新着記事

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

犬が変えた歴史|吉田松陰の運命を変えた横浜村の数頭の犬

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

犬が変えた歴史|吉田松陰の運命を変えた横浜村の数頭の犬

嘉永7(1854)年3月10日、吉田松陰はペリーの黒船に乗るために、横浜村を訪れます。弟子の金子重之助と、明るいうちに渡航のための小舟を探して、係留されていたいくつかの舟を見つけました。海岸を歩いて下見をした後、二人は宿に戻り、酒場で時間をつぶして夜を待ちます。そして深夜、計画を実行しようとする二人の前に立ちはだかったのが、数頭の犬でした。

渡るの舵なき我将を如何せん 是時村犬群来り我を吠ゆ 余咲(わらい)て渋生(金子重之助のこと)に謂曰く 我初て盗の難を知る是夜(吉田松陰「回顧録」)

吉田松陰(寅次郎)著、回顧録、文求堂刊(国立国会図書館アーカイブズ)

吉田松陰(寅次郎)著、回顧録、文求堂刊(国立国会図書館アーカイブズ)

吉田松陰と金子重之助を取り巻き、数頭の村犬が吠えかかりました。二人はしつこい犬達の攻撃に困って、小舟を盗むことができず、その日は保土谷の宿に引き返します。もし、ここで数頭の犬に囲まれず、二人が小舟を盗むことができたとしたら、その後の歴史は大きく変わっていたと思われます。

横浜村から伊豆下田に移動した黒船を追って、二人が再び密航しようとした夜、海は荒れていました。二人の荷物を乗せた小舟は流されてしまい、身元が判明すると観念した吉田松陰は、自ら番所に出頭します。横浜村で犬に囲まれなかったら、小舟が流されることはなく、番所に出頭せずに、生き延びていたかもしれません。

■共同体で飼育されていた江戸の犬事情

吉田松陰らを追い出した数頭の犬は、誰かの番犬として所有されていたのではなく、地域共同体で里犬として飼育されていました。現在の野良犬や放浪犬と異なるのは、村の人びとの役に立ち、その存在が認められていた点にあります。

江戸末期の里犬は、昼間はあちこちの家庭で出る残飯をもらって食べ、腐敗する生ごみを処分していました。大人たちはその存在を自然に受け入れ、子どもたちには恰好の遊び相手でした。当時の里犬は、餌をもらえる家や、残飯を捨てていた場所ごとに、縄張りをもっていたようです。昼間はそうした場所で食餌をしたり、道端で昼寝をしたり、子どもたちと遊んだ後、夜間、特定の場所に集まって休みました。

里犬は共同体の中を歩きまわり、どの家にどんな人が住んでいるかを把握していました。強い縄張り意識をもち、共同体の外からやってきた不審者には吠えかかって抵抗します。人びとが里犬を大切にしていた理由のひとつは、いざという時、優秀な番犬として役に立ったからです。

吉田松陰と金子重之助に限らず、里犬は見知らぬ怪しい人間には、見境なく吠え立てました。アメリカ初代駐日領事ハリスの通訳ヘンリー・ヒュースケンは、「日本の犬はわれわれを見るとひどく騒ぎ立てて吠えかかり、村中の仲間を寄せ集めて吠えまくる。村を離れて次の村に行くと、その村中の犬がまた集まって吠える」と書き残しています。

■ペリーの自宅にいた日本犬

吉田松陰の渡航を拒んだペリーは帰国し、1858年3月4日、ニューヨークの自宅で63歳で亡くなります。万延元(1860)年、日米修好通商条約を結ぶために幕府から派遣された新見豊前守(ぶぜんのかみ)と村垣淡路守の二人は、表敬のためペリーの自宅を訪れます。二人を迎えたのはペリーの未亡人ジェーン・スライデル・ペリーとその娘、そして二頭の日本犬・狆(ちん)でした。

小原古邨作 狆

小原古邨作 狆

二頭の狆はペリーとともにニューヨークに渡り、珍しい犬として、大切に飼育されていたようです。新見と村垣が日本人だと知ると、二頭は「大いに悦び、踊ることきわまりなし」(柳川当清著「航海日記」より)と大歓待してくれた上、二人がペリー宅を去る時は「別れをおしみ、跡(後)をしたうそのさまは人のごとし」で、「実に不便(注:不憫のこと)にして、われらにいたるまで落涙におよび」と、別れを悲しみました。日本に帰りたかったのでしょうか。

ペリーが連れて帰った狆については、まだわからないことも多いのですが、愛くるしい狆が日本のイメージアップに役立ったことは間違いないでしょう。犬で渡米できなかった吉田松陰と、海を渡った狆。犬をめぐる、不思議な歴史の物語でした。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大切なペットのストレス解消法は?|ペットの健康に関する調査 大切なペットのストレス解消法|犬は「定期的な散歩」、猫は「こまめ…
  2. “マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査 “犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛…
  3. 蜂・ムカデ・ゴキブリまで⁉ 供養碑に見る日本人の動物愛護 命あるものは平等に尊いと考えた日本人| 供養碑に見る動物愛護の軌…
  4. 「犬」と相手をののしり合った鎌倉武士の大ゲンカ 「犬」と相手をののしり合った鎌倉武士の大ゲンカ
  5. 日本を狂犬病の清浄国にした二人のキーマンと無名の人々 日本を狂犬病の清浄国にした二人のキーマンと無名の人々
PAGE TOP