新着記事

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

Google カレンダーの超基本的な使い方(2)|予定を削除や変更する方法【スマホ基本のき 第11回】

プロが教える、正月太り解消法|働く女性の8割が正月太りしている!?

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

【ビジネスの極意】ネガティブに考えることは、それほど悪いことではない

美容ミネラル「マグネシウム」が大注目

生活習慣病対策に効果がある、現代美容ミネラル「マグネシウム」のスゴイ実力

テッケン(Tekken)網にかかったCRB Photo courtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guamurtesy of Aubrey Moore, PhD, University of Guam

常夏の島のココナッツが絶滅の危機! 最強の害虫・カブトムシ(CRB)の恐怖(グアム)

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|『教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」』

歴史と文化を知ることで将棋はもっと面白くなる|教養としての将棋 おとなのための「盤外講座」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【堀尾吉晴編】

隠居地の越前府中へ向かう道中で負傷

豊臣秀吉の死後は、激しく対立する徳川家康と石田三成の間に立って仲介に尽力します。功績が認められ、徳川家康から越前府中城 (福井県越前市) の留守居役として 5万石の領地を与えられました。家督を息子の堀尾忠氏に譲り、越前府中城で隠居しようとした道中に、三河国池鯉鮒 (愛知県知立市) で発生した水野忠重殺害事件に巻き込まれ負傷してしまいます。

この傷が影響して、慶長 5年(1600)の関ヶ原の戦いでは、東軍の徳川家康に味方するものの参戦は叶わず。子の堀尾忠氏が参陣し、戦場での活躍が認められ、関ヶ原の戦い後には24万石に加増。出雲・隠岐国(現在の島根県)の国持大名へ大出世しました。

福井県越前市役所に立つ越前府中城址の碑。浜松城から移る途中に堀尾吉晴は負傷する

福井県越前市役所に立つ越前府中城址の碑。浜松城から移る途中に堀尾吉晴は負傷する

早世した息子・堀尾忠氏に代わり松江城の築城に尽力

堀尾吉晴・忠氏親子は、戦国時代に尼子氏や毛利氏が拠点にした、月山富田城(島根県安来市)に入城。堀尾忠氏は、新たな領国支配の中心としての新城の築城を計画するものの、計画段階で亡くなってしまいます。堀尾忠氏がまだ28歳と若かったこともあり、堀尾吉晴が後見として藩政を執り行うことになりました。

松江の将来性に着目して城地を移し、慶長12年(1607)から松江城の築城と城下町松江の建設を開始し、妻とともに事業の実現に尽力します。堀尾吉晴が築いた松江城天守は、板張りのいたるところに石落としや狭間が設けられた多聞櫓で囲まれています。さらに、石垣や土塀に屈曲が多用され、極めて実践的な構造です。「築城の名手」としての集大成とも呼べる名城を残しました。

松江城天守の完成を見届け、慶長16年(1611) 6 月に堀尾吉晴は亡くなります。享年69歳。孫の堀尾忠晴は、父や祖父の遺志を継いで藩政を行いましたが、寛永10年(1633)に嗣子なく死去。家名存続の運動も幕閣に対して行われましたが、残念ながら堀尾家の家名は断絶してしまいます。

堀尾吉晴によって総石垣造りで御殿も備えた近世城郭に改修された月山富田城。慶長16年(1611)に廃城

堀尾吉晴によって総石垣造りで御殿も備えた近世城郭に改修された月山富田城。慶長16年(1611)に廃城

 

松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている

松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている

三英傑の元で出世を重ねた堀尾吉晴。人柄の良さと戦場での勇猛さが現在にも伝わり、名城・松江城を残しました。一方で、負傷により関ヶ原の戦いに参戦できず、息子・堀尾忠氏は早世し、松江城完成の年に自身が亡くなるなど、予期せぬ出来事にも遭遇してきました。ここぞという時の運が悪いのか、逆境に強いのか。堀尾吉晴はどのように受け止めていたのでしょうか。

※歴史的事実は、各自治体が発信している情報(公式ホームページ等)を参照しています。

写真・文/藪内成基
奈良県出身。国内・海外で年間100以上の城を訪ね、「城と旅」をテーマに執筆・撮影。主に「城びと」(東北新社)へ記事を寄稿。異業種とコラボし、城を楽しむ体験プログラムを実施している。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城・松の大廊下跡 「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴…
  2. 足利尊氏像 「観応の擾乱」(かんのうのじょうらん)とは何か~足利尊氏・直義兄…
  3. 仙石秀久の時代に築かれた小諸城大手門(国重要文化財) 大失態を犯し追放されたが、再び秀吉の信頼を得て乱世を生き抜いた男…
  4. 楠木正成像 楠木正成~「忠臣」か「悪党」か【にっぽん歴史夜話21】
  5. 肱(ひじ)川を天然の水堀として築かれた大洲城。四重四階の天守は、平成16年(2004)に再建された 「賤ヶ岳七本槍」から豊臣水軍の中心人物へ|三英傑に仕え「全国転勤…
PAGE TOP