新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

リポート/西村覚良(岐阜県山県市在住の郷土史家)

大河ドラマ『麒麟がくる』前半の舞台・美濃(岐阜県)では、光秀にかかわる多くの伝承が残されている。そのため、岐阜県内だけで、恵那市、可児市、岐阜市の三市に「大河館」が設置されるなど盛り上がりをみせている。ここでは、岐阜市内から車で約30分、斎藤道三と戦い、敗れた名門・土岐氏最後の城・大桑城があった山県市を紹介したい。地元の郷土史家・西村覚良さんによるリポートをお届けする。

西村覚良さん(右)は山県市在住の郷土史家。『岐阜県史』などの編纂にも携わった。三重大教授・藤田達生氏の『明智光秀伝』取材旅行の際には、同行して解説いただいた。

西村覚良さん(右)は山県市在住の郷土史家。『岐阜県史』などの編纂にも携わった。三重大教授・藤田達生氏の『明智光秀伝』取材旅行の際には、同行して解説いただいた。

* * *

岐阜県山県市中洞の白山神社に隣接した高台に、本能寺の変で織田信長を攻め殺した明智光秀の墓が祀られている。地域の人たちは、美濃源氏土岐氏の家紋・桔梗に因んで「桔梗塚」と称して、毎年4月と12月に供養祭を勤めている。

この桔梗塚は、山県市役所の東を通る国道256号線を北東に約4km程進み、長良川の支流武儀川を渡った山間のところに位置している。武儀川沿いの村々は、古代から紙漉きを行なっていたといわれ、とりわけ中世においては日本屈指の和紙生産地となっていた。
ここで漉かれる紙は、京都の公家や寺院にとって垂涎の的であったといわれる。市役所から真北を望むと約3kmの所に、後述する古城山(407.5m)が見える。

この地の桔梗塚に関わって、明智光秀が「本能寺の変」後も生き延びて関ヶ原の戦いに参陣しようとしたことを始め、この中洞で光秀が美濃国守護土岐氏の嫡孫として誕生したこと、可児市に所在する明智城主明智氏の元へ養子して明智光秀と名乗ったことなどが伝えられている。

明智光秀の誕生

1526年(大永6)8月15日光秀は、第8代美濃国守護土岐成頼の四男・基頼と中洞の豪族中洞源左衛門の娘お佐多(後に松枝)の子として、美濃国武儀郡中洞村(現:山県市中洞)古屋敷で生まれた。

光秀を身ごもった時母・お佐多は、「天下に将たる男子か、秀麗なる女子かを授けたまえ」と、武儀川の岩の上で水垢離をして願ったと云われている。この岩は「行徳岩」と名付けられ、今も清流の中にあって母の願いを留めているようである。なお、光秀が生まれた時に使われたという産湯の井戸は、中洞の古屋敷に隣接する白山神社鳥居の前に井桁の枠組みが往時を偲ばせてくれる。

光秀出生の伝承にまつわる行徳岩。

光秀出生の伝承にまつわる行徳岩。

光秀産湯の井戸

光秀産湯の井戸

光秀が生まれる前の1490年代から1520年代(明応・永正・大永)頃の美濃国は、守護代を始め尾張・越前・近江の国々を巻き込んで守護職の相続争いが絶えなかった。

明応年間には、守護土岐成頼が四男基頼に守護を継がせようと「舟田合戦」や「城田寺合戦」をおこしたが、結果長男政房との相続争いに負け、1495年(明応4)第9代守護は土岐政房が補任されることになった。そこで基頼は隠棲せざるを得なかったのである。

ついで永正年間には、土岐政房から土岐頼武に相続する時も権力抗争が激しくなり、1519年(永正16)土岐頼武が第10代美濃国守護になったものの、「永正の内訌」と云われる守護が越前などへ避難しなければならないなど、政治的に不安定な時期となってしまっていた。

