新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは通説を覆くつがえす、実戦に備えた最強の城だった。

CGで再現した初代江戸城の天守。大天守と小天守によって囲われた空間は、およそ2400平方メートル(80×40m)に及ぶ。白漆喰総塗籠の大天守の高さは約68mと推定され、織田信長の安土城や豊臣秀吉の大坂城を優に上回る。

昨年(2017年)2月、画期的な史料発見のニュースが島根県松江市から伝えられた。松江歴史館所蔵の『極秘諸国城図』全74枚の中に、最古級の江戸絵図『江戸始図』が見つかり、これまで謎に満ちていた徳川家康が築城した初代江戸城の真の姿が判明したというのである。

『極秘諸国城図』は、もともと松江藩に古くから伝えられていた史料。松江市に長く所蔵されていたが、特段の注意が払われることはなかった。

ところが、長年にわたり城郭研究に取り組んできた奈良大学の千田嘉博教授が『江戸始図』の存在に気づいた。改めて詳しく調査してみると、記載された大名・旗本の名前や官職から、慶長12~14年(1607~09)頃の江戸城を描いた絵図であることがわかったという。

徳川家康が築いた慶長12~14年頃の初代江戸城の様子を伝える、最古級の江戸絵図『江戸始図』。『極秘諸国城しろ図ず 』(全74枚)の中から発見された。石垣や濠などの構造が、正確かつ詳細に描き込まれている。松江歴史館蔵

千田教授によれば、明らかになった初代江戸城の大きな特徴は3つある。

その1。天守は単独でなく、大天守と複数の小天守を多聞櫓で連結した連立式天守であった。本丸に攻めこまれても、なお天守群で戦いを続けられる最強の構えといえる。関ヶ原の戦いのあと、池田輝政が大改修した姫路城もこの連立式天守の構造だった。

その2。本丸の南側に、城壁を外側に張り出して互い違いに出入り口を連続させた外枡形を5つ備えていた。鉄壁の防御を誇る一方、城門の開閉を敵に察知されにくいため出撃も容易。加藤清正の熊本城が、同じように5連続枡形を備える城だった。

その3。本丸北側の出入り口に、三重構造の馬出しを配備していた。馬出しは、甲斐の武田氏、関東の北条氏が戦国時代から逸早く用いたもので、家康自身、戦を通してその有効性をよく認識していた。

すなわち、家康の築いた初代江戸城は、堅固を誇った東西の城の特徴を併せ持つ「日本最強の要塞」だったのである。慶長12~14年といえば、大坂冬の陣(1614)の5年ほど前。家康は戦への備えを強く意識していたのだろう。

新発見の『江戸始図』をもとにCGで再現した家康時代の初代江戸城の本丸。天守は連立式。南側(左下)に5つの外枡形、北側(右上)に三重構造の馬出しが備えられている。合戦を意識した最強の城だった。

本丸南側に5連続の外枡形虎口がもうけられている。万一敵が外から侵入しても、進路が阻はばまれて先が見通せず、城内の四方から敵を攻撃できる。外枡形の発達を促したのは文禄・慶長の役(1592、1597年)だったという。

*  *  *

なお、発売中のサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』では、今回明らかになった家康時代の初代江戸城を3DCGで再現。のちに2度造り替えられた歴代天守と比較しながら徹底解剖している。さらに、将軍や御台所の一日、知られざる大奥女性の生活など、最新の研究を網羅。まさに、現在判明している江戸城のすべてがわかる一冊である。

江戸城のすべてがわかる本です!

家康時代の天守から大奥の女性の生活まで、江戸城のすべてをこれ一冊に。サライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』1700円 A4判128ページ 小学館

※この記事はサライ2018年7月号より転載しました(取材・文/矢島裕紀彦 CG制作/中村宣夫)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城大手門前 【江戸三百藩】年始、五節句、定例日……|江戸城への登城は大名たち…
  2. 『江戸始図』 なぜ江戸が日本で一番大きい例外になったのか?|直木賞作家・門井慶…
  3. 江戸時代、犬と鷹はどちらが偉かったのか?
  4. 東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る…
  5. 江戸最悪の暴君 3位は真田信利、2位は松平忠輝。では1位は?
PAGE TOP