新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは通説を覆くつがえす、実戦に備えた最強の城だった。

CGで再現した初代江戸城の天守。大天守と小天守によって囲われた空間は、およそ2400平方メートル(80×40m)に及ぶ。白漆喰総塗籠の大天守の高さは約68mと推定され、織田信長の安土城や豊臣秀吉の大坂城を優に上回る。

昨年(2017年)2月、画期的な史料発見のニュースが島根県松江市から伝えられた。松江歴史館所蔵の『極秘諸国城図』全74枚の中に、最古級の江戸絵図『江戸始図』が見つかり、これまで謎に満ちていた徳川家康が築城した初代江戸城の真の姿が判明したというのである。

『極秘諸国城図』は、もともと松江藩に古くから伝えられていた史料。松江市に長く所蔵されていたが、特段の注意が払われることはなかった。

ところが、長年にわたり城郭研究に取り組んできた奈良大学の千田嘉博教授が『江戸始図』の存在に気づいた。改めて詳しく調査してみると、記載された大名・旗本の名前や官職から、慶長12~14年(1607~09)頃の江戸城を描いた絵図であることがわかったという。

徳川家康が築いた慶長12~14年頃の初代江戸城の様子を伝える、最古級の江戸絵図『江戸始図』。『極秘諸国城しろ図ず 』(全74枚)の中から発見された。石垣や濠などの構造が、正確かつ詳細に描き込まれている。松江歴史館蔵

千田教授によれば、明らかになった初代江戸城の大きな特徴は3つある。

その1。天守は単独でなく、大天守と複数の小天守を多聞櫓で連結した連立式天守であった。本丸に攻めこまれても、なお天守群で戦いを続けられる最強の構えといえる。関ヶ原の戦いのあと、池田輝政が大改修した姫路城もこの連立式天守の構造だった。

その2。本丸の南側に、城壁を外側に張り出して互い違いに出入り口を連続させた外枡形を5つ備えていた。鉄壁の防御を誇る一方、城門の開閉を敵に察知されにくいため出撃も容易。加藤清正の熊本城が、同じように5連続枡形を備える城だった。

その3。本丸北側の出入り口に、三重構造の馬出しを配備していた。馬出しは、甲斐の武田氏、関東の北条氏が戦国時代から逸早く用いたもので、家康自身、戦を通してその有効性をよく認識していた。

すなわち、家康の築いた初代江戸城は、堅固を誇った東西の城の特徴を併せ持つ「日本最強の要塞」だったのである。慶長12~14年といえば、大坂冬の陣(1614)の5年ほど前。家康は戦への備えを強く意識していたのだろう。

新発見の『江戸始図』をもとにCGで再現した家康時代の初代江戸城の本丸。天守は連立式。南側(左下)に5つの外枡形、北側(右上)に三重構造の馬出しが備えられている。合戦を意識した最強の城だった。

本丸南側に5連続の外枡形虎口がもうけられている。万一敵が外から侵入しても、進路が阻はばまれて先が見通せず、城内の四方から敵を攻撃できる。外枡形の発達を促したのは文禄・慶長の役(1592、1597年)だったという。

*  *  *

なお、発売中のサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』では、今回明らかになった家康時代の初代江戸城を3DCGで再現。のちに2度造り替えられた歴代天守と比較しながら徹底解剖している。さらに、将軍や御台所の一日、知られざる大奥女性の生活など、最新の研究を網羅。まさに、現在判明している江戸城のすべてがわかる一冊である。

江戸城のすべてがわかる本です!

家康時代の天守から大奥の女性の生活まで、江戸城のすべてをこれ一冊に。サライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』1700円 A4判128ページ 小学館

※この記事はサライ2018年7月号より転載しました(取材・文/矢島裕紀彦 CG制作/中村宣夫)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をC…
  2. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  3. まるで実写!江戸時代の街の様子をリアルなCGで完全再現してみた
  4. 名指揮者・飯守泰次郎さんの朝めし自慢「パンなら全粒粉100%、ご…
  5. 【インタビュー】今井恭司さん(写真家)「サッカーと歩んで半世紀。…
PAGE TOP