新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

鳥の名前を調べるコツ!プロが教える「野鳥の見わけ方」3ポイント

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

屋外でカラス、スズメ、ハト以外の鳥を見つけた時に、その鳥の名前がわかると楽しいもの。でも、図鑑を見てもたくさんの鳥が載っていて、自分が見た鳥を探すのは至難の業です。

そこで今回は、見つけた鳥を簡単に見わける方法について、『サライ』本誌の「鳥の唄を聴け」連載でおなじみの野鳥カメラマン・叶内拓哉さんに教えていただきました。

身近にいる小さいキツツキの仲間がコゲラ。名前がわかって調べると、雄の後頭部の左右両脇に赤い羽根があり、めったに観察できないと書かれています。そうなると何とか赤い羽根を見てみたくなって、街路樹を見上げるようになり、野鳥への道へとひた走ることに。

【ポイント1】見つけた場所から推察する

叶内さんによると、まずは鳥がいる場所から、鳥の名前を特定できると言います。

鳥のいる場所を大雑把にわけると、

(1)市街地など普段、生活している近くで観察できる「身近にいる鳥」

(2)住宅地から離れて畑や田んぼがあるような「里山にいる鳥」

(3)林や森など木立のあるような「野山にいる鳥」

(4)川や湖、池など「水辺にいる鳥」

(5)水の中でも特に「海岸にいる鳥」

(6)八丈島や沖縄、小笠原諸島など「島にいる鳥」

の6パターンに分類できます。

市街地と里山を自由に移動する鳥や、季節によって住処を変える鳥もいます。また、「島にいる鳥」の中に北海道を入れるかなど、厳密に鳥の場所を区分するのは難しいのですが、たいていよく見かける場所として1から6までの6つに分け、いた場所から鳥の名前を探すのが便利です。

本やネットでは必ず生息場所が掲載されているので、場所を特定すると絞り込みが可能となります。

【ポイント2】大きさと色、模様から見わける

大きさと色、模様も鳥の名前を検索する、有力な手掛かりです。

大きさに関してはスズメぐらいの大きさか、カラスぐらいか、身近にいる鳥を手掛かりにすると良いでしょう。また、色も見わけのポイントとなりますが、逆光だとどうしても黒っぽく見えるので、しばらく鳥の動きを観察して、異なる方向から観察すると色が良く見えると、叶内さんからのアドバイスです。

色に関しては体全体だけでなく、羽を広げた時の背中の色、枝にとまっている時の胸の色など、どの部分がどんな色をしているかを見ると、鳥名調べがもっと楽になります。カワセミは背中から見ると青い鳥ですが、正面から見ると胸からお腹はオレンジ色をしています。野鳥の色については、バフ色など、あまり一般的に使われないような言葉を使うこともありますが、叶内さんによると「慣れれば簡単ですよ、一度“これがバフ色か”と見てわかったら、次からすぐにわかります」とのこと。ちなみにバフ色とは、薄い黄土色です。

野鳥図鑑などでは、鳥の模様に関して、斑(はん、または「ふ」と読む場合も)という表現を使います。抱卵斑(ほうらんはん)が入るとか、眉斑(びはん)がある、などと表します。眉斑は鳥の名前を区別する時に便利なので、顔をよく見て、眉の模様などをチェックすると鳥の名前が特定できるかもしれません。

眉斑と喉が白いツグミ。長く白い眉毛のように見えます。ハイタカ類の翼の下面の白と黒の模様はタカ斑と書いてタカハンではなく、タカフと読みます。

【ポイント3】鳴き声から聞きわける

「ホーホケキョと鳴く鳥」といえばだれもがウグイスとわかる通り、鳴き声からも鳥の種類を特定することが可能です。古くから日本では「聞きなし」と呼ばれ、鳥の声を言葉に直して愛でてきました。ツバメは「土喰って虫喰って渋い」、ホオジロは「一筆啓上仕(つかまつ)り候」、ホトトギスは「特許許可局(とっきょきょかきょく)」、イカルは「お菊二十一(おきくにじゅういち)」など、日本では面白い聞きなしがたくさんあります。覚えておくと便利ですね。

よく似た鳥を見わける時、鳴き声から判断できる場合もあります。ハシブトガラとコガラは大変よく似ていますが、地鳴きの時、ハシブトガラはプスィという声を出すことがあり、どちらかを区別することができます。

こうした見わけ、聞きわけをもっと詳しく知りたい人のために、叶内拓哉さんの本、『自然散策が楽しくなる! 見わけ・聞きわけ野鳥図鑑』(池田書店刊)が発売されました。美しい写真は見ているだけで野鳥が好きになる一冊です。特に実際に鳴き声をQRコードで聞くことができるのは本当に便利。叶内さんも「繁殖期を迎えた春は、美しい鳥を観察できるチャンスですよ」と誘ってくれました。

『自然散策が楽しくなる! 見わけ・聞きわけ野鳥図鑑』監修・写真:叶内拓哉(池田書店刊)

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)、編集協力『フクロウ式生活のとびら』(誠文堂新光社)ほか。

写真/木村圭司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界
  2. なぜその鳥だけがその木を好むのか?野鳥観察に役立つ木と鳥の相性
  3. 007は鳥類学者だった!ジェームズ・ボンド博士の数奇なる人生
  4. 日本人が大好きな夏の野鳥「ツバメ」の魅力と観察のススメ
  5. ふくろうを飼うなら絶対必要となる3つの条件とは?
PAGE TOP