新着記事

アルプスの古都「インスブルック」夏に長期滞在したくなる理由とは?

文/印南敦史もうすぐ、ジメジメとした日本の暑い夏がやってくる。最高気温が更新されるた…

認知症の早期発見に有効!脳ドックの画像検査でわかること【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや検診と言えば、胃がんや大腸がん検診、肺がん検診が代表的ですが、…

巨匠・小津安二郎の不朽の名作が「4Kデジタル修復」され一挙上映

文/編集部黒澤明、溝口健二とならぶ、世界に誇る日本映画の巨匠・小津安二郎(おづ・やす…

愛宕街道・古道に佇む「平野屋」で京都の“旬”を味わう【京都、初夏の新緑散歩】

取材・文/末原美裕「お伊勢七たび、熊野へ三たび、愛宕さんへは月詣り」江戸時代…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」郷土色溢れるお雑煮は、伝えていきたい究極の和食(コウケンテツの料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

【閲覧注意】カレー好きもカレー嫌いになるイヤな妄想画像10コ【イシグロ妄想研究所 vol.4】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)「カレーはどうもニガテで食べられない……」とい…

知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

ヘルニア患者の長引く腰痛、原因は「トリガーポイント」だった【川口陽海の腰痛事件簿 第1回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【名門校の青春食堂 第6回】早稲田中学校高等学校×メルシーのラーメン(東京・早稲田)

文/鈴木隆祐早稲田生に愛されてきたワセメシの代表選手『メルシー』のラーメン早…

なぜお金持ちは長生きする?健康と経済の共通点から導く「健康長寿の秘訣」とは【予防医学の最前線】

文/中村康宏「お金」と「健康」といえば、サライ世代の多くの人が気にかけている問題では…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)

加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その妻まつ(夫の没後、剃髪して芳春院〈ほうしゅんいん〉と称する)は、戦国の女性中でもよく知られた存在である。だが、世上流布しているイメージは、大半がドラマなどによるものといっていい。本稿では、あくまで史料にもとづき、まつの歴史的素顔をさぐってみたい。

尾山神社 (石川県金沢市)に残る、まつ(芳春院) の石碑

40歳近くまでの事績は、ほぼ不明

まつの伝記としてまとまったものには、大正時代に刊行された「芳春夫人小伝」(近藤磐雄・著)がある。没後300年に際し、前田侯爵家の依頼で書かれたものだ。一読しておどろくのは、生い立ちおよび利家との結婚が記されたあと、いきなり末森の戦い(1584年。後述)まで叙述がとんでいることである。このいくさの折、まつは38歳。その間の記録が残っていなかったのだろう。残念ではあるが、これは戦国女性として、けっして特別なことではない。

まつは天文16(1547)年、織田家の弓頭・篠原主計(かずえ)の娘として生まれた。父が早世したため、母はおなじ家中の高畠直吉に再嫁。この母が利家の生母と姉妹だったため、まつは4歳のとき前田家に引き取られ、12歳で利家と結婚する。ふたりはいとこ同士だったのである。ほぼ10歳ちがいの夫婦だった。

余談ながら、拙作『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社刊)にも登場する前田家の重臣・篠原出羽と高畠石見は、名字からわかるように、まつの縁につながる者である。作中でことさらその点を強調はしなかったが、利家がいかに妻を重んじていたかがわかる。

利家に金銀を突きつけた?

先述した「末森の戦い」は、前田家の戦史上、きわめて重要な合戦である。羽柴(豊臣)秀吉と徳川家康があらそった小牧・長久手の戦いに連動し、家康方の佐々成政が前田領の要衝・末森城を急襲したのだ。

最終的には利家が勝ちをおさめるが、兵力としては成政側が優勢だった。「川角太閤記」によると、この時まつは、蓄財に熱心だった夫に金銀の袋を突きつけたという。「日ごろ、財より兵を養いなさいと申し上げておりましたのに、このようなことになりました。いっそ金銀に槍でも持たせたらいかがですか」となじったのだ。

説話の域を出ないものではあるが、なかなかに面白い。ちなみに「芳春夫人小伝」では、このエピソードはカットされている。「明良洪範」を典拠に、将士を激励したという無難な記述が採られているのだ。良妻賢母的なイメージが崩れることをおそれたのだろう。

まつ、前田家を救う

秀吉と利家があいついで没した後、天下への野心をあらわにした徳川家康は、前田家に牙を剥いた。当主となった利長(利家とまつの長男)に謀叛の嫌疑をかけ、兵を差し向けようとしたのである。弁明につとめた利長へ提示された条件は、母・芳春院(まつ)を人質として差し出せば疑いを解くであろう、というものだった。まつは秀吉の正室・北政所ねねとも親しく、豊臣政権下の大名夫人としてはただ一人、醍醐の花見にも同行をゆるされている。その令名に人質としての価値があると判断されたのだろう。

まつがこの提案を了承し、江戸へ下ったため、前田家は徳川三百年を生きのびることができた。「桑華字苑」によると、利長へ「母のことを思って家をつぶしてはならない。万一の時は、遠慮なくわたしを捨てなさい」と言い残したという。

利家とまつは、40年以上を夫婦として生き、男女あわせて11人もの子にめぐまれた。ひとりの正室が生んだ子どもの数としては、比類ない多さである。この夫婦のむつまじさを知る、ひとつの手がかりではあるだろう。

夫の残した加賀百万石を守り抜いたまつは、晩年、江戸からの帰国をゆるされ、金沢で71歳の天寿をまっとうした。豊臣家滅亡の2年後、元和3(1617)年7月のことである。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. “戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史…
  2. 加賀百万石の祖・前田利家の知られざる3つの顔【にっぽん歴史夜話2…
  3. 坂本龍馬が命を落とした宿の名は?幕末動乱クイズ5問【挑戦!江戸ク…
  4. そして歴史が動いた!前田利家、賤ヶ岳撤退の謎【にっぽん歴史夜話1…
  5. 新選組が袖章などに記していた文字は?幕末動乱クイズ5問【挑戦!江…
PAGE TOP