新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

幕末の日本でいち早く近代化を推進した小栗上野介忠順は、「徳川近代」を象徴する幕臣である。その小栗が維新後、さしたる理由もなく新政府軍に斬首されたことに「維新の実像」が見えて来る。

元『歴史読本』編集者で歴史書籍編集プロダクション・三猿舎を経営する安田清人氏による、『消された徳川近代 明治日本の欺瞞』著者・原田伊織氏インタビュー。今回の第三弾は、「徳川近代」を牽引した小栗上野介忠順の実像に迫る。

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

消された小栗上野介

――ご著書『消された徳川近代 明治日本の欺瞞』では、「徳川近代」をつくり上げてきた複数の人材が紹介されています。第三章では、小栗上野介を「徳川近代の柱」と表現しておいでです。

原田 小栗こそは、「徳川近代」を代表する優れた官僚であり、政治家だと私は確信しています。「徳川近代」を支えた幕臣はあまたいますが、なかでも小栗は傑出しています。知力、実践力、交渉力、危機対応力、何れにおいても。並ぶものはいません。

それは当時の記録に明らかです。万延遣米使節としてアメリカに渡ったとき、アメリカの政府高官やメディアが小栗のことを驚くほど高く評価しています。評一切のバイアスが想定できない相手が小栗を高く評価しているのですから、これほど信用できる評価はありません。

正直に言えば、この本一冊、まるまる小栗に紙幅を割いても良かったくらいです。しかし、咸臨丸の渡航や日米交渉の過程に注目すると、どうしても小野友五郎や岩瀬忠震にも触れないわけにはいきません。彼らに比べれば、小栗は近年、いろいろなメディアで取り上げられる機会もあります。相対的な知名度は高い。となると、「徳川近代」を語るためには、やはり小栗だけでなく、小野や岩瀬の功績も取り上げるべきだろうと判断したのです。

――岩瀬忠震についてもっとも評価すべき点とは?

原田 簡単に言えば、日米交渉の実務を取り仕切り、「日米修好通商条約」を締結に漕ぎつけた、ということです。一般的なイメージだと、「日米修好通商条約」は不平等条約で、幕臣はアメリカのハリスの言いなりになって、この不平等条約を唯々諾々と受け入れたことになっています。しかし、これはまったくの間違い。当時の時代背景を冷静に分析すれば、必ずしも不平等とは言えません。

諸外国との真っ当であった条約は、むしろ尊皇攘夷派の「異人斬り」という暴挙によって、日本側が不利になっていったという推移があります。薩長を中心とする明治政府にとっては、非常に都合が悪い話ですから、「不平等条約を幕府が押し付けられた」という物語に仕立てたのでしょう。

――小栗の功績として、特筆すべきは。

原田 まずは日米外交。小栗はアメリカで近代文明に直接触れる機会を得ました。そして帰国後、幕府軍の近代化だけにとどまらず、横須賀造船所という、製鉄所と造船所を兼ねた近代工業施設を造り上げます。小栗はアメリカから帰国するとき、グラスやネジ、バネといった工業製品を持ち帰りました。西欧工業社会をモデルとして近代国家建設を、素手のこの段階で志していたことが分かります。

横須賀造船所建設にあたり、小栗は幕臣きってのフランス通である栗本鋤雲を通じて、技師ヴェルニーを招聘するなどフランスの全面的な支援を受けています。この時、幕府財政を案じる栗本に向かって「いずれ売り出すとしても土蔵付き売家の栄誉が残る」と言った話は有名です。たとえ幕府が倒れたとしても、横須賀造船所を残せば徳川の栄誉であるというわけです。すでに幕府という枠組みを超えて、国家の行く末を見据えていたことが分かる逸話です。

小栗がアメリカから持ち帰ったネジ。日本の近代事始めを象徴する一本だ(東善寺蔵)

小栗がアメリカから持ち帰ったネジ。日本の近代事始めを象徴する一本だ(東善寺蔵)

その他、日本初の株式会社である兵庫商社を設立し、同じく株式会社方式で築地ホテルを開業したことなども、小栗の功績です。

小栗が建設を進めた築地ホテル。旅籠が中心だった幕末に本格的な洋風ホテルが稼働した(東善寺蔵)。

小栗が建設を進めた築地ホテル。旅籠が中心だった幕末に本格的な洋風ホテルが稼働した(東善寺蔵)。

――その小栗も、最後は悲劇的な最期を迎えます。

原田 小栗と、志を一つとする幕臣たちは、「小栗グループ」とでもいうべき一団を形成し、やがて幕臣の中心に位置するようになります。しかし、一橋慶喜が将軍となることによって、彼らの立場は悪くなる。幕末の段階では、主戦派の代表格であった小栗は遠ざけられ、慶喜は勝海舟や大久保一翁に全権を委ねて明治政府に恭順してしまいます。

勝からすれば、どうしたって太刀打ちできない「高い壁」であった小栗が消えてくれて安堵したことでしょう。慶喜はなぜ勝を抜擢したのか。それは、勝が山内容堂と面識があるとか、薩摩の西郷のことを知っているとか、そういう人脈が役に立つと考えた。それだけだったと思います。勝の能力云々でなく、新政府側の要路と知人だったから。慶喜の意識としては、徳川幕府、公儀を代表する人間と考えたのではなく、徳川家の家政を預けたという感覚が強いのではないかと、私は考えています。

その結果、小栗は江戸を離れて知行地である上州権田村(群馬県高崎市倉渕町)に引き上げます。そこで、東山道総督府の手によって、官軍に抵抗する構えを見せたからという理由にもならない理由で斬首されることになります。

明らかに新政府は最初から小栗を抹殺するつもりだったのでしょう。彼らからすれば、小栗は旧幕府の主戦派であり、すぐれた識見や戦術をもつ、もっとも危険な男だったのです。

群馬県高崎市倉渕町に建つ「小栗上野介顕彰慰霊碑」。碑文には「偉人小栗上野介 罪なくして此処に斬らる」と刻まれている。

群馬県高崎市倉渕町に建つ「小栗上野介顕彰慰霊碑」。碑文には「偉人小栗上野介 罪なくして此処に斬らる」と刻まれている。

のちに佐賀藩出身の大隈重信は、「明治政府の近代化政策は、小栗忠順の模倣にすぎない」と語り、明治維新を「日本の夜明け」として描く司馬遼太郎でさえ、小栗を「明治の父」と呼んでいます。明治政府は小栗とその偉業を「なかったこと」にしようとしましたが、それは隠しきれるものではなかったのです。

*   *   *

坂本龍馬に触れなくても幕末維新は描けるが、小栗に言及しなければとうてい描けないと語る原田さん。「徳川近代」をリードし、近代国家の礎となった小栗の功績は、今後、さらに掘り下げられ、広く知られるようになるべきだと痛感する。

原田氏の著書『消された「徳川近代」明治日本の欺瞞』

消された「徳川近代」明治日本の欺瞞
原田伊織/著 小学館刊
単行本 319ページ
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388652

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭 戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【…
  2. ブルック家に伝来する写真。左から勝海舟、赤松大三郎、小野友五郎。いずれも咸臨丸に乗船していた(G・Mブルック4世蔵) 咸臨丸の太平洋横断を「わが偉業」にしてしまった勝海舟の虚構【検証…
  3. 浦賀・燈明堂付近から黒船が停泊した地点を望む。激動の時代はここから始まった。 明治新政府が無かったことにした「徳川近代」とは何か?【検証 「徳…
PAGE TOP