新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|首塚から出土した大量のしゃれこうべが伝える戦国時代の悲劇

久方ぶりの本格戦国大河ドラマ『麒麟がくる』。主人公は明智光秀だが、ドラマのヒロインは、光秀のいとこで織田信長の正妻になる帰蝶(濃姫)と思いきや、そうではない。
実は、門脇麦が演じる戦災孤児・駒がヒロインなのである。

多くの合戦が繰り広げられた戦国時代は、庶民にとっては、日本の歴史の中でもっとも過酷な時代だった。『麒麟がくる』で描かれる戦災孤児・駒の動向は、一見勇壮な時代だと勘違いされる戦国時代の現実を照射する。

戦国時代はどれほど過酷な時代だったのか? 『信長全史』(小学館)に所収されている〈日本史上もっとも不幸だった戦国時代〉を再録する。

* * *

戦国期の民衆は、合戦が起こると寺社や山林などに一時避難したが、より安全を求めて領主の城郭に避難することもあったという。

城郭避難の過程を見よう。まず民衆は、家財を土に埋める。戦禍から財産を守るためだ。そして、家族を連れて城に向かうが、城内で食料が支給される保証はなかったので、食料は持参だったという。

こうして多くの人間が城内に集まると、食糧不足と不衛生な環境が生まれやすく、疫病が蔓延する危険がある。疫病対策として、衛生面では、とくに糞尿処理に注意が払われた。北条家の浜居場城では「人馬の糞尿は毎日城外へ出し、遠矢で届く範囲に捨ててはならない」という城掟もあったほどだ。

もし、敵が城まで攻めてくると、民衆も武器を手に戦った。後述するように、合戦では人さらいなどの略奪がつきものだったので、民衆も必死で抵抗したのだった。

●敗者の領民を「乱取り」で奪うのは権利だった!?

どうやら、戦国時代の合戦は、一騎討ちや、兵法を駆使した集団戦など、華々しい戦闘が主流ではなかったようだ。その大半は、相手国に侵入して、収穫時の稲を刈り取り、民家の家財や人間を奪う集団的な略奪行為だった。

戦争の慣行として行われた略奪行為は「苅田」や「乱取り」と呼ばれた。寺社内など、場所や状況よっては領主が略奪を禁じたケースもあるが、当時の感覚からすると、乱取りなどの略奪行為は兵士の当然の権利であり、雑兵たちにとっては給料そのものだった。

雑兵には、次男、三男以下が多い。当時の家族制度では家を継げなかった彼らにとって、戦場は財をなす稼ぎ場であり、食いつなぐための場でもあった。積極的に戦場に赴く者も多かったという。

●領民も覚悟していた!? 合戦後の人身売買市場

戦勝国の兵士たちは、乱取りで生け捕った人間を自国に持ち帰ると、人身売買の市場で売り払うことも珍しくなかった。

一方、売られた人間は、彼らの親類が買い取ることもしばしば。つまり、身代金を払って、誘拐された家族を取り返したのだった。

人身売買市場が成立する以上、とくに雑兵たちからすれば、戦場では命を賭けて戦うよりも、略奪に集中したほうが得だ。また、敵を殺すよりも、生け捕りにして売り払ったほうが財産になる。
当時の合戦の実態が集団略奪だったのもうなずける。この種の合戦の目的は、大名から雑兵まで同じだった。ただ敵を殺すのではなく、自らが豊かになることだ。

首塚と呼ばれるものが各地に散在するが、その約八割が合戦で命を落した人の胴から斬り落とされた首を埋葬したものだという。

梁瀬八幡平首塚 昭和6年(1931)に偶然発見された群馬県安中市の150体もの頭骨が積まれていた。

梁瀬八幡平首塚 昭和6年(1931)に偶然発見された群馬県安中市の150体もの頭骨が積まれていた。

「敵の首級をあげる」ことはすなわち軍功であり、恩賞に直結していた。合戦後にはおびただしい数の首が集められ、大将による首実検が行なわれた。そこで名のある武士の首とわかれば曝されるなり、塩漬けにされて運ばれるなりしたが、名もない雑兵の首は一緒くたにされて埋められた。

