したなどというな!」。間髪を入れず顔面パンチをお見舞いする。
光秀、絶体絶命。しかし、すっかり目が座っている「ショーケン光秀」、憤然として言い返す。

「恐れながら申し上げます! 天下人が、このようなお振舞いをなされてはなりません。これこそ、御屋形様が仰せになられる天の道、天道にかなわぬお振舞いかと存じ上げます!」
凍り付く織田家臣一同。憤怒の形相に困惑の色が浮かぶ信長、しばし間をおくと踵を返して部屋から出て行ってしまった。

あろうことか「ショーケン光秀」、信長を論破してしまったではないか。
怒りをあらわにする「血の通った」信長よりも、感情を排した冷たい目で見つめ返す光秀の方が、明らかに狂気をはらんでいて「怖い」のだ。そのコントラストが、のちの本能寺の変を予感させていることは言うまでもない。

新しい信長像に見合う、新しい光秀像を作ろうという製作スタッフの明確な演出プランがなければ、もしかすると「ショーケン光秀」は単なる奇矯な光秀になっていたかもしれない。同時に、信長に一歩も引かずに「もの申す」光秀は、萩原健一という俳優の独特のキャラがあって成立したものでもあるだろう。そのショーケンは、2019年3月に亡くなった。実に惜しい。

『利家とまつ』が打ち出した信長と光秀は、歴史上の人物を「新たな解釈」で描くためには何が必要かを、示唆してくれているような気がする。

イラスト/和田聡美

安田清人/1968年、福島県生まれ。明治大学文学部史学地理学科で日本中世史を専攻。月刊『歴史読本』(新人物往来社)などの編集に携わり、現在は「三猿舎」代表。歴史関連編集・執筆・監修などを手掛けている。

 

 

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
7月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア