新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)

加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その妻まつ(夫の没後、剃髪して芳春院〈ほうしゅんいん〉と称する)は、戦国の女性中でもよく知られた存在である。だが、世上流布しているイメージは、大半がドラマなどによるものといっていい。本稿では、あくまで史料にもとづき、まつの歴史的素顔をさぐってみたい。

尾山神社 (石川県金沢市)に残る、まつ(芳春院) の石碑

40歳近くまでの事績は、ほぼ不明

まつの伝記としてまとまったものには、大正時代に刊行された「芳春夫人小伝」(近藤磐雄・著)がある。没後300年に際し、前田侯爵家の依頼で書かれたものだ。一読しておどろくのは、生い立ちおよび利家との結婚が記されたあと、いきなり末森の戦い(1584年。後述)まで叙述がとんでいることである。このいくさの折、まつは38歳。その間の記録が残っていなかったのだろう。残念ではあるが、これは戦国女性として、けっして特別なことではない。

まつは天文16(1547)年、織田家の弓頭・篠原主計(かずえ)の娘として生まれた。父が早世したため、母はおなじ家中の高畠直吉に再嫁。この母が利家の生母と姉妹だったため、まつは4歳のとき前田家に引き取られ、12歳で利家と結婚する。ふたりはいとこ同士だったのである。ほぼ10歳ちがいの夫婦だった。

余談ながら、拙作『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社刊)にも登場する前田家の重臣・篠原出羽と高畠石見は、名字からわかるように、まつの縁につながる者である。作中でことさらその点を強調はしなかったが、利家がいかに妻を重んじていたかがわかる。

利家に金銀を突きつけた?

先述した「末森の戦い」は、前田家の戦史上、きわめて重要な合戦である。羽柴(豊臣)秀吉と徳川家康があらそった小牧・長久手の戦いに連動し、家康方の佐々成政が前田領の要衝・末森城を急襲したのだ。

最終的には利家が勝ちをおさめるが、兵力としては成政側が優勢だった。「川角太閤記」によると、この時まつは、蓄財に熱心だった夫に金銀の袋を突きつけたという。「日ごろ、財より兵を養いなさいと申し上げておりましたのに、このようなことになりました。いっそ金銀に槍でも持たせたらいかがですか」となじったのだ。

説話の域を出ないものではあるが、なかなかに面白い。ちなみに「芳春夫人小伝」では、このエピソードはカットされている。「明良洪範」を典拠に、将士を激励したという無難な記述が採られているのだ。良妻賢母的なイメージが崩れることをおそれたのだろう。

まつ、前田家を救う

秀吉と利家があいついで没した後、天下への野心をあらわにした徳川家康は、前田家に牙を剥いた。当主となった利長(利家とまつの長男)に謀叛の嫌疑をかけ、兵を差し向けようとしたのである。弁明につとめた利長へ提示された条件は、母・芳春院(まつ)を人質として差し出せば疑いを解くであろう、というものだった。まつは秀吉の正室・北政所ねねとも親しく、豊臣政権下の大名夫人としてはただ一人、醍醐の花見にも同行をゆるされている。その令名に人質としての価値があると判断されたのだろう。

まつがこの提案を了承し、江戸へ下ったため、前田家は徳川三百年を生きのびることができた。「桑華字苑」によると、利長へ「母のことを思って家をつぶしてはならない。万一の時は、遠慮なくわたしを捨てなさい」と言い残したという。

利家とまつは、40年以上を夫婦として生き、男女あわせて11人もの子にめぐまれた。ひとりの正室が生んだ子どもの数としては、比類ない多さである。この夫婦のむつまじさを知る、ひとつの手がかりではあるだろう。

夫の残した加賀百万石を守り抜いたまつは、晩年、江戸からの帰国をゆるされ、金沢で71歳の天寿をまっとうした。豊臣家滅亡の2年後、元和3(1617)年7月のことである。

文/砂原浩太朗(すなはら・こうたろう)
小説家。1969年生まれ、兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者に。2016年、「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞。著書に受賞作を第一章とする長編『いのちがけ 加賀百万石の礎』(講談社)がある。

『いのちがけ 加賀百万石の礎』(砂原浩太朗著、講談社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「龍馬のサブ」ではなかった中岡慎太郎【にっぽん歴史夜話 9】
  2. 牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっ…
  3. 豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】
  4. 戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜…
  5. キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【に…
PAGE TOP