サライ.jp

文/藤田達生(三重大学教授)

織田家発祥の地と伝わる福井県越前町に立つ織田信長像

織田家発祥の地と伝わる福井県越前町に立つ織田信長像

『明智光秀伝―本能寺の変に至る派閥力学』をもって、変に関する拙著は、ついに8冊になった。間違いなく、研究者のなかではもっとも多い。論旨については、20年来、ほぼ変化はない。関係史料の発見や推定年代の見直しを受けて、その都度、検証を重ねてきた結果である。

筆者が本能寺の変に興味をもったのは、1994年に遡る。立花京子氏(在野の歴史研究者)が変への朝廷関与説を打ち出した「本能寺の変と朝廷―『天正十年夏紀』の再検討に関して―」(『古文書研究』39)に刺激を受けて、読後に既知の一連の史料が変に関係するものであることを確信したことにあった。

変に至る光秀の背景は相当に複雑であるが、筆者は次のような三重構造で説明してきた。

本能寺の変の背景をあらわした藤田教授作成の光秀・秀吉派閥関係図(『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』195ページより)

本能寺の変の背景をあらわした藤田教授作成の光秀・秀吉派閥関係図(『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』195ページより)

その基層には、四国の領有をめぐる長宗我部元親と三好康長との領土紛争があった。彼らは、境界紛争を自家に有利に展開するべく天下の実権を握りつつあった信長に接近していった。

中層には、明智光秀と羽柴秀吉という織田家重臣の激しい派閥抗争があった。光秀は、長宗我部氏との関係を利用して西国支配に関与した。秀吉は、自領の播磨に隣接する淡路や阿波・讃岐に勢力をもつ三好氏との友好関係を構築することで、その水軍力を手に入れ、西国支配における優位な地位を獲得しようとした。

上層には、天下人信長と現職将軍義昭の最終段階の天下争奪戦があった。天正8年以降、信長の天下統一戦は最終段階を迎えていた。対する義昭は、大坂本願寺が勅命講和に応じたことから、畿内近国に対する影響力を喪失し、存亡の危機に瀕していた。副将軍毛利氏とともに形勢逆転を図るべく、長宗我部氏との軍事同盟を形成し、光秀へと接近したのだった。

三層構造のキーワードは、「生き残り」だった。

●突然の信長による三好氏に有利な四国政策の変更によって、追い詰められる元親。
●天下統一後を見据えて、一門・近習を政権基盤にして専制支配へと舵を切ろうとする信長によって、左遷寸前にあった光秀。
●信長の西国攻めを前に、政治生命を絶たれようとする義昭。
三者三様の抜き差しならぬ危機意識が元親―光秀―義昭を奇跡的に結びつけて、未曾有のクーデターを実現させたのである。
●五摂家筆頭 近衛前久に向けられる疑惑

言うまでもないが、義昭の命令あるいは光秀の意志のみで歴史的な政変を実行できるはずはない。したがって、従来のような○○説、△△説と一括りにできるような単純構造ではない、と主張し続けてきた。

ところが、筆者に与えられた評価は「義昭黒幕説」なのだ。
これだけ一貫して、その複雑構造を指摘してきたにもかかわらず、である。

世間とは、まことに不思議なものだ。わざわざ目くじら立てて反論するほどのことではないと油断していると、いつのまにかそれが既成事実になってしまうようだ。普通の研究者ならば、そのような評価は無視するだろうと楽観視していたのがいけなかった。

複雑構造に関連して、朝廷に連なる人脈が、様々な思惑から蠢動していたことも忘れてはならない。ここでは、変後の前関白・近衛前久とその家令(公卿の家務を総括する中流公家)の吉田兼見(京都吉田神社神主)の動向に着目したい。彼らは、光秀と入魂の間柄だった。

変から5日後の6月7日、前久は子息信基のもとに赴き、酒一樽を進上し、正式の酒宴を催している。ここに、およそ信長の死を悼む者の姿はない。変の後、兼見は光秀と4回も会っている。しかも6月7日には、勅使として安土城の光秀のもとに下っているのである。これは、先の前久父子の酒宴と関係しているかもしれない。

上洛した光秀から兼見は、勅使の返礼として銀子50枚も贈られている。このような光秀との親密さが、山崎の戦いの翌日に兼見を苦境に陥らせる。6月14日には、織田信孝の家臣である津田越前守が、尋問のために兼見を訪ねたのである。兼見は、誠仁親王や秀吉側近の施薬院全宗(やくいん・ぜんそう)に働きかけるなどして、なんとか事なきを得た。

前久の場合は、相当に深刻だった。財産を失い逼塞したばかりか、京都を脱出して遠江浜松城の徳川家康のもとに逃亡した。それでも事態は快方に向かわなかったため、いざという時に備えて、懇意な関係にあった島津氏や長宗我部氏に落ち延びるための交渉を試みた。

前久が、天下の実権を掌握しつつあった羽柴秀吉から許されたのは、前久自身が美濃に下向して出陣中の秀吉に面会した天正12年(1584)7月のことだった。無論、秀吉も前久の行状を十分に知っていただろう。それにもかかわらず救ったのは、決して美談などではない。それは、当時秀吉が抱えていた出自問題を解決する糸口を提供したからに違いない。

秀吉は、織田信雄が臣従した直後の天正13年3月10日に正二位内大臣に任官し、あわせて前田玄以を京都所司代に任じて、正式に首都京都を掌握した。そのうえで前久の猶子になることによって、同年7月11日に史上初の「武家関白」に任官したのである。

天下人として君臨するためには、しかるべき官職を獲得せねばならなかった。通説では、秀吉を尾張中村(名古屋市)の百姓の子としてきたが、近年の研究においては賎民出身の可能性が指摘されている。五摂家出身で関白までのぼりつめた前久だったが、秀吉を自家に迎えねばならない余程の事情があったとみなければなるまい。前久については、やはり本能寺の変に関与していた、つまり明らかにクロだとみるべきである。

『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』 小学館刊 1300円+税

『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』 小学館刊 1300円+税 詳細はこちら

文/藤田達生
昭和33年、愛媛県生まれ。三重大学教授。織豊期を中心に戦国時代から近世までを専門とする歴史学者。愛媛出版文化賞受賞。『天下統一』など著書多数。

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア