新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

築城術と忠誠心で勝ち取った秀吉と家康の信頼|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【藤堂高虎編】

写真・文/藪内成基

戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英傑」の元で仕えた武将は、忠義を守りながら、時に家のために立場を変えながら生き残りを図りました。その選択の中で、出世を果たしたり、逆に左遷を命じられたり、全国を飛び回ることになった武将たちがいました。大異動が多かった武将を、赴任地の城とともに紹介し、戦国武将の転勤人生に迫ります。

今回は、織田信長との戦いで主君を失い、転々としながらも豊臣秀吉や徳川家康に重用された藤堂高虎(とうどうたかとら)を取り上げます。築城における工期短縮とコスト削減を実現した変革者。類まれな築城術だけが魅力だったのでしょうか?

浅井長政の家臣として織田信長と戦う

弘治2年(1556)、近江国犬上郡藤堂村(現在の滋賀県甲良町)、郷士であった藤堂虎高の子として藤堂高虎は誕生しました。幼少期から人並み外れた大きな身で、一説には身長6尺2寸(約190cm)であったともされます。

生涯に7人の主君に仕えることになる藤堂高虎ですが、最初に仕えたのは織田信長の義弟・浅井長政でした。元亀元年(1570)、織田信長と朝倉・浅井連合軍が争った姉川の戦いで初陣を飾るものの、浅井軍は敗北。主君を替えながら渡り歩いたあと、羽柴(豊臣)秀吉の弟、羽柴秀長に見込まれて、300石で召し抱えられます。天正13年(1585)には、紀州粉河(和歌山県粉河町)1万石の大名に出世します。

藤堂高虎の最初の主君、浅井長政が居城にした小谷城本丸跡

藤堂高虎の最初の主君、浅井長政が居城にした小谷城本丸跡

羽柴秀長のもとで本格的な築城に初めて関わる

藤堂高虎が大名となった天正13年(1585)、紀州を平定した羽柴秀吉は、弟の羽柴秀長に和歌山城の築城を命じます。約1万人が築城に動員される中、藤堂高虎は普請奉行に任命され、初めての本格的な築城にあたることになりました。羽柴秀長は大和郡山城(奈良県大和郡山市)に在城し、城代として和歌山城には桑山重晴がおかれました。

この頃、藤堂高虎は現在の和歌山県と三重県の境界付近に、赤木城(三重県熊野市)も築いています。天正14年(1586)に起きた「天正の北山一揆」を鎮圧するために建てられたとされ、高石垣や桝形虎口を備えた織豊系城郭の特徴をよく表しています。山間部にありながら、石垣造りの見事な城です。

和歌山城は羽柴秀長が標高48mの小山に居館を築いたのが始まり

和歌山城は羽柴秀長が標高48mの小山に居館を築いたのが始まり

 

藤堂高虎が縄張りをした赤木城。横長の自然石が積み上げられているのが特徴

藤堂高虎が縄張りをした赤木城。横長の自然石が積み上げられているのが特徴

豊臣秀吉の説得により還俗し、〝慶長の築城ラッシュ〟の先駆となる

和歌山城の築城から6年後の天正19年(1591)、豊臣秀長が没すると娘婿の豊臣秀保が後継者となり、藤堂高虎は代理人を務め、朝鮮出兵に参戦しています。しかし、豊臣秀保が早世したため、出家し高野山に隠棲してしまいます。藤堂高虎の才を惜しんだ豊臣秀吉の説得により還俗し、文禄4年(1595)には伊予宇和島(愛媛県宇和島市)7万石の大名となります。さらに、慶長の役の武功で1万石を加増されました。

宇和島城は、慶長元~6年(1596~1601)に藤堂高虎が築城し、大半が海に面する地形を巧みに活かした縄張り。石垣や天守、矢倉は、元和元年(1615)に入部した伊達家により修築されますが、基本的な構造は高虎時代のものが引き継がれています。

宇和島城の天守は、第一層から同じ形の建物を規則的に小さくしながら積み上げていく「層塔型」天守と呼ばれます。藤堂高虎が考案した様式で、同じ形の構造物を積み上げていくため工期が短縮でき、しかも建築コストが抑えられます。そのため、短期間で多数の城を築くことが求められた慶長年間に、一気に全国に広まりました。現存十二天守の中では宇和島城のほか、弘前城(青森県弘前市)、松本城(長野県松本市)、備中松山城(岡山県高梁市)、伊予松山城(愛媛県松山市)、丸亀城(香川県丸亀市)が該当します。

名護屋城本丸跡から玄界灘を望む。豊臣秀保の代理で藤堂高虎は朝鮮出兵に参戦した

名護屋城本丸跡から玄界灘を望む。豊臣秀保の代理で藤堂高虎は朝鮮出兵に参戦した

 

藤堂高虎が考案した「層塔型天守」の代表格である宇和島城

藤堂高虎が考案した「層塔型天守」の代表格である宇和島城

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている 徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に…
  2. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】
  3. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
  4. 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】
  5. 八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる 水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将と…
PAGE TOP