新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「定年は男の終わりじゃない」萩本欽一に学ぶ、人生の面白がり方

文/印南敦史

『人生はおもしろがった人の勝ち』(萩本欽一著、大和書房)の冒頭で、著者の萩本欽一氏は「絶対においしいものなんか、世の中にはない」と断言している。とはいっても否定的な意味ではなく、話はこう続けられるのだ。

「ただし、ものをおいしく食べることはできる。気心の知れた仲間と食べてもおいしいし、自分ががんばって作った料理を目の前で誰かがおいしそうに食べてくれたら、それを見ているだけでおいしい気持ちになってくる」と。

そしてそれは、人生についても言えるという。

絶対におもしろいことなんかない。同じことでも、状況によって、おもしろかったり、おもしろくなかったりする。だけど、どんな状況にあっても、ものごとをおもしろくすることはできるんじゃないかな。
要は、考え方一つってことだ。(本書3ページ「はじめに おもしろく生きることに年齢は関係ない」より引用)

そんな萩本氏はこれまで、「どうしたらおもしろくなるか」ばかりを考えて生きてきたのだそうだ。具体的には、人と同じことをしていてはダメだということ、運が逃げていかないようにすること、いいことと悪いことは半々だということ、など。

そして、そのような考え方を軸として言えることがあるとすれば、それは「おもしろがった人のほうが、人生をおもしろく生きられる」ということだという。

おもしろく生きることに、年齢は関係ない。いくつになろうが、おもしろく生きようと思えば、おもしろく生きられる。かえって長く生きてきた人、いろいろなことを経験してきた人のほうが、おもしろがるコツを知っているんじゃないかな。(本書3ページ「はじめに おもしろく生きることに年齢は関係ない」より引用)

たった一度きりの人生なのだから、おもしろく生きたほうがいい。本書の根底に流れているのも、そんな思いである。そしてそれは、定年を迎えた人、あるいは、これから数年後に定年を迎える人たちの心にも、なにかを訴えかけるはずだ。

ところで興味深いのは、ネガティブに語られることも少なくない「定年」に関する萩本氏の考え方だ。「次になにかをしなくてはならないと思っているなら、時間を有効に使うために、一日も早く勤め先を辞めたほうがいい」と述べたうえで、定年についての持論を展開しているのだ。

ボクが思うに、定年というのは、紙の表を全部書き終えたということだ。それで、定年後というのは、まだ白紙のままの紙の裏に、新しい何かを書き込んでいくことだ。何を書くかも、どう書くかも、人それぞれ。自分が思ったように、自由に書いていけばいい。(本書47ページより引用)

表に書かれていること、すなわち会社員時代の経験は、あくまで参考書程度だと思えばいいと主張する。裏にした紙をわざわざまたひっくり返して表に戻し、そこに書かれていることを見て、「ああ、昔はよかった」「もう少しがんばればよかったな」などと嘆いたところで始まらないということ。

紙の表面が終わり、せっかく裏面という新しいページができたのだから、これからがんばることだけを考えればいいということである。

表は参考書なのだから、見なくてすむなら見る必要はなし。なにか困ったことやわからないことがあったら、紙をお日様に透かし、表に書かれていることを見る程度でいい。裏面を書く際のインクの色も、表面とは違うほうがいいという。そうすれば、気持ちを新たにできるからだ。

ドラマなんかでよく、「お父さん。定年、ご苦労さん」という言葉が出てくるが、ボクにいわせたら、そんな言葉はもう古い。
「お父さん、表面が終わりましたね」
そのくらいの言葉を聞きたい。
「これから裏面の人生が楽しみね」なんて奥さんがいったら、断然かっこいい。ダンナさんも、「よし、これからは裏で生きていくぞ!」と、元気な声で応える。そんな会話があったら、それだけで楽しくなる。(本書48ページより引用)

だからこそ、座してただ定年を待つのではなく、さっさと辞めて、新しい紙を手に入れたほうがいいという発想だ。

趣味に関しても、萩本氏は独特の考え方を持っているようだ。たとえば、なにかの技術を持っている人であるなら、定年になってからでも、次にまたそれを活かすことができる場所を見つけられる可能性はあるだろう。

ところが、ただのサラリーマンだったという人はそうはいかない。どこかに勤めようと思っても年齢制限があるから、新たな勤め先を見つけるのは困難だということだ。

そこで氏は、「定年で会社を辞めたはいいけれど、次になにをしたらいいのかわからない」という人のために、ひとつ選択肢を増やすという意味で、「弟子」になることを勧めているのである。

何でもいいが、たとえば、包丁研ぎなんていうのはどうだろうか。
職人さんのところに行って、「すいません、包丁研ぎをやりたいので、弟子にしてください」といったら、たぶん雇ってもらえると思う。弟子だから、とりあえず給料はない。でも、弟子としてしっかり働いて入れば、そのうち給料をくれると思う。(本書3ページ「はじめに おもしろく生きることに年齢は関係ない」より引用)

同じように、ゴルフが好きならゴルフ練習場に行って「弟子にしてください」と頼めばいいし、草花が好きで花壇いじりをしたいなら、花を生産している人のところに行って頼み込めばいいという発想。いずれも誠心誠意働いて、いい結果を出せば、やがて「お金を払うから、このまま続けてやってくれない?」ということになるかもしれないというのだ。

こうした発想は、萩本氏の内部に「生きている以上、終わりはない」という考え方があることを示している。それは、73歳で大学生になったという実績があるからこそ言えることでもあるのだろう。つまり氏も、73歳から現在進行形で「裏面」の人生を歩み始めているのだ。

飲みながら話を聞いているような感じで気楽に読めるのに、柔らかな言葉からは強い説得力を感じることができる。それは、本書の根底に根ざす、萩本氏自身の人生経験のおかげなのだろう。

『人生はおもしろがった人の勝ち』萩本欽一著


大和書房 本体1,100円+税 ISBN 9784479393030

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる? 働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる…
  2. 人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策 今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000…
  3. 人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』 「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き…
  4. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』 「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って…
  5. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』 1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『…
PAGE TOP