新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

大河ドラマ『麒麟がくる』解読リポート|本能寺の変の背景で暗躍した近衛前久の末路

文/藤田達生(三重大学教授)

織田家発祥の地と伝わる福井県越前町に立つ織田信長像

織田家発祥の地と伝わる福井県越前町に立つ織田信長像

『明智光秀伝―本能寺の変に至る派閥力学』をもって、変に関する拙著は、ついに8冊になった。間違いなく、研究者のなかではもっとも多い。論旨については、20年来、ほぼ変化はない。関係史料の発見や推定年代の見直しを受けて、その都度、検証を重ねてきた結果である。

筆者が本能寺の変に興味をもったのは、1994年に遡る。立花京子氏(在野の歴史研究者)が変への朝廷関与説を打ち出した「本能寺の変と朝廷―『天正十年夏紀』の再検討に関して―」(『古文書研究』39)に刺激を受けて、読後に既知の一連の史料が変に関係するものであることを確信したことにあった。

変に至る光秀の背景は相当に複雑であるが、筆者は次のような三重構造で説明してきた。

本能寺の変の背景をあらわした藤田教授作成の光秀・秀吉派閥関係図(『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』195ページより)

本能寺の変の背景をあらわした藤田教授作成の光秀・秀吉派閥関係図(『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』195ページより)

その基層には、四国の領有をめぐる長宗我部元親と三好康長との領土紛争があった。彼らは、境界紛争を自家に有利に展開するべく天下の実権を握りつつあった信長に接近していった。

中層には、明智光秀と羽柴秀吉という織田家重臣の激しい派閥抗争があった。光秀は、長宗我部氏との関係を利用して西国支配に関与した。秀吉は、自領の播磨に隣接する淡路や阿波・讃岐に勢力をもつ三好氏との友好関係を構築することで、その水軍力を手に入れ、西国支配における優位な地位を獲得しようとした。

上層には、天下人信長と現職将軍義昭の最終段階の天下争奪戦があった。天正8年以降、信長の天下統一戦は最終段階を迎えていた。対する義昭は、大坂本願寺が勅命講和に応じたことから、畿内近国に対する影響力を喪失し、存亡の危機に瀕していた。副将軍毛利氏とともに形勢逆転を図るべく、長宗我部氏との軍事同盟を形成し、光秀へと接近したのだった。

三層構造のキーワードは、「生き残り」だった。

●突然の信長による三好氏に有利な四国政策の変更によって、追い詰められる元親。
●天下統一後を見据えて、一門・近習を政権基盤にして専制支配へと舵を切ろうとする信長によって、左遷寸前にあった光秀。
●信長の西国攻めを前に、政治生命を絶たれようとする義昭。
三者三様の抜き差しならぬ危機意識が元親―光秀―義昭を奇跡的に結びつけて、未曾有のクーデターを実現させたのである。
●五摂家筆頭 近衛前久に向けられる疑惑

言うまでもないが、義昭の命令あるいは光秀の意志のみで歴史的な政変を実行できるはずはない。したがって、従来のような○○説、△△説と一括りにできるような単純構造ではない、と主張し続けてきた。

ところが、筆者に与えられた評価は「義昭黒幕説」なのだ。
これだけ一貫して、その複雑構造を指摘してきたにもかかわらず、である。

世間とは、まことに不思議なものだ。わざわざ目くじら立てて反論するほどのことではないと油断していると、いつのまにかそれが既成事実になってしまうようだ。普通の研究者ならば、そのような評価は無視するだろうと楽観視していたのがいけなかった。

複雑構造に関連して、朝廷に連なる人脈が、様々な思惑から蠢動していたことも忘れてはならない。ここでは、変後の前関白・近衛前久とその家令(公卿の家務を総括する中流公家)の吉田兼見(京都吉田神社神主)の動向に着目したい。彼らは、光秀と入魂の間柄だった。

変から5日後の6月7日、前久は子息信基のもとに赴き、酒一樽を進上し、正式の酒宴を催している。ここに、およそ信長の死を悼む者の姿はない。変の後、兼見は光秀と4回も会っている。しかも6月7日には、勅使として安土城の光秀のもとに下っているのである。これは、先の前久父子の酒宴と関係しているかもしれない。

上洛した光秀から兼見は、勅使の返礼として銀子50枚も贈られている。このような光秀との親密さが、山崎の戦いの翌日に兼見を苦境に陥らせる。6月14日には、織田信孝の家臣である津田越前守が、尋問のために兼見を訪ねたのである。兼見は、誠仁親王や秀吉側近の施薬院全宗(やくいん・ぜんそう)に働きかけるなどして、なんとか事なきを得た。

前久の場合は、相当に深刻だった。財産を失い逼塞したばかりか、京都を脱出して遠江浜松城の徳川家康のもとに逃亡した。それでも事態は快方に向かわなかったため、いざという時に備えて、懇意な関係にあった島津氏や長宗我部氏に落ち延びるための交渉を試みた。