さらに、1525年(大永5)6月、光秀が生まれる前年には、後に「濃州錯乱」と称されるようになる、長井一族が土岐守護家や斎藤守護代家を山中に追放するという事件が勃発した。長井一族には後の斎藤道三の父、長井新左衛門尉が新しい勢力として台頭していたのである。ちなみに、守護家や守護代家が避難した山中は明らかになっていないが、先に述べた武儀川流域の紙漉き地帯を中心に、西は土岐氏の菩提寺・南泉寺が所在する大桑村から、東は守護代斎藤氏が代々再興庇護してきた汾陽寺が所在する谷口村(現:関市谷口)一帯ではないかと想像できよう。

時を経て光秀が7才になった1532年(天文元)、父基頼が病死した。それまでの間、恐らく父親から誉れ高い美濃源氏の棟梁・土岐氏のこと、守護家累代のこと、桔梗一揆のことなど、土岐一族の文武両道に秀でた武士・武者の生き方を薫陶されたと思う。また、後の大桑城を仰ぎ見ながら、南泉寺の開山・仁岫宗寿から、時代を生き時代を創る人間の生き方を学んだに違いない。

土岐基頼の死去により、基頼の遺託を受けた祖父の中洞源左衛門は、光秀を美濃国可児郡の明智城(現:可児市瀬田長山)に伴い、明智光綱に預けることにした。その後光秀が11歳の時、1536年(天文5)、正式に明智光綱の養子となり、明智光秀と名乗った。明智光秀の誕生である。

山崎の戦いで死去したのは影武者である

1582年(天正10)、6月1日総大将明智光秀・56才は1万3000人の手勢を率いて、丹波亀山城を出陣。美濃出身者では、美濃国守護代家の流れの斎藤利三や中洞の隣村出身の恩田孫十郎らが従った。6月2日未明、本能寺を急襲し織田信長を討ち取ることが出来たが、光秀には誤算もあった。

光秀は、備中高松城攻めから大返しで戻ってきた羽柴秀吉と、6月13日天王山(現:京都府大山崎町)において激突することになった。「山崎の戦い」では光秀軍1万6000人の軍勢に対して、秀吉軍は4万人余り.光秀軍は次第に敗戦の色が濃くなった。

その時、武将の一人・荒木山城守行信が、「明智日向守光秀の影武者になること」を願い出た。そこで光秀はやむなく生まれ故郷・美濃国武儀郡中洞村に落ち延びることにした。
そして光秀は、荒木の忠誠心に深く感謝し、この事実を子孫に伝えるため、荒木の「荒」と恩義を深く感じての「深」を名字にして、「荒深小五郎」と名乗り隠棲した。

なお、影武者となった荒木信行は残党狩りにあい山崎の竹藪で竹槍に刺されて死去。この事をもって、世間では「明智光秀の三日天下は終わった」といわれている。しかし荒深小五郎(明智光秀)は中洞で生きていたのである。

月日がたって1600年(慶長5)9月、東軍・徳川家康と西軍・石田三成が、美濃国不破郡関ヶ原(現:岐阜県関ヶ原町)で、天下分け目の激戦が始まる気配となった。
そこで荒深小五郎は早速徳川家康に味方するため、村人と共に軍備を整え中洞から関ヶ原に向けて出陣した。途中には根尾川など大河を渡らなければならず、洪水に遭遇して荒深小五郎は馬もろとも溺れ死んでしまったのである。享年75才の生涯であった。

従軍した村人は明智光秀の遺体を中洞へ迎え、弔い、塚を築いた。

そして光秀は美濃源氏の棟梁・土岐氏の生まれであることから、その塚は誉れ高い桔梗紋に因んで「桔梗塚」と名付けられた。「桔梗塚」の近くには、光秀が信仰した白山神社と光秀の母が建立した阿弥陀堂があることから、この2か所で4月と12月の2回、荒深姓の人達が中心となって地域の人達が「明智光秀公供養祭」を続けている。

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

「本能寺の変」の後も、明智光秀が姓名をかえて中洞で隠棲していたこと、関ヶ原の戦いに徳川家康に味方して出陣したが途次で大河の洪水で溺れ死んだことなどを、尾張藩士・天野信景が1709年(宝永6)年頃の随筆集『塩尻』に記述していた。

