サライ.jp

文/藤田達生(三重大学教授)

天正10年6月2日、電光石火の如く織田信長と嫡男信忠を葬った明智光秀ではあるが、その後の動きが鈍く、後手後手になってしまったため、山崎の戦いにおける惨めな敗戦につながった、というのが一般的な見方ではなかろうか。
これこそ、光秀が発作的に天下を狙ったとする「単独説」が広く人口に膾炙してきた所以でもある。

拙著『明智光秀伝―本能寺の変に至る派閥力学』では、2018年に筆者が紹介した新出史料「溝口文書」をもとに、無傷の大軍団を温存した柴田勝家が、越前北庄城(福井市)を一歩も出られなかった理由を読み解いた。その結果、本能寺の変後の光秀の対応は間違っていなかったことを指摘した。

本能寺の変発生当時、光秀がもっとも恐れた柴田勝家は、魚津城(富山県)で上杉軍との攻防を続けていた。魚津城落城は本能寺の変当日だった。

本能寺の変発生当時、光秀がもっとも恐れた柴田勝家は、魚津城(富山県)で上杉軍との攻防を続けていた。魚津城落城は本能寺の変当日だった。

光秀の変後の軍事行動は、畿内制圧と織田旧臣の孤立化させることが目的だった。それは、見事に成功していた。あわせて、安土城に入城して6月7日に勅使を迎えて、朝廷からの承認を得たことも重要である。着々と新政権の地盤固めを進めていたのである。

畿内制圧については、光秀は、近江・山城・大和・河内へと積極的に出陣を繰り返している。安土城の留守居だった蒲生賢秀の場合は、信長の訃報がもたらされるや、子息の氏郷を呼んで、変の翌日にあたる天正10年6月3日卯刻(午前5時から午前7時の間)に信長の一族を安土城から居城日野城(滋賀県日野町)に移し、明智勢の進攻に備えた(『信長公記』)。

現地看板に掲示された魚津城古地図

現地看板に掲示された魚津城古地図

そこに光秀から、多賀豊後守や布施忠兵衛が派遣されて味方に付けば近江半国を遣わすとの条件が示された。このように、畿内諸地域では光秀方の国人・土豪層が周辺の領主を組織したのであろう。

織田旧臣の孤立化であるが、大坂城に注目したい。信長の三男・信孝と織田家の重臣・丹羽長秀は、奇しくも6月2日に予定されていた四国出陣に備えて、大坂に結集していた。ところが、本能寺の変の情報によって身動きがとれなくなったため、信孝らは大坂城に入城した。

その後、彼らは羽柴秀吉が上方に帰ってくるまでの間、光秀の女婿・織田信澄を6月5日に大坂城二の丸千貫櫓で殺害したぐらいで、動くことができず、籠城したままだった。本来、変後の抵抗拠点となるはずだった大坂城ではあるが、信孝らが積極的に城外に打って出たことは確認できない。

このほかに抵抗拠点となるべきは、勝家の北庄城(現在の福井市)だった。当城に帰還した勝家は、若狭に残る丹羽長秀の家臣溝口秀勝の留守居に宛てて、(天正10年)6月10日付で書状(「溝口文書」)を送った。それによると、越後に侵入した時点で本能寺の変の情報を得て、6月9日に北庄城に帰陣したと記す。

大坂をはじめとする諸地域の反光秀方勢力が相互に連携・協力して、一刻も早く光秀を討ち果たしたい。そのうえで、信長在世時のように戻したいと語っている。このような認識と希望は、勝家ばかりではなかったであろう。しかし、山崎の戦いが終結するまで、勝家は大坂城との交信ができなかった。若狭から北近江にかけての地域において、光秀方勢力が実力を発揮していたからである。

光秀方の一翼に属したのは、若狭守護家で足利義昭の甥にあたる武田元明だった。
彼は、本能寺の変の情報に接するやいなや、光秀方に与して若狭衆を組織して近江へと出陣。長秀の佐和山城(滋賀県彦根市)を落城させた。

室町幕府将軍足利義昭は、本能寺の変当時、鞆の浦(広島県福山市)にいた。写真は御所も置かれた常国寺。

室町幕府将軍足利義昭は、本能寺の変当時、鞆の浦(広島県福山市)にいた。写真は御所も置かれた常国寺。

また元明の従兄弟にあたる近江北郡守護家の京極高次も同時に蜂起して、羽柴秀吉の長浜城(滋賀県長浜市)を攻撃し乗っ取っている。

このような動きが、北国街道を塞ぎ北庄城─大坂城間の意思疎通や情報共有を遮断したため、勝家が近江めざして出陣できない最大の要因となったのである。
これは、大坂方にとっても同様に作用したと推測される。光秀方勢力による北近江路の封鎖は、成功していたのであり、これによって勝家方も信孝方も孤立したのである。

膠着状態を打ち破ったのは、秀吉の京都をめざす爆発的な進軍だったと言わざるをえない。したがって秀吉の「中国大返し」さえなかったら、上杉氏の反転攻勢や近江で展開していた若狭武田氏や京極氏の光秀との合流、長宗我部氏の摂津進軍とそれを支える菅氏ら淡路水軍の蠢動、さらには将軍足利義昭の帰洛への動きも予想され、光秀による室町幕府再興の可能性も十分にあったとみられる。

『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』 小学館刊 1300円+税

『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』 小学館刊 1300円+税 詳細はこちら

文/藤田達生
昭和33年、愛媛県生まれ。三重大学教授。織豊期を中心に戦国時代から近世までを専門とする歴史学者。愛媛出版文化賞受賞。『天下統一』など著書多数。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア