新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

【江戸三百藩】年始、五節句、定例日……|江戸城への登城は大名たちにとってこんなにも大変だった!

江戸城大手門前

登城の日には200近くの大名行列が江戸城大手門に殺到した。そのため拝謁時刻よりかなり早めに大名屋敷から出発した。大名は、大手門前の下馬札のところで供の家来を残して城内に入る。ここから随行できる家来は大名の格式によって違いがあった。CG制作/中村宣夫

江戸に参勤してきた大名が幕府に対して果たさなければならなかった義務とは、年始、五節句など江戸城で執り行なわれる儀式に参列するため登城すること。そして月3回ほどの定例日(「月次」)に登城して将軍に拝謁することの二つであった。

だが、一口に登城といっても、当の大名や藩士たちにとっては実に大変なことだった。

最後の広島藩主浅野長勲の証言によれば、上屋敷を出るのは拝謁時刻2時間前の午前8時であった。浅野家の上屋敷は現在の霞が関にあり、江戸城とは目と鼻の先といってよいが、なぜ2時間も前に屋敷を出たのか。

この日、登城するのは浅野家だけではなく、江戸在府中の大名すべてが、行列を組んで江戸城大手門に向かったからだ。200近くもの大名行列が、一斉に城へと進んだ格好だった。

浅野家の登城行列の人数は、80人ほどである。浅野家は40万石を超える大名で、行列の人数は多い方だが、数十人単位の登城行列が200もあれば、総人数は1万人にも達しただろう。登城日の朝、江戸城周辺は大名の登城行列で大混雑していたことは間違いない。

80人近くの縦隊といっても、実際は行列を三つぐらいに分け、間隔を置いて城へと向かったため、その長さはおよそ200〜300メートルにも達した。各登城行列の長さも、混雑を増す要因になったのは言うまでもない。

その上、自分よりも格上の大名の登城行列にぶつかると、道を譲らなければならなかった。仮に徳川御三家の行列に出会ってしまうと、敬意を表して駕籠から降りて挨拶することになっており、その分到着も遅れる。

実際のところは、格上の大名と出会いそうになると道を変えて出くわさないようにしているが、到着が遅れることに変わりはなかった。

拝謁の時刻に遅刻すれば、幕府の懲罰が待っていたが、そもそも、当時は一番乗りが武門の名誉とされた時代だった。遅参はこれ以上ない恥辱とされていた。つまり、時間にかなり余裕を持って出発しているのは、江戸城周辺の大混雑に巻き込まれるのを懸念したことに加え、遅参を恥辱とみなす社会意識が大きなウェートを占めたのである。

大手門の前に到着した登城行列は、「下馬」という札が立てられた場所で人数の大半がとどまることになる。この場所で、大名が下城してくるのを待ったのである。

大手門は、大名も駕籠に乗ったまま潜れた。行列の人数は10人前後で、駕籠かき4人、挟箱持ち1〜2人、草履り取り1人、供侍5人前後という陣容だった。

しかし、大手門を過ぎて大手三之門の前まで進むと、「下乗(げじょう)」という札が現れる。ここでは、御三家以外の大名は駕籠から降りなければならなかった。駕籠から降りた大名は大手三之門の前に架かる下乗橋を徒歩で渡り、三之門を潜る。その折、大名が連れてきた供侍の数は約半分に減らされている。

続いて中之門が現れるが、御三家といえども、ここで駕籠から降りて徒歩で門を潜らなければならなかった。各大名が連れてきた挟箱持ちも、中之門の前までだった。

本丸への入口に立つ中雀門を潜ると、ようやく本丸御殿の玄関が現れる。玄関に上がる際、大名は腰に差した両刀のうち大刀を抜いて、供侍の一人に預けた。刀番である。草履は草履取りに預けた。刀番も草履取りも、大名が拝謁の儀式が終了して戻ってくるまで玄関の外で待つことになる。

御殿内では、大名一人で行動した。まずは殿席に向かい、拝謁の時を待つのである。

玄関前の風景

本丸御殿の玄関に到着。ここで太刀を供侍に預け、草履は草履取りに預ける。玄関からは大名1人でそれぞれの控席に行く。登城する大名にとっては、心細い感じになっただろう。CG制作/中村宣夫

千代田の御表

『千代田之御表正月元日諸侯登城桔梗下馬』1月1日の卯半刻(午前6時半)に、諸大名が年賀で登城する様子を描いたもの。大手門から御三家、親藩、譜代大名、加賀前田家が登城して、将軍に太刀目録を献上する。/国立国会図書館蔵

 

監修・文/安藤優一郎

『江戸三百藩大名列伝』

サライ編集部/1,700円/中A4判/144ページ
好評発売中
ISBN 978-4-09-103555-4

『江戸三百藩大名列伝』

試し読みできます!

↓↓↓

https://www.shogakukan.co.jp/books/09103555

 

■サライの江戸シリーズ
『サライの江戸 江戸城と大奥』

『サライの江戸 江戸城と大奥』
https://www.shogakukan.co.jp/books/09103553

 
『CGで甦る江戸庶民の暮らし』

『CGで甦る江戸庶民の暮らし』
https://www.shogakukan.co.jp/books/09103554

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『江戸始図』 なぜ江戸が日本で一番大きい例外になったのか?|直木賞作家・門井慶…
  2. 江戸時代、犬と鷹はどちらが偉かったのか?
  3. 東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る…
  4. 江戸最悪の暴君 3位は真田信利、2位は松平忠輝。では1位は?
  5. 江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をC…
PAGE TOP