新着記事

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「賤ヶ岳七本槍」から豊臣水軍の中心人物へ|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【脇坂安治編】

写真・文/藪内成基

戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英傑」の元で仕えた武将は、忠義を守りながら、時に家のために立場を変えながら生き残りを図りました。その選択の中で、出世を果たしたり、逆に左遷を命じられたり、全国を飛び回ることになった武将たちがいました。大異動が多かった武将を、赴任地の城とともに紹介し、戦国武将の転勤人生に迫ります。

今回は、羽柴秀吉のもとで「賤ヶ岳七本槍」として武名を高め、のちに豊臣水軍の中心人物として活躍する、脇坂安治(わきざかやすはる)を取り上げます。淡路島の洲本城や伊予の大洲城など、海に近い立地の城づくりにも貢献しました。

苦戦する明智光秀を救った若武者

天文23年(1554)、脇坂安治は近江国浅井郡脇坂村(滋賀県長浜市小谷丁野町)に誕生。浅井長政の居城、小谷城跡があった小谷山のふもとには、脇坂安治の屋敷跡や、安治の産湯に使われた池が残っています。

16歳で初陣を迎え、同年に羽柴秀吉の家来となりました。25歳の時には播洲三木城攻めで功績をあげ、後に脇坂家の家紋となる「輪違い」紋の母衣を賜ります。

織田信長の家臣・明智光秀による丹波平定では、最後まで抵抗を続けた黒井城(兵庫県丹波市)に明智光秀は苦しめられていました。天正6年(1578)、羽柴秀吉の命により脇坂安治は黒井城主・赤井直正へ開城の説得に当たることになりました。

赤井直正は「丹波の赤鬼」と呼ばれた強敵。単身で黒井城に乗り込むものの、赤井直正は説得に応じませんでした。しかし、脇坂安治の勇気に感銘を受け、赤井家の家宝「貂(てん)の皮」を贈りました(※貂はイタチ科の一種)。脇坂安治の活躍もあり黒井城は落城します。

現在も、脇坂安治を祀る龍野神社(兵庫県たつの市)に宝物として納められています。このエピソードをもとに、作家・司馬遼太郎が『貂の皮』を描いたとされています。

「丹波の赤鬼」と呼ばれた赤井直正が守り、明智光秀を苦しめた黒井城

「丹波の赤鬼」と呼ばれた赤井直正が守り、明智光秀を苦しめた黒井城

「賤ヶ岳七本槍」として羽柴秀吉を支える

天正11年(1583)、30歳のときに賤ヶ岳の戦いで名を挙げます。本能寺の変後に羽柴秀吉と柴田勝家が争った重要な一戦。羽柴軍として奮戦し、加藤清正、福島正則らとともに「賤ヶ岳七本槍」と呼ばれました。その功により山城国宇治(京都府宇治市)で3000石を賜ります。

天正12年(1584)には、羽柴秀吉と織田信雄(織田信長の次男)・徳川家康が争った小牧・長久手の戦いが起こります。この時にも脇坂安治は、羽柴秀吉のもとで功績を挙げました。羽柴秀吉が脇坂安治に当てた朱印状が残っており、小牧・長久手の戦いに関する書状では、織田信雄が秀吉に求めた和睦の詳細を伝えるほど、脇坂安治を信頼していることがうかがえます。また、ほかの朱印状からは、羽柴秀吉が脇坂安治を叱りながらも重用している関係性が明らかになっています。

賤ヶ岳の山頂広場には、戦跡碑や、戦没者の碑が立つ

賤ヶ岳の山頂広場には、戦跡碑や、戦没者の碑が立つ

淡路島に移り豊臣水軍の中心人物となる

天正13年(1585)、脇坂安治は洲本城(兵庫県洲本市)の城主となりました。九州攻めの際に軍律違反を犯し、高野山へ追放された仙石秀久に代わって入城。淡路水軍を吸収し、さらに水軍の本拠地として洲本城を改修しました。以降、脇坂安治は豊臣水軍の司令官となり、後の小田原城攻めの海上封鎖作戦で戦果を挙げることになるのです。

さらに脇坂安治は、洲本城天守の造営や石垣の大改修を行いました。朝鮮出兵での経験から「登り石垣」を築造。登り石垣は、本丸と港を取り囲むように山腹の両側に築造した日本式の石垣とされていますが、はっきりしたことがは分かっていません。洲本城のほか、伊予松山城(愛媛県松山市)や米子城(鳥取県米子市)などでみられます。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  2. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
  3. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  4. 楠木正成像 楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】
  5. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】
PAGE TOP