新着記事

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

写真・文/藪内成基

戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英傑」に仕える武将たちは、忠義を守りながら、時に家のために立場を変えながら生き残りを図りました。その中には、出世や左遷によって、全国を飛び回ることになった者も少なくありません。激動の「異動」を経た武将の人生を、ゆかりの城とともにご紹介します。

今回は、豊臣秀吉に見いだされて出世を重ねたものの、関ヶ原の戦いでは徳川家康に味方し、晩年には徳川幕府と対立することになった、福島正則(ふくしままさのり)を取り上げます。

羽柴秀吉に取り立てられ四国で力をつける

福島正則は尾張国(現在の愛知県)に生まれ、親戚であった羽柴秀吉に幼少期より仕えました。武名を広める契機となったのが、天正11年(1583)の賤ヶ岳(しずがだけ)合戦です。

本能寺の変後、明智光秀を討ち実質的な主導権を握っていた羽柴秀吉と、織田家旧臣の中で有力であった柴田勝家との間で権力争いが勃発。これが、賤ヶ岳合戦に発展し、羽柴秀吉が勝利を収めます。目覚ましい活躍ぶりから、「賤ヶ岳の七本槍」 と称賛された7名の中でも、福島正則は恩賞では別格の扱いを受けたのでした。「賤ヶ岳の七本槍」には、後に「築城の名手」として名を馳せる加藤清正らがいました。

福島正則が廃城にしたとされる湯築城には伊予国守護所が置かれていた

福島正則が廃城にしたとされる湯築城には伊予国守護所が置かれていた

その後、羽柴秀吉の四国平定でも力を発揮し、大名として伊予に入部。湯築城(愛媛県松山市)を廃城にしたとされます。湯築城は日本100名城のひとつで、道後温泉と隣接する道後公園に外堀や内掘、土塁が現存。南北朝時代初期から史料にみられる歴史ある城で、室町時代以降は伊予国守護所として河野(こうの)氏による伊予支配の中心地でした。

秀吉から功績を認められ清須城主に出世する

四国平定後も、九州征伐や小田原攻め、朝鮮出兵で功績を積み重ね、清須城(愛知県清須市)の城主となります。清須は、京や鎌倉に連絡する往還と、伊勢街道が合流する交通の要衝であり、尾張の政治・経済の中心地でもある重要な場所でした。何より清須城と言えば、永禄3年(1560)の桶狭間の戦いの際、織田信長は清須城から出陣しました。織田信長にとって人生のターニングポイントを迎えた城ともいえます。

清須城を居城にしていた時期に、主君の豊臣秀吉が亡くなります。その後、福島正則は石田三成と対立し、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは、豊臣恩顧の大名でありながら東軍に所属。先陣を務めるなど、東軍の勝利に貢献します

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

清州公園に立つ「信長公出陣の像」

清州公園に立つ「信長公出陣の像」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】 「応仁の乱」と日野富子【にっぽん歴史夜話20】
  2. 松江城天守には、前身である月山富田城から運ばれてきた材木が一部に利用されている 徳川家康と石田三成の仲介役を果たし、国宝・松江城を築く|三英傑に…
  3. 藤堂高虎が考案した「層塔型天守」の代表格である宇和島城 築城術と忠誠心で勝ち取った秀吉と家康の信頼|三英傑に仕え「全国転…
  4. 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】 松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】
  5. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造 織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転…
PAGE TOP