新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【仙石秀久編】

写真・文/藪内成基

戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英傑」の元で仕えた武将は、忠義を守りながら、時に家のために立場を変えながら生き残りを図りました。その選択の中で、出世を果たしたり、逆に左遷を命じられたり、全国を飛び回ることになった武将たちがいました。大異動が多かった武将を、赴任地の城とともに紹介し、戦国武将の転勤人生に迫ります。

今回は、豊臣秀吉のもとで出世を重ねながらも、九州攻めでの大失態を犯し追放。しかし、功績を挙げて再び秀吉の信頼を得て、徳川家康・秀忠親子にも重宝された、仙石秀久(せんごくひでひさ)を取り上げます。人気歴史漫画『センゴク』(講談社)の主人公としても知られています。

美濃に生まれ織田信長に見いだされる

仙石秀久は天文20年(1551)、仙石治兵衛久盛の子として、美濃国加茂郡黒岩(現岐阜県加茂郡坂祝町)に誕生。仙石氏は美濃の守護大名・土岐(とき)氏の支流ともいわれ、土岐氏に仕えていました。

土岐氏没落後には、新たに台頭した斎藤氏に仕官。永禄7年(1564)、仙石秀久が14歳のとき、斎藤氏は美濃攻略を進めていた織田信長に敗れてしまいます。しかし、仙石秀久は勇壮な風貌が気に入られ織田信長に臣従することになり、木下藤吉郎(豊臣秀吉)の部下に配属されます。若くして豊臣秀吉に仕えた仙石秀久はこの後、豊臣秀吉の家臣として波乱万丈の生涯を送ることになるのです。

美濃攻略の際に織田信長が攻めた稲葉山城(後の岐阜城)

美濃攻略の際に織田信長が攻めた稲葉山城(後の岐阜城)

秀吉のもとで淡路島や四国を転戦

天正10年(1582)に起きた本能寺の変による織田信長の死後、羽柴秀吉が天下の主導権を握っていきます。それに合わせるように天正11年(1583)、仙石秀久は淡路国(現在の淡路島)を与えられ洲本城主となります。四国攻めの水軍の城として、石垣の城として洲本城(現在の兵庫県洲本市)を築き始めます。

さらに同年には讃岐国(現在の香川県)を与えられ、高松城主に転じています。四国の雄、長宗我部(ちょうそかべ)家の讃岐侵攻を受けて、引田(ひけた)城(現在の香川県東かがわ市)に入城するものの、撤退に追い込まれてしまいます。

洲本城東の丸石垣。仙石秀久によって築かれたと考えられ、洲本城に現存する最古の石垣

洲本城東の丸石垣。仙石秀久によって築かれたと考えられ、洲本城に現存する最古の石垣

仙石秀久の後に入城した生駒親正が本格的に改修した引田城

仙石秀久の後に入城した生駒親正が本格的に改修した引田城

九州攻めの軍艦を務めるも大敗

天正14年(1586)、薩摩国(現在の鹿児島県)の島津家久が2万の軍勢を率いて豊後国(現在の大分県)に侵入。知らせを受けた豊臣秀吉は、仙石秀久を軍監(軍事の監督)に命じ、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)・信親(のぶちか)、十河存保(そごうまさやす/ながやす)の軍勢が、豊後の大友義統(おおともよしむね)軍と合流しました。

大友・四国連合軍は戸次(へつぎ)川(大野川)を渡り島津軍と激突。島津軍先陣が退いた機を見て、大友・四国連合軍は追撃しました。すると茂みや土手に配された島津軍の伏兵による鉄砲による反撃。島津軍が得意とする戦法「釣野伏(つりのぶせ)」にはまり、後方も側面も攻撃を受け敗走してしまいます。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園 明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】
  2. 石清水八幡宮 「嘉吉(かきつ)の乱」とは何か~将軍・足利義教謀殺【にっぽん歴史…
  3. 織田信長の妻・帰蝶(濃姫)と斎藤道三~謎に満ちた父娘【にっぽん歴…
  4. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  5. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
PAGE TOP