梁瀬八幡平首塚には、別の場所から改葬されたと考えられる下あごのない頭骨も積まれている。武田軍の攻撃で安中城が落城するなど、戦国期に多くの合戦があった。

梁瀬八幡平首塚には、別の場所から改葬されたと考えられる下あごのない頭骨も積まれている。武田軍の攻撃で安中城が落城するなど、戦国期に多くの合戦があった。

発掘調査で土中から現れた頭蓋骨には、刀傷があるものや、槍で突かれた穴のあるものなど、合戦の痕跡が残るものが多い。だが一方で、女性や子供の骨が見つかることも珍しくない。合戦の混乱の中では、戦闘員である武士以外の民衆からも多数の犠牲者が出たことが窺えるのだ。

天正8年に武田軍と小田原北条軍が激突した沼津千本浜からも大量の頭骨が出土した。

天正8年に武田軍と小田原北条軍が激突した沼津千本浜からも大量の頭骨が出土した。

中には一族郎党の集団自決を思わせる骨群もあり、地獄絵図と化した合戦の実態を今に伝えるのである。

※本記事の写真はいずれも『信長全史』所収のものです。

  1. 迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

    「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

  2. 『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

    【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

  3. 金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

    信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

  4. 『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

  5. 初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

  6. 『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

  7. 〈神君〉〈大権現様〉と称された徳川家康

    大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|〈鳴かぬなら~〉信長、秀吉、家康とホトトギスの歌に秘められた「徳川史観」の印象操作

  8. 天正8年に武田軍と小田原北条軍が激突した沼津千本浜からも大量の頭骨が出土した。

    大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|首塚から出土した大量のしゃれこうべが伝える戦国時代の悲劇

  9. 岐阜県可児市の明智城跡を取材中の藤田達生氏(2019年7月)。

    『麒麟がくる』をもっと楽しむための「本能寺の変論」 の集大成|元『歴史読本』編集者が、20数年来の軌跡から推薦するこの一冊

  10. 冷酷で残虐な側面がある一方で慈悲深さもあわせ持っていた信長。 (名古屋市緑区の桶狭間古戦場公園に立つ信長銅像)。

    【専門医が分析した信長の深層心理】 織田信長の「憎悪」「嫉妬心」は、カインコンプレックスが原因だった!

  11. 川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

    大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

  12. 明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

    光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

  13. 京都慈眼寺蔵の「黒い光秀像」は、『麒麟がくる』放映で人気を集めそう。

    【今から待てない『麒麟がくる』!】大河対談第三弾|将軍義昭が策謀した「信長包囲網」と武田信玄の死

  14. 本能寺の変発生当時、光秀がもっとも恐れた柴田勝家は、魚津城(富山県)で上杉軍との攻防を続けていた。魚津城落城は本能寺の変当日だった。

    大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート|秀吉よりも柴田勝家対策を優先――。本能寺の変、明智光秀最大の誤算

  15. 『明智光秀伝』の取材で訪れた岐阜県山県市で(写真右が藤田達生氏)。斎藤道三と土岐氏の激しい戦闘での犠牲者を供養する「戦死六萬墓」前で郷土史家・西村覚良さんの説明を聞く。

    【今から待てない『麒麟がくる』!】〈新刊 書評〉特別リポート|元『歴史読本』編集者が、20数年来の軌跡から推薦するこの一冊

  16. 織田家発祥の地と伝わる福井県越前町に立つ織田信長像

    大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート|本能寺の変の背景で暗躍した近衛前久の末路

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。 「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変…
  2. 『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。 【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に…
  3. 金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。 信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞…
  4. 『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。 【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに…
  5. 初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。 【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本…
PAGE TOP