新着記事

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

【今から待てない『麒麟がくる』!】元『歴史読本』編集者が掘り起こす大河ドラマで描かれた「本能寺の変」

近代化路線の大河ドラマ翌年の本格大河は大ブレイクする! というのは、1987年の『独眼竜政宗』で実際に起こった史実。気の早い向きには『いだてん』翌年の『麒麟がくる』への期待が高まっている。かつて歴史ファンを虜にし、全盛期には10万部を超える発行部数を誇った『歴史読本』(2015年休刊)元編集者で、歴史書籍編集プロダクション「三猿舎」代表を務める安田清人氏が、明智光秀が初めて大河ドラマの主人公となる『麒麟がくる』について語る連弾企画第一弾!

初めて見た「動く明智光秀」は『黄金の日日』

(黄金の日日) 1978年大河ドラマ『黄金の日日』では、市川染五郎(現・二代目松本白鸚)演じる呂宋助左衛門が主人公。本能寺の変で信長を討ったことを知らせる明智方の使者が助左衛門の船に保護されるというストーリーだった。

(黄金の日日)
1978年大河ドラマ『黄金の日日』では、市川染五郎(現・二代目松本白鸚)演じる呂宋助左衛門が主人公。本能寺の変で信長を討ったことを知らせる明智方の使者が助左衛門の船に保護されるというストーリーだった。

2020年1月5日(日)のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』放送開始まで約2か月となった。

大河ドラマの見どころ、醍醐味としてば、何といっても戦国合戦のスペクタクル。男たちが戦場で華々しく白刃をふるい、戦場を離れても権謀術数をめぐらして頭脳戦を繰り広げる。戦いに身を捧げるのは、勇猛果敢な武闘派の猛将だったり、諸葛孔明もかくあらんという頭脳明晰な知将だったり。戦国武将と戦国合戦が大河ドラマの「華」であることは間違いない。

『麒麟がくる』の主人公は明智光秀。あの日本史上の人気ナンバーワンキャラである織田信長の家臣にして、その信長を京都・本能寺で亡き者にした謀反人。裏切り者であるが、天才信長を打ち取ったのだから、ただの「犯罪者」であるわけがない。光秀は何を目指していたのか、なぜ本能寺の変を起こしたのか。日本史上最大の謎にこれまで何人もの研究者、作家が挑んできた。

そのあたりについては、おいおい触れていきたいと思うが、「本能寺の変」を描いた大河ドラマ作品に登場した光秀役は16作品・16人に及ぶ(『麒麟がくる』含む)。

1968年生まれの筆者の場合、大河ドラマをリアルタイムで見たのは1978年の『黄金の日日』あたりから。若干記憶があいまいなのだが、何せ小学生のころなので、どうかお許しを。

『黄金の日日』は、戦国・織豊期に活躍した堺の商人、呂宋助左衛門を主人公とする国際色豊かな物語で、信長や秀吉もストーリーの節目に登場して重要な役割を果たしていた。もちろん本能寺の変も描かれ、光秀も登場する。

となると、筆者が生まれて初めて映像作品で「動く光秀」を見たのは、『黄金の日日』ということになる……のだが、残念なことに内藤武敏さんが演じた光秀の記憶はほとんどない。主人公である呂宋助左衛門の物語の本流としてみると、あくまでも光秀のエピソードは傍流だったからだろうか。

名脇役として知られる内藤さんは、大河ドラマに15作も出演している。筆者の世代だと。『おんな太閤記』(1981年)で茶の湯の大成者、千宗室(利休)を、そして『徳川家康』(1983年)では徳川家康の謀臣、本多正信を演じたことが強く印象に残っている。どちらも「誠実で温厚で思慮深い大人」を絵にかいたような人物像だった。

改めて『黄金の日日』を見直してみると、内藤さん演じる光秀は、やっぱり「誠実で温厚で思慮深い大人」だった。その「思慮深い大人」が謀反を起こすまでに追い込まれるところに戦国時代の狂気が顔をのぞかせるのだが、それも含めて、内藤さんの光秀はいまの筆者から見ると実に魅力的だ。小学生には理解できなかったのも、当然といえば当然か。

(国盗り物語) 織田信長を演じたのは当時29歳の高橋英樹。同い年の杉良太郎が浅井長政を演じた。

(国盗り物語)
織田信長を演じたのは当時29歳の高橋英樹。同い年の杉良太郎が浅井長政を演じた。

明智光秀が登場するNHK大河ドラマで、ある世代以上の視聴者にとって最も印象的だったのは、おそらく『国盗り物語』(1973年)ではないだろうか。

光秀を演じたのは、近藤正臣(当時31歳)。もちろん、ドラマの主役は平幹二郎演じる斎藤道三と、高橋英樹演じる織田信長で、その二人の鮮烈な印象が、物語全体の記憶として刻まれている。

物語の前半は、一介の油売りから身を起こし、美濃一国の大名にまで上り詰める道三の波乱の生涯を描き、後半は、その「弟子」とでもいうべき娘婿の信長が、天下統一の目前までたどり着きながら、道三のもう一人の「弟子」である明智光秀の謀反によって本能寺で斃れるまでを描いている。

原作となった司馬遼太郎の『国盗り物語』は、司馬作品の代表作に挙げる人も少なくない人気作だ。下剋上の英雄と、その弟子たちの物語という基本的な物語の枠組みは、司馬が作り上げたもので、大河『国盗り物語』は、戦国時代を描くそのほかの司馬作品の要素をも取り込みながらも、原作の世界観をかなり忠実に再現した作品でもあった。