前久が、天下の実権を掌握しつつあった羽柴秀吉から許されたのは、前久自身が美濃に下向して出陣中の秀吉に面会した天正12年(1584)7月のことだった。無論、秀吉も前久の行状を十分に知っていただろう。それにもかかわらず救ったのは、決して美談などではない。それは、当時秀吉が抱えていた出自問題を解決する糸口を提供したからに違いない。

秀吉は、織田信雄が臣従した直後の天正13年3月10日に正二位内大臣に任官し、あわせて前田玄以を京都所司代に任じて、正式に首都京都を掌握した。そのうえで前久の猶子になることによって、同年7月11日に史上初の「武家関白」に任官したのである。

天下人として君臨するためには、しかるべき官職を獲得せねばならなかった。通説では、秀吉を尾張中村(名古屋市)の百姓の子としてきたが、近年の研究においては賎民出身の可能性が指摘されている。五摂家出身で関白までのぼりつめた前久だったが、秀吉を自家に迎えねばならない余程の事情があったとみなければなるまい。前久については、やはり本能寺の変に関与していた、つまり明らかにクロだとみるべきである。

『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』 小学館刊 1300円+税

『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』 小学館刊 1300円+税 詳細はこちら

文/藤田達生
昭和33年、愛媛県生まれ。三重大学教授。織豊期を中心に戦国時代から近世までを専門とする歴史学者。愛媛出版文化賞受賞。『天下統一』など著書多数。

  1. 数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。

    信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐらす〈女軍師・帰蝶〉が凄かった!【麒麟がくる 満喫リポート】

  2. 朝倉館跡空撮。

    「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」を知れば『麒麟がくる』をもっと楽しめる【麒麟がくる 満喫リポート】

  3. 上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

    斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

  4. 発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

    『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

  5. イラスト/和田聡美

    吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

  6. 高い位置から、美濃から落ち延びてきた光秀(演・長谷川博己)を見下す朝倉義景(演・ユースケ・サンタマリア)。

    ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景の実像と信長の弟殺し、今度は美濃の霊水か!【麒麟がくる 満喫リポート】

  7. 脇指 銘・越前一乗住兼則/神祇五位大祐卜部定澄(刃長31.6cm)。(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館所蔵)

    美濃から越前へやってきた兼則を探せ|越前編スタートで注目! 実在の刀鍛冶「兼則」と最先端都市「一乗谷」【麒麟がくる 満喫リポート】

  8. 血を分けた息子・高政(演・伊藤英明)に最期の時まで真を問い続けた斎藤道三(演・本木雅弘)。

    やっぱり神回! 〈蝮の罠〉〈親殺しの汚名〉――。本木道三「渾身の長良川」で、大河に新たな伝説が生まれた!【麒麟がくる 満喫リポート】

  9. 裹頭を被り、じっと時を待つ斎藤道三(演・本木雅弘)。

    ロケ現場で見た、本木道三渾身の演技。斎藤道三の最期 身震いするほど待ち遠しい【麒麟がくる 満喫リポート】

  10. 若狭屈指の山城「後瀬山城」石垣

    本能寺の変後に明智光秀に味方した名門・若狭武田家と後瀬山城【麒麟がくる 満喫リポート】

  11. 息子・高政との戦を決意する道三。

    本木“道三”いよいよクライマックスへ! 次回、ついに「神回」長良川合戦が展開【麒麟がくる 満喫リポート】

  12. 出家姿も様になる本木道三。

    本木“道三”出家で、美濃斎藤家の内紛が佳境に。〈女軍師・帰蝶〉密談場面に登場する団子の意味とは?【麒麟がくる 満喫リポート】

  13. 道三の心を掴んで飛躍する信長。

    若き織田信長が号泣! 初めて鉄砲を使用して勝利した「村木砦の戦い」には斎藤道三も援兵を送っていた【麒麟がくる 満喫リポート】

  14. 織田信長と斎藤道三を不思議な絆で結びつけた『聖徳寺会見』の真相【麒麟がくる 満喫リポート】

  15. まさに〈女軍師〉の雰囲気を醸し出す帰蝶。

    「父上と私の戦じゃ」――。圧巻演技の〈女軍師・帰蝶〉。藤吉郎初登場で『徒然草』とはなんの伏線なのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

  16. 川口春奈と鉄砲には不思議な縁がある。

    川口春奈が熱演! 織田家に新風を巻き起こす〈女軍師・帰蝶〉を見逃すな!【麒麟がくる 満喫リポート】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 数において劣勢の織田信長(演・染谷将太)は、今川方にいる松平元康を取り込むべく、元康の伯父・水野信元と母・於大の説得工作を試みる。 信長危うし! ついに今川義元が攻めて来た 桶狭間前夜、策謀めぐら…
  2. 朝倉館跡空撮。 「お屋形さま」と呼ばれていた朝倉義景。室町時代後期の「大名屋形」…
  3. 上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。 斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミ…
  4. 発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。 『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は…
  5. イラスト/和田聡美 吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったの…
PAGE TOP