本文の中では、隠棲時の姓名は「荒深小五郎」でなく「荒須又五郎」となっているが、「明智光秀宛の織田信長感状」を見せながら、不立という中洞に住む禅僧から聞いたとしている。そして筆者天野は、「ひそかに逃れ隠れるということはままあること」と、この生存説を「異説」としている。

江戸時代の中洞村始め近隣の岩佐・谷口・佐野など武儀川流域などの美濃和紙生産地域は尾張藩の領地で、尾張藩は度々領地内の田畑・戸口・寺社・特産品などを調査していた。後年になってまとめられ地方史研究に活用されている『濃州徇行記』や『岐阜志略』なども、尾張藩の藩士が調査し著した物で、天野の調査・随筆執筆はその魁であったといえよう。

いずれにせよ、すぐ近くに美濃国守護土岐氏の居館・大桑城が判然として時代の表舞台にあったこと、日本屈指の美濃紙生産地帯で都などの多方面からの情報が入りやすかったこと、そして、光秀に仕えた義弟の恩田孫十郎や斎藤利三及びその娘・お福・春日局、荒深姓の子孫などによって、明智光秀生存説は、遅くとも江戸時代中期・18世紀初頭には中洞を中心とする地域と深い関わりの中で受け継ぎ伝えられて来たといえよう。
一方、光秀生存説を否定する根拠も今・現在持ち合わせていない。

  1. 迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

    「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

  2. 『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

    【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

  3. 金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

    信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

  4. 『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

  5. 初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

  6. 『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

  7. 〈神君〉〈大権現様〉と称された徳川家康

    大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|〈鳴かぬなら~〉信長、秀吉、家康とホトトギスの歌に秘められた「徳川史観」の印象操作

  8. 天正8年に武田軍と小田原北条軍が激突した沼津千本浜からも大量の頭骨が出土した。

    大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|首塚から出土した大量のしゃれこうべが伝える戦国時代の悲劇

  9. 岐阜県可児市の明智城跡を取材中の藤田達生氏(2019年7月)。

    『麒麟がくる』をもっと楽しむための「本能寺の変論」 の集大成|元『歴史読本』編集者が、20数年来の軌跡から推薦するこの一冊

  10. 冷酷で残虐な側面がある一方で慈悲深さもあわせ持っていた信長。 (名古屋市緑区の桶狭間古戦場公園に立つ信長銅像)。

    【専門医が分析した信長の深層心理】 織田信長の「憎悪」「嫉妬心」は、カインコンプレックスが原因だった!

  11. 川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった。

    大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|【戦国史のおさらい(1)】「桶狭間合戦」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」

  12. 明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

    光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

  13. 京都慈眼寺蔵の「黒い光秀像」は、『麒麟がくる』放映で人気を集めそう。

    【今から待てない『麒麟がくる』!】大河対談第三弾|将軍義昭が策謀した「信長包囲網」と武田信玄の死

  14. 本能寺の変発生当時、光秀がもっとも恐れた柴田勝家は、魚津城(富山県)で上杉軍との攻防を続けていた。魚津城落城は本能寺の変当日だった。

    大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート|秀吉よりも柴田勝家対策を優先――。本能寺の変、明智光秀最大の誤算

  15. 『明智光秀伝』の取材で訪れた岐阜県山県市で(写真右が藤田達生氏)。斎藤道三と土岐氏の激しい戦闘での犠牲者を供養する「戦死六萬墓」前で郷土史家・西村覚良さんの説明を聞く。

    【今から待てない『麒麟がくる』!】〈新刊 書評〉特別リポート|元『歴史読本』編集者が、20数年来の軌跡から推薦するこの一冊

  16. 織田家発祥の地と伝わる福井県越前町に立つ織田信長像

    大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート|本能寺の変の背景で暗躍した近衛前久の末路

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。 「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変…
  2. 『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。 【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に…
  3. 金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。 信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞…
  4. 明智光秀謀反の陰に病あり?? 明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!…
  5. 『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。 【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに…
PAGE TOP