梟雄・斎藤道三、英雄・織田信長。この二人に挟まれた光秀は、どう描かれたか。原作では道三の遺志を継ぐ後継者を自負する光秀が、もう一人の「弟子」である信長との葛藤を抱えながらも、その天才に惹かれ、やがて恐れてゆく様子を描いていた。近藤正臣の光秀は、信長の「恐怖政治」に恐れおののき、苦悩の末に激しい憎悪をたぎらせ、本能寺の変へと突き進んでゆく姿が、より強調されていたように思う。

英雄である信長を殺害するという「凶行」に及んだ光秀の心情に、視聴者が感情移入しやすくする演出だったのだろう。結果、脳裏に浮かぶ「近藤・光秀」は、恐怖と怒りに打ち震えながら、狂気をはらんだ表情で、信長を「あの男」とののしる。

それは、会社や上司の理不尽な命令に、耐えに耐えた男が、ついに堪忍袋の緒を切って辞表を叩きつける、いかにも「昭和」な姿と重なってくる。実際に辞表を叩きつけた経験のある人もない人も、にっくき上司を一刀両断に叩き斬る——は大げさにしても、殴り倒す自分の姿を夢想して「うっとり」した経験が一度や二度はあるだろう(あるよね?)。

そんな「平凡」なサラリーマンにとって、光秀の凶行は、溜飲を下げる快挙でもあり、辞表を出す勇気もない自分を慰めてくれる「おとぎ話」でもあったのだと思う。

苦悩の末に謀反に及ぶ「悩める光秀像」という一つの類型は、この『国盗り物語』において確立したのだ。

●安田清人
1968年福島県生まれ。元『歴史読本』(新人物往来社時代)編集者。同社を退社後に
「三猿舎」を創業。あらゆるジャンルの歴史書籍、歴史雑誌の編集を手がける。著書に『時代劇の「嘘」と「演出」』 (洋泉社)。

●画/和田聡美

  1. 上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

    斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

  2. 発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。

    『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は競って庭園を造ったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

  3. イラスト/和田聡美

    吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

  4. 高い位置から、美濃から落ち延びてきた光秀(演・長谷川博己)を見下す朝倉義景(演・ユースケ・サンタマリア)。

    ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景の実像と信長の弟殺し、今度は美濃の霊水か!【麒麟がくる 満喫リポート】

  5. 脇指 銘・越前一乗住兼則/神祇五位大祐卜部定澄(刃長31.6cm)。(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館所蔵)

    美濃から越前へやってきた兼則を探せ|越前編スタートで注目! 実在の刀鍛冶「兼則」と最先端都市「一乗谷」【麒麟がくる 満喫リポート】

  6. 血を分けた息子・高政(演・伊藤英明)に最期の時まで真を問い続けた斎藤道三(演・本木雅弘)。

    やっぱり神回! 〈蝮の罠〉〈親殺しの汚名〉――。本木道三「渾身の長良川」で、大河に新たな伝説が生まれた!【麒麟がくる 満喫リポート】

  7. 裹頭を被り、じっと時を待つ斎藤道三(演・本木雅弘)。

    ロケ現場で見た、本木道三渾身の演技。斎藤道三の最期 身震いするほど待ち遠しい【麒麟がくる 満喫リポート】

  8. 若狭屈指の山城「後瀬山城」石垣

    本能寺の変後に明智光秀に味方した名門・若狭武田家と後瀬山城【麒麟がくる 満喫リポート】

  9. 息子・高政との戦を決意する道三。

    本木“道三”いよいよクライマックスへ! 次回、ついに「神回」長良川合戦が展開【麒麟がくる 満喫リポート】

  10. 出家姿も様になる本木道三。

    本木“道三”出家で、美濃斎藤家の内紛が佳境に。〈女軍師・帰蝶〉密談場面に登場する団子の意味とは?【麒麟がくる 満喫リポート】

  11. 道三の心を掴んで飛躍する信長。

    若き織田信長が号泣! 初めて鉄砲を使用して勝利した「村木砦の戦い」には斎藤道三も援兵を送っていた【麒麟がくる 満喫リポート】

  12. 織田信長と斎藤道三を不思議な絆で結びつけた『聖徳寺会見』の真相【麒麟がくる 満喫リポート】

  13. まさに〈女軍師〉の雰囲気を醸し出す帰蝶。

    「父上と私の戦じゃ」――。圧巻演技の〈女軍師・帰蝶〉。藤吉郎初登場で『徒然草』とはなんの伏線なのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

  14. 川口春奈と鉄砲には不思議な縁がある。

    川口春奈が熱演! 織田家に新風を巻き起こす〈女軍師・帰蝶〉を見逃すな!【麒麟がくる 満喫リポート】

  15. 信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

    織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

  16. 尾張統一に10年以上かかった信長。

    織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。 斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミ…
  2. 発掘された義景館の高台の庭園(特別名勝指定)。 『麒麟がくる』でも再現された朝倉館の美しき庭園。なぜ、戦国大名は…
  3. イラスト/和田聡美 吉田鋼太郎の怪演で人気沸騰! 松永久秀は本当に梟雄・悪人だったの…
  4. 高い位置から、美濃から落ち延びてきた光秀(演・長谷川博己)を見下す朝倉義景(演・ユースケ・サンタマリア)。 ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景の実像と信長の弟殺し、今度は…
  5. 脇指 銘・越前一乗住兼則/神祇五位大祐卜部定澄(刃長31.6cm)。(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館所蔵) 美濃から越前へやってきた兼則を探せ|越前編スタートで注目! 実在…
PAGE TOP