新着記事

日本の「クリスマス」のおかしな常識【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

日本の「クリスマス」のおかしな常識とは?【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編34】

ゴルフで仕事がうまくいった人は6割! 会社員500名のゴルフ事情

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

【ビジネスの極意】「ライバル企業に転職する」と言った部長の話からわかること

巨大な名峰『立川談志山』登頂のためのガイドブック|『談志語辞典』

自分の欲望をカネで解決するのを、恥ずかしいこととしてやらないのが「江戸っ子の品」|弟子だからこそ知っている「談志のことば」

【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは?

車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身

お母さんが1番大変だと感じる「朝ごはんの準備」どう乗り切っている?

ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

人間関係が幸せの道すじ【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

人間は人間関係の中でしか、自分の存在や価値を見出せない【人生のおさらいをするために――児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

429人にアンケート調査!|子どもが医学部受験をしたことのある母親へ質問しました! 当時お子様のために何をしていましたか? 医学部受験のコツとは…!?

子どもが医学部受験をしたことのある母親429人に聞いた「医学部合格のコツ」

海苔の佃煮

【管理栄養士が教える減塩レシピ】新海苔の季節!旨味たっぷり海苔を使った佃煮&おかずレシピ

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄弟、骨肉の争い【にっぽん歴史夜話22】

文/砂原浩太朗(小説家)

足利尊氏像

足利尊氏像

「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)をご存じだろうか。高校日本史の教科書にも載っているから、聞き覚えのある方は多いだろう。が、説明せよといわれれば言葉に詰まってしまうのではないか。初期の室町幕府を揺るがしたこの争乱は、それほどに複雑で、まるでシェイクスピア悲劇のような奥行きをたたえている。

争乱の背景

まずは、いささか乱暴なのを承知で、「観応の擾乱」をひとことで要約してみたい。「室町幕府の草創期、初代将軍・足利尊氏と弟・直義(ただよし)のあいだに起こった内乱」ということになるだろうか。「観応」は、乱が繰りひろげられた折の元号である。

1349年8月、尊氏の家臣・高師直(こうのもろなお)が、軍勢を率いてあるじの屋敷を取りかこんだ。師直はかねてから対立する直義と雌雄を決すべく兵を挙げたのだが、尊氏が弟を自邸にかくまったため、このような仕儀となったのである。さすがに師直もあるじを討つ気はなく、直義が政務から手をひくこと、直義派の中心人物を流罪に処すことなどの条件で、この場は落着した。

まるで戦国時代かと思われるような事件だが、室町幕府は、成立当初からさまざまな問題をはらんでいた。天皇家も南北両朝に分かれ(幕府は北朝方)、いまだ天下がおさまったとは言いがたい。そのためか、尊氏と直義の二頭政治ともいうべき体制を取ることとなった。ごく大まかにいえば、軍事が尊氏、政務が直義という分担である。

だが、この手法は、必然的に尊氏派と直義派を作り出してしまう。尊氏派の筆頭が師直で、騒ぎの数か月前には、直義派の讒言により執事(家老)の職を解かれていた。今回の挙兵は、その巻き返しというわけである。

師直=悪人説はほんとうか

歌舞伎や文楽の「仮名手本忠臣蔵」で敵役に擬せられたためか(吉良上野介にあたる役が師直)、高師直というと今でも極悪人のようなイメージがつきまとっている。とはいえ、伝えられているのは、分不相応な豪邸に住んで贅を尽くしたとか、身分の高い姫君を片っ端から我がものにしたといったエピソード。しかも軍記物語の「太平記」にしか記述がないものである。弟である師泰(もろやす。兄説も)のほうには荘園から年貢を奪った事実が確認されているが、これも当時はしばしばおこなわれたことで、師直一党がとりわけひどかったわけではない。尊氏の片腕として行政にもあかるく、南朝方の北畠顕家、楠木正行(まさつら。正成の子、いわゆる小楠公)を敗死させるなど、武将としての功績もおおきい人物である。また、尊氏邸をかこんだ一件も、直義の実権をうばうため、あるじと示し合わせて仕組んだという説が当時からささやかれていた。悪役を作り出そうとするのは歴史の常だが、そろそろ公平な評価を与えていいころではなかろうか。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  2. 楠木正成像 楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】
  3. 肱(ひじ)川を天然の水堀として築かれた大洲城。四重四階の天守は、平成16年(2004)に再建された 「賤ヶ岳七本槍」から豊臣水軍の中心人物へ|三英傑に仕え「全国転勤…
  4. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】
  5. 松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている 徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に…
PAGE TOP