新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

咸臨丸の太平洋横断を「わが偉業」にしてしまった勝海舟の虚構【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 2】

「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうこともある。原田伊織氏が近著『消された徳川近代 明治日本の欺瞞』で提唱する「徳川近代」も然り。

元『歴史読本』編集者で歴史書籍編集プロダクション・三猿舎を経営する安田清人氏による直撃第二弾は、咸臨丸太平洋横断の虚実に迫る。

幕府遣米使節とブキャナン大統領らとの会談の様子を大きく報じる米紙(東善寺蔵)

幕府遣米使節とブキャナン大統領らとの会談の様子を大きく報じる米紙(東善寺蔵)

虚構だらけの咸臨丸渡海

――咸臨丸の太平洋横断は、幕末維新のキーマンの一人である勝海舟について語る際、絶対に落とすことのできない「栄光の歴史」として語られてきました。

原田 これはどうしても訂正しておかなくてはならない「欺瞞」です。咸臨丸の渡航自体は、もちろん日本にとって記念すべき出来事ではありますが、遣米使節の派遣という大事業の一環に過ぎませんし、それは決して勝海舟の「偉業」などではありません。

――咸臨丸はなぜアメリカに渡航したのでしょう。

原田 まず安政五年(1858)に日米修好通商条約が締結されます。国際条約ですから、批准書を交換する必要がある。そこで、安政七年に遣米施設が派遣されることになります。正使が新見正興、副使は村垣範正、そして目付が小栗上野介忠順です。彼らは、まさに「徳川近代」を支えた優秀な官僚たちでした。なかでも小栗は、開明的で当時としてはかなり抜きんでた国際派と評価できます。小栗ら一行は、アメリカ軍艦のポーハタン号に乗船してアメリカを目指しました。

このとき、幕府が進めてきた海軍伝習の成果を試すために、幕府軍艦を随行させることになります。それが咸臨丸でした。つまり、この使節派遣の主役はあくまでもポーハタン号。「咸臨丸の偉業」というのは、そもそも後に勝が自己宣伝のためにつくり上げた虚像なのです。咸臨丸での渡航時、勝は軍艦奉行木村摂津守喜毅の下で教授方頭取を務めました。木村が提督、勝はその下の艦長という位置づけです。しかし、勝は出航後すぐに激しい船酔いに苦しみ、アメリカ到着までに三回しか船室から出てこなかったと言います。まったく役には立たなかったということです。

――勝海舟が咸臨丸を操縦し、見事に日本人だけの力で太平洋を渡ったというイメージで語られています。

原田 勝という人は、調整能力や折衝の能力は優れていたと思います。しかし、船舶の運航や航海などの海事関係は、からっきしダメだった。ですから、長崎海軍伝習所に一期生として入学したにもかかわらず、一度落第しているくらいです。そして海軍の伝習を受けていたにも関わらず、船酔いが治らなかったのですから、自然環境にも弱かったのでしょう。端的に言って船乗りには向いていません(笑)。

勝の経歴を見てくると、確かに海軍一筋で来たように見えます。軍艦操練所頭取、軍艦奉行、海軍奉行並を歴任しています。しかし、実は勝はこれらの役職に就いたかと思うと免職され、しばらくするとまた任用されたりしている。要するに就職と離職を繰り返しているのです。したがって、勝の海軍士官としての能力には疑問を持たざるを得ません。

ブルック家に伝来する写真。左から勝海舟、赤松大三郎、小野友五郎。いずれも咸臨丸に乗船していた(G・Mブルック4世蔵)

ブルック家に伝来する写真。左から勝海舟、赤松大三郎、小野友五郎。いずれも咸臨丸に乗船していた(G・Mブルック4世蔵)

――勝は無能だったのでしょうか。

原田 父親の勝小吉ゆずりなのか、弁舌は巧みだったし、調停能力、周旋能力はあったでしょう。その力で幕末を生き抜いたと言ってもいい。しかし、船乗り、海軍士官としては落第です。木村の証言によれば、勝は太平洋上で癇癪を起こし、「俺はもう帰る」と駄々をこねて周囲を困らせたといいます。こういう人物が、人望があるわけがない。当然、士官だけでなく水主たちからも疎んじられたようです。

――それでよく咸臨丸はアメリカにたどり着けましたね。

原田 実際、咸臨丸の操船を主体的に行ったのは、アドバイザー的な立場で同乗していたブルック大尉以下のアメリカ人でした。日本人で彼らの作業に加わる技量をもっていたのは、中浜万次郎と小野友五郎、そして浜口興右衛門の三人程度。なかでも小野友五郎は、ブルック大尉が戦力として頼った、ただ一人の日本人乗組員なのです。咸臨丸は、ブルック大尉と小野友五郎がいなければ、確実に沈んでいたでしょう。我々が知っている「咸臨丸物語」は、勝を主人公とする物語です。しかし、本当の主人公はこの二人だったのです。

実質的に咸臨丸を操艦したブルック大尉(G・Mブルック4世蔵)

実質的に咸臨丸を操艦したブルック大尉(G・Mブルック4世蔵)

勝は後に『氷川清話』などの回想録で、自らを正当化する証言をたくさん残しています。しかし、木村摂津守や赤松大三郎、福沢諭吉など、咸臨丸に同乗していた複数の人の証言があるのですから、もういい加減、勝の怪しげな回想に頼るのではなく、彼らの声に耳を傾けて、あらたな「咸臨丸物語」を描くべきです。それが、「徳川近代」を正しく理解することにつながると、私は思います。

*   *   *

咸臨丸渡海は、勝が幕末政治の表舞台に登場するきっかけとなった「栄光」の出来事だが、それさえも「虚構」であったとは。小野友五郎ら、「徳川近代」を作った人々の活躍が、勝の盛名によって隠されている現実を、原田さんは厳しく指弾する。【続く】

原田氏の著書『消された「徳川近代」明治日本の欺瞞』

消された「徳川近代」明治日本の欺瞞
原田伊織/著 小学館刊
単行本 319ページ
https://www.shogakukan.co.jp/books/09388652

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭 戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【…
  2. アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵) 明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検…
  3. 浦賀・燈明堂付近から黒船が停泊した地点を望む。激動の時代はここから始まった。 明治新政府が無かったことにした「徳川近代」とは何か?【検証 「徳…
  4. 咸臨丸 所縁の地サンフランシスコで巡る幕末の歴史|「咸臨丸」水夫達の眠る…
PAGE TOP