新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

『団塊絶壁』団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本【印南敦史の定年本イッキ読み19】

文/印南敦史

昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが、今回紹介する『団塊絶壁』(大江 舜著、新潮新書)の著者である大江舜氏が生まれたのは昭和23年とのことなので、まさに「団塊どまんなか」ということになる。

ひとまわり下の世代である私は、正直なところ団塊世代が基本的に苦手だ。理由を書き始めるとキリがなくなるのでやめておくが、そのあたりは著者もおわかりのようで、自身の世代のことを「騒がしく、ややこしく、世にはばかる、迷惑な大集団。やりたい放題、いい思いばかりしやがってと、若い世代にはなにかと評判が悪い」と認めている。

もっとも、当の団塊世代は深刻な問題を多く抱えている。追い詰められた団塊世代の先にあるのは、目もくらむばかりの絶壁。まさに「団塊絶壁」である。(中略)
絶壁の周りに広がるのは、認知症、貧困老人、健保の破綻……。
いっそのことがんになり、カウントダウンのつく余命でも、老人ボケ、痴呆、認知症になるより良くはないか。そう考え、ウディ・アレンの奇妙な三段論法にニヤリとするなら、あなたは立派なソクラテスである。(本書10ページより引用)

古希と呼ばれる年齢(70歳)まで生きたのだから、残されたあとの人生はオマケ。だったら残された人に余計な迷惑をかけないように、自身の最期くらい責任を持ちたい。ただ生きるのではなく、大切なのは「善く生きる」こと。

そして、どうやって善く死ぬか、死ねるかを、しっかり考えるべき。著者によれば、それが本書のテーマだ。

問題が問題であるだけに、読者は要所要所で考えさせられることになるだろう。たとえば個人的にいちばんこたえたのは、認知症と人間関係に焦点を絞った第1章「『人間関係』が左右する認知症」だった。ことの深刻さをより強く訴えかけられるだけに、この話題を冒頭に持ってきたのは正解だといえるだろう。

人間が壊れていくと、心のない機会となんら変わらなくなる。典型的な仕事人間があぶない。会社を辞めて社会との関わりが薄くなってから変化が訪れるようだが、いまの団塊の世代、はたして10年後まで「五体満足」かつ頭脳の「正気」を保てるか。(本書11ページより)

こうしたイントロダクションを経て紹介されるのは、折り目正しく几帳面な性格だったという某有名企業の元社長が壊れていくプロセスである。その描写は痛々しいほどなのでページを飛ばしたくもなるが、きちんと読んでおくべきなのだろうとも感じる。

そしてさらにショッキングなのは、続いて登場する堺屋太一氏の言葉だ。いうまでもなく、元経済企画庁長官である氏は「団塊」の名づけ親である。

「いまに団塊老人の運転する車が日本の国中にあふれ、歩道に乗り上げるわ、電柱をなぎ倒すわ、人を轢き殺すわで、特養老人ホームならぬ特養交通刑務所あたりが必要になるのだろうか」という著者の疑問に対し、「団塊絶壁とは、まさにその通り」としたうえで、こう答えているのである。

「ソクラテスは<生きるために食べよ、食べるために生きるな>と言いましたが、これから団塊の世代は薬漬けになり、何もできずただ生きることになる」
でも、堺屋氏が心配するのはむしろ、「団塊の世代」がいなくなるまでの日本だ。
「これから10年のうちに地獄の風を吹かせて大改革が必要です」(本書24ページより引用)

かくして本書においては、人間関係、老人ホーム、がん特効薬・最先端医療、お金の問題、セックスの問題、安楽死、葬式などさまざまなことがらについての考察がなされていく。

そこに描かれるのは希望のない未来だが、とはいえそれらは、私たちが目を背けるべきではない問題でもあるはずだ。だから熟読しなければならないのだが、ここで印象的なことがある。これだけテーマが重たいのに、不思議なほどスラスラ読めてしまうのだ。なぜなら著者の文体が適度にユルく、ときにユーモラスでもあるからだ。

とはいえ単に楽観的だというわけではなく、著者は本書の執筆に際して思い悩みもしたようだ。

取材をすすめ、現実を見つめれば見つめるほど、現行のトーンがどんどん暗くなっていくのです。本当のことばかりを読者に突きつけていいものだろうか。
しかし、ちょっと待てよと考えました。死を見つめることは、裏をかえせば、あまりの限られた時間をどのように生きるべきかを哲学することになる。
そう考え直すと一条の光が差してきました。そこで団塊世代の「遺書」ではなく、ユーモアをまじえた「マニフェスト」として書くことにしたのです。(本書「あとがき」より引用)

軽妙な文体の裏側に、こんな思いが隠れていたとは驚きだ。しかしそれは、「老い」や「死」について考えることの難しさをも言い表しているようにも思える。

 

【今回の定年本】
『団塊絶壁』
(大江 舜著、新潮新書)

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載「七人のブックウォッチャー」にも参加。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)などがある。新刊は『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 豚肉は健康のもと!83歳の医大名誉教授が教える「長寿式食べ方の習…
  2. 「定年後に起業」は絶対NG!持続可能な老後収入のために今できるこ…
  3. 世界一美味しいご飯をわが家で炊く裏ワザ
  4. ポイントは「目線」ネコを可愛く撮影する秘儀をプロが伝授!
  5. おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ
PAGE TOP