新着記事

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)

豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなかでも、一、二をあらそう知名度をもち、たびたびドラマや小説の主人公にもなっている。が、それでいて、生まれ年も名も、正確なところはいまだ不明という謎多き存在でもある。本稿では、北政所を語る際、かならず問題となるこの二つの謎へ筆者なりの考察をくわえ、その実像を探ってみたい。

「ねね」か「おね」か

「北政所」とは関白の正室を示す呼称で、本来、一個人に限定されるものではない。が、「黄門」(中納言の唐風呼称)と聞けば徳川光圀、「太閤」(前関白)なら秀吉を連想するように、北政所といえば、まずは秀吉の正室その人を指す。それだけ彼女の存在感が大きかったという証でもあるだろう。

さて、北政所の実名には、大きくわけて二説がある。「ねね(おねね)」と「おね」である。結論を先に言うと、現時点では決め手がなく、どちらかに特定することはできない。

北政所には自筆の書状が残されており、そこには「禰」と署名されている。また、秀吉からの手紙にも、宛名として「おね」と記されたものがある。これらが「おね」説の根拠となるわけだ。

が、「お」は接頭語であるから、この場合、北政所の実名は「ね」だということになる。戦国期の女性といえば、「まつ」(前田利家夫人)、「千代」(山内一豊夫人)など、二音の名が一般的で、「ね」一音というのは、異様な印象を受ける。また、当時は姓名を略して書くのも、ごく当たり前のことだった。たとえば前田利長(1562~1614。利家の嫡男)は秀吉から羽柴姓をたまわり、肥前守に任じられていたから「羽柴肥前守」となるが、略して「は ひ」、または「ひ」と署名した書状がのこっている。この例ひとつ見ても、「禰」と書かれているから「おね」だ、と断定することにはためらいを覚えてしまう。

一方で、「ねね」説にも根拠がない。「禰」が省略された署名だとして、もとの名が「禰禰」だったという証拠にはならないからである。

この両説にくらべると知られていないが、「禰」と書いて「ねい」と読む説がある。筆者は、むしろこちらを支持したい。「寛政重修諸家譜」(徳川幕府が編んだ諸氏の系図・略伝集)では、北政所の名を「寧子」とするが、音が通じる字を適当にあてて書くことも当時はよく行われていた。「禰=寧(ねい)」説はかなり有効だと思えるのだ。

ちなみに、筆者は小説『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社刊)で「ねね」を採用した。これは「おね」説に賛同できなかったものの、「おねい」では読者が違和感を持つと判断し、ひとまず人口に膾炙している「ねね」を選んだのである。

13歳で花嫁に?

名前だけでなく、北政所はその生年も不明である。先の「寛政重修諸家譜」には寛永元(1624)年に83歳、または76歳で没したとあるから、逆算すると、天文11(1542)年ないし18(1549)年生まれ。秀吉との結婚は永禄4(1561)年とされているから、後者の場合、数え13歳での結婚ということになる。若すぎるように思えるかもしれないが、当時はこれが普通で、前田利家の妻まつも12歳で結婚している(第3回参照)。前者だと、20歳での結婚ということになり、むしろ晩婚と言えるほどだ。ゆえに筆者は18年説を採りたいが、これまた、どちらも決め手に欠けている。

利家夫人まつ(芳春院)が名前も生年もはっきり伝わっているのに、天下人の正室であった北政所に不明な点が多いのは、一見ふしぎな気がしてしまう。が、これは豊臣家が早くに滅ぼされてしまったため、正式な家譜をつくることができなかったからだろう。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 高山親子が居住していたとされる地に立つ「高山右近生誕地の碑」(大阪府豊能町) キリシタン大名の数奇な人生|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆ…
  2. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽ…
  3. 応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり 出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【…
  4. 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっ…
  5. 高知城内 山内一豊の妻 銅像 「山内一豊の妻」伝説を検証する【にっぽん歴史夜話15】
PAGE